Twitter
外部リンク
サイト管理者
印西市 浅沼美弥子
asanuma@inzai-komei.net

Archive for 2016年 1月

勘違いしてませんか?高齢者肺炎球菌ワクチン接種について

例えば、がん検診無料クーポン券は対象年齢期間内であれば5歳ごとに送付され利用できます。

しかし、高齢者肺炎球菌ワクチンは、一番初めに対象となった年(歳)に接種しないと5年後は対象とはなりません。

一度きりの対象年齢時(接種料3千円)に受けそびれると、接種は自費となり8千円から1万円と高額です。

今年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日)の対象者(以下1~8の該当者)には昨年3月末に予診票と案内文が送付されています。

  1.  65歳 昭和25年4月2日~昭和26年4月1日生まれ
  2.  70歳 昭和20年4月2日~昭和21年4月1日生まれ
  3.  75歳 昭和15年4月2日~昭和16年4月1日生まれ
  4.  80歳 昭和10年4月2日~昭和11年4月1日生まれ
  5.  85歳 昭和5年4月2日~昭和6年4月1日生まれ
  6.  90歳 大正14年4月2日~大正15年4月1日生まれ
  7.  95歳 大正9年4月2日~大正10年4月1日生まれ
  8. 100歳 大正4年4月2日~大正5年4月1日生まれ

※年齢は平成28年4月1日現在※上記のほか、60歳から64歳までの心臓・腎臓・呼吸器の機能障害により身体障害者手帳1級を有する人。

 

 

過去に接種されていない方が対象です。接種できる期限が迫ってきました。

期限は、今年の3月31日木曜日までです。※木曜日休診の医療機関も多いので注意が必要です。

高齢者肺炎球菌ワクチン接種対象となっている、まだ一度も高齢者肺炎球菌ワクチンを接種したことがない方で接種を希望する方は期限までにお忘れなく。

途中で転入されてきて予診票が届いてない方、予診票をなくした等ご相談は、中央保健センター 電話42-5595 まで問い合わせてください。

 さて、12月議会個人質問で取り上げた、この高齢者肺炎球菌ワクチンの「コール・リコール事業」が実施されることになりました。

  高齢者の肺炎による死亡をゼロにしたい、そのためにワクチン接種率を高めたいとの想いは市も同じ。その思いをカタチにしていただきました。健康福祉部健康増進課関係者の皆様に感謝申し上げます。

1月15日号の広報いんざいに肺炎球菌ワクチンの記事が掲載され対象者へ再度呼びかけを行いました。

今後1月末の時点での未接種者に対し2月中に個別通知を送付いたします。

申年にちなみ、軽快に伸び伸びと前進!

新年あけましておめでとうございます。

印西市にも新しい朝がやってまいりました。

自称、「印西市のあさちゃん」こと 浅沼美弥子です。

 

今年は申年です。申の語源は「伸びる」。

軽快に伸び伸びと動く「猿」を重ねたと言われています。

伸び伸びと安心して生きられる地域、社会の構築のために、お一人おひとりを大切にしながら、市民の健康・命を守る施策を発展させ、福祉向上に全力で取り組んでまいります。平成28年新春街頭演説

 

今日2日、木下駅南口商店街で毎月恒例の骨董市が行われたくさんの人でにぎわっておりました。

その骨董市の南側と北側の二カ所、大森ランドローム前、大塚ビックハウス前、千葉ニュータウン駅サンクタス前、小林マルエツ前以上6か所で新春街頭を行いました。

流山から骨董市にお越しいただいていた公明党支援者の壮年からのご声援、車からお手を振っての応援に感謝感激でした!

※車のバックミラーの上に小鳥が。街頭演説中も足元でちょろちょろしていました。

今年は猿のように軽快に伸び伸び走りまわります。本年も公明党への更なるご支援を心よりお願い申し上げます。

 

 

小鳥もちょろちょろ寄ってきて一生懸命応援してくれているようでした。

小鳥もちょろちょろ寄ってきて一生懸命応援してくれているようでした。