Twitter
外部リンク
サイト管理者
印西市 浅沼美弥子
asanuma@inzai-komei.net

Archive for 2015年 1月

滝野の歩道安全対策!!

滝野の住民の方から何点か要望を受けておりましたが全て改善できましたのでご報告いたします。

 

 

①滝野公園駐車場前の歩道に設置してあったポールの交換工事

DSC_0998

 

 

 

 

新しいポール設置    滝野

 

 

 

 

 

 

 

②児童・生徒のため歩道の安全対策

道路上注意喚起滝野

 

 

 

 

子ども飛び出し事故防止看板 滝野

 

 

 

 

 

 

 


③防犯灯の修繕

牧の原公園内や滝野小中学校前の道路などの防犯灯が数カ所

切れていたのを確認し修繕を市民安全課に依頼していたもの。

 

印西市 「プレミアム商品券」発行へ!

 1月19日、企画財政部長、財政課長と懇談しました。目的は、国の2014年度補正予算を活用し、プレミアム商品券の発行など、印西市の活性化と市民が喜ぶ施策を実施するよう要望するためです。その時の反応はあまり積極的ではないとの印象でした。1月22日に県の説明会があるとのことでしたので本日、説明会の様子とその後の進捗を市に聞きました。

 

 その結果、市では現在、経済政策課を中心に、印西市プレミアム商品券(例えば1万2千円分の商品券を1万円で購入できる)を発行できるよう、準備を始めたことがわかりました。3月議会に補正予算案提出できるよう進めています。

 

 さて、国の14年度補正予算の狙いは、景気回復の実感を家計や中小企業、地方へ届けることです。そのために、公明党が主張した項目が数多く盛り込まれました。その一つが今回のプレミアム商品券などの発行です。地方自治体が実情に応じて柔軟に使い道を決められる総額4200億円の交付金のうち「地域消費喚起・生活支援型」として2500億円があてられています。

 この補正予算(全体で3.5兆円)の財源は、企業業績の改善に伴う14年度税収の上振れ分1兆7250億円の他、13年度一般会計余剰金1兆622億円などを計上。財源として新たな国債発行(借金)は行いません

 

 これまで、議会において何度かプレミアム商品券の発行について発言したことがありました。しかし実現しませんでした。今回、国との連携で実現することはネットワーク政党公明党の真骨頂、大変うれしく思います。

 ただ、19日に懇談の折、低所得者対策としての施策も具体的に提案しました。プレミアム商品券を購入しずらい方々もいらっしゃるのではないか、そのことが気になるからです。地域消費喚起と共に、生活支援型の一面も抜け落ちないよう、もう一度市当局をプッシュしてみたいと思います。

 

市内5箇所で新年の街頭演説

イオン東側

イオン東側

千葉ニュータウン中央駅 新年の街頭演説

千葉ニュータウン中央駅 新年の街頭演説

明けましておめでとうございます。皆様にとりまして幸多き一年となりますようお祈り申し上げます。

私も決戦の年を心新たに出発致しました。

1月3日には、 新年の街頭演説を市内5カ所で実施しました。

 

木下駅南口商店街で行われていた骨董市に合わせて実施予定でしたが、箱根駅伝の観戦に夢中になってしまい、駆けつけた時には骨董市は終了しておりました。

そこで、木下駅南口ロータリーで1回目の街頭を行った後は、千葉ニュータウン方面に向かい、千葉ニュータウン中央駅やイオン付近で街頭演説を行いました。