menu
バックナンバー 2014年 6月

今日は、父の日ですね。

母の日と比べると世間が少し静かなような気がしますが・・・。

 

私の父は、4年前に肺ガンで亡くなりました。

子煩悩で、私が生まれる前に新しい家を建てるんだと言い出して、いくつもの仕事を掛け持ちし家を建てたそうです。

残念ながら、その翌年には伊勢湾台風で(その当時は、三重県に住んでいたので)流されてしまいました。

私の記憶にあるのは、町が建てかえてくれた小さな平屋の家です。

 

昔は高級だったバナナが食べたいと言うと、一房ドッサリと買って帰り、母ともめたそうです。

何でも言うことを聞いてくれて、一度も怒られた記憶がなく、本当に優しい父でした。

私が教員になった時は、とても喜んでくれ、私が議員になった時は、とても心配してくれました。

 

その優しさは、孫に対しても一緒で、甘い甘いじいちゃんでした。

今、娘に子どもが生まれて、じいちゃんにひ孫を抱かせてあげたかったな~とよく思います。

 

父の肺ガンは、見つかった時にはすでに末期で、診察してもらった病院ですぐに余命を告げられました。

本当に亡くなるまでに半年もなく、最後に入院したときに「家に帰りたい」と言って寝ないので、何度も看護士さんから

呼び出され、説得に行きました。今となっては、あのときに帰してあげれば良かったと、4年経った今でも後悔しています。

 

ささやかな救いは、残された母がとても元気なこと。

昨年、喜寿を迎えましたが、作る料理もおいしく、わが家の庭の草むしりも来てくれるほどです。

ひ孫の瑠奈ちゃんのために編み物もしてくれます。

 

これからも、母を大切にし長生きしてもらって、家族で元気に頑張ろうと思います。

 

 

 

Twitter
外部リンク
>
サイト管理者
犬山市 三浦知里