menu
バックナンバー 2014年 2月

いよいよ3月議会が始まります。
明日は、市長の施政方針演説もあり、しっかりと市の方向性について聞きたいと思います。 

通告も終わり、ヒアリングも終わって、いよいよ原稿作成ですが、最近は高齢者の相談が多く、何とかしなければと思う事案が連日のように起きています。

認知症による徘徊、高齢者をねらった詐欺、ひとり暮らしの方の後見問題。
これからもっともっと増えていく課題です。

身内が面倒をみることができなければ地域でみていくしかないのか?との心配を声にする人もいます。実際、施設に入れない方が、地域の方を頼って面倒をみていただいている例もありますが、これでいいのでしょうか。

老いは、誰もが通る道。自分の老後をしっかりと見据えた行動が必要になってきています。

・・・と、いろいろ悩んでいたら疲れてしまい、今日は、ビタミン注射(ニンニク注射)をはじめてうちました。

看護士さんいわく、「この注射の効き目は、1日か2日ですからね」

何とか週末まで持てばいいかと思いながら、栄養補給してきました。

 

でも嬉しいことも。もうすぐ6ヶ月になる孫の瑠奈さんが、ハイハイをはじめた!と娘からメールが届きました。

日に日に成長する孫を横目に、日に日に衰えていく私。気持ちだけは、成長したいと思います!!

小保方晴子さんの明るい話題が、大きく取り上げられました。

文武両道ですごい研究をしているのに美しく可愛い外見と、割烹着を着て研究をする、新しい日本と古い日本の両方を備える女性だと思いました。

女性研究者というと、黒縁めがねをかけて髪をふり乱している(実際には、いないと思いますが・・)そんな、イメージを抱いてしまいます。

30才という若さで、ノーベル賞に匹敵する研究成果を生み出す、その課程は、困難を極めたようですが、あきらめないことがすごいですね。

マスコミは、もう少し、穏やかに取材し、あたたかく見守ってほしいです。

 

もう一人、先週の国会中継の委員会質疑で、久しぶりに野田聖子さんの質問を聞きました。

安部総理が打ち出した女性施策、産休の問題や男女共同参画の問題、目標とする数値目標など、女性の視点で質疑され、なるほどと思う事がたくさんありました。

実際に子育てし、実際に男社会で働き、実際に悩んでいる、そんな人にしかわからない問題です。

 

最後まで、野田さんの質疑を聞くことは出来ませんでしたが、女性議員として彼女の発信にも関心をもちたいと思います。

今日は、朝から支持者の方の家を訪問。久しぶりの方もいらっしゃったので、なかなか本音を聞かせていただくことは出来ませんでしたが、ねばり強く対話を続けていきたいと思います。

 

あっというまに、2月になってしまいました(そんな気がします)

今年は、不思議と心が焦ります。まだ、2月なのに・・・。

なぜでしょう?

 

無性に、勉強したいという気持ちと日常に追われる現実と・・・。

気温が安定しないのと同じように気持ちも乱高下(?)しています。

 

少し、落ち着いて、足下から確実に進めたいと思います。

年度替わりまでにやらなければならないことも山積しています。

とりあえずは、片づけられる問題から進めたいと思います。

今日のブログは、大変抽象的ですが、今の私の心境ですね。

 

 

Twitter
外部リンク
>
サイト管理者
犬山市 三浦知里