menu
バックナンバー 2013年 12月

早いもので、今年もあと5日となりました。

12月議会が、終わってまだ1週間ですが、この1週間は、本当に忙しくてバタバタしてました。

今夜は、夫と年賀状作り。

デザインは、夫に任せましたが、メインは孫の瑠奈ちゃん。

こんなに写真を入れるの?と思うほど、瑠奈ちゃんだらけの年賀状となりました。

8月に孫が生まれてから、全ての生活が孫中心で進んだような気がします。

来年からは、少し冷静に(?)孫の面倒をみたいと思います。

 

今日のお昼は、近所のお友達4人とランチをしまた。構成は、70代の友達が3人、60代が1人、50代が私というベテラン主婦の集まりです。70代の方々からは、「今年も元気で過ごせて幸せだった」との声が。本当にそうですよね~。

元気で長生きが、一番です!

 

報告が遅れましたが、12月14日に母の喜寿の祝いをしました。

集まったのは、4人の子供と孫が5人、ひ孫が1人です。

よく働き、料理が上手で、元気に過ごしている母には、もっともっと長生きしてほしいです。

 

よし!来年も頑張ろう!!!

 

 

私の一般質問が、終わりました。

今回は、マイナンバーと産後ケアセンターの必要性について質問しました。

マイナンバーは、所得や納税実績、社会保障に関する情報を一つの番号で管理する制度です。

公平公正な社会を実現するための社会基盤(インフラ)だと言われています。

平成27年秋には、各個人に番号の通知が届き、翌年1月には、希望者にカードの交付が行われます。

それまでに、カードを持ったほうが便利だということを市民の皆さんに理解していただく必要があります。

どのように広報し、多くの方に理解していただくか、行政の努力に期待するとともに、私も機会を捉えてみなさんに宣伝したいと思います。

 

2点目の産後ケアセンターは、産院から退院したあとでも、不安になった時や悩んだ時に気軽に相談に行くことができ、また場合によっては宿泊ができる施設です。

まだ全国に数箇所しかありません。

生後4ヶ月ぐらいまで、お母さん達の悩みは尽きません。もちろん、その後も心配事は続くのですが、お母さんたちに少しずつ余裕ができてくるので、なんとか4ヶ月くらいまで支援ができないかということを、わが家の体験も織り交ぜて質問をしました。

出産は、女性にとって命をかけた大仕事です。

産後は、精神的にも体力的にも大きく落ち込み、不安でいっぱいになります。

ほんの少しの支援が欲しいです。

継続して質問していきたいと思います。

Twitter
外部リンク
>
サイト管理者
犬山市 三浦知里