menu
バックナンバー 2013年 10月

今朝は、母が京都への日帰り旅行に出かけるので、犬山駅まで送ることになっていました。いつもより早く起きて洗濯をしようと2階から階段をトントントンと・・軽やかに降りたつもりが、まだ階段が残ってました!

足をすべらせて、お尻からズドン。左足が、くにゃっとなりました。

でも、しばらくして立ち上がってもそれほど痛くない。良かった~と思いながら、洗濯をし、母を送って普通に過ごしたのですが・・・。

昼頃から痛いし、腫れてきて・・結局、夕方、病院に行ってレントゲンを撮ってもらいました。

 

幸い、骨折はしていませんでしたが、ひどい捻挫で湿布薬をもらいました。

お医者さんいわく「早く治したかったら、包帯でしっかり止めたほうがいいよ」と。

でも、大げさにしたくないので今は、この状態です。

太くて見苦しい写真でごめんなさい・・・。

みなさん、階段の上り下りには十分、注意しましょう。

 

今朝は、コミュニティバスの新型車両お披露目のセレモニーからスタート。

ピンクのとても目立つ車両です。

現在、2台の車両で市内を走っていますが、11月から新型車両3台を増車して5台で巡回します。

大勢の方々が、この日を待ち望んでくださっています。

 

上木こども未来園の年長さんが踊りを踊って盛り上げてくれました。

その後、試乗させていただきましたが、車内には園児が描いた新型バスの絵が飾ってありました。

低床で、とても乗りやすく安定していました。

移動の手段をバスに頼るしかない方々が、私の周りにもたくさんみえます。

議員になって、初めての議会でコミュニティバスについて質問しました。

市民の方々の声を代弁するんだと意気込んで通告したものの先輩議員も同じ項目で質問を予定されていて、どうしようかと思い悩んだことを思い出しました。

取りやめようかとも思いましたが、みなさんの声を届けるんだという思いが強く、初めて登壇して質問しました。

私の議員としての原点です。

 

5台に増えたことは喜ばしいことですが、これで終わりではありません。

かと言って、これ以上、バスを増やせばいいというわけでもありません。

高齢者が自宅に引きこもることなく、元気に生活できるように、これからも、いろいろなご意見を聞いていきたいと思いました。

めちゃくちゃ久しぶりのブログです。

出産で里帰りしていた娘が、自分の家に帰り、私も本来の生活に戻りつつあります。

夫と2人、時には喧嘩しながら(私が一方的に怒ってますが・・)時間が過ぎていきます。

 

今日は、各務原の伊木山ガーデンで行われたフラダンスとスイーツのイベントに誘われ、出かけました。

屋外だったので風が冷たかったのですが、非日常的なイベントで楽しかったです。

 

そして、今日の公明新聞に犬山市の記事を載せてもらいました。

昔の公園は、子供たちが遊び、親たちのコミュニケーションの場所となっていましたが、今は外で遊ぶことが減ってきました。

特に最近の夏の暑さを考えると1年の中で、どれだけの期間、公園に出かけることができるのか・・・。

 

市の決算状況を見ると、公園の遊具等を点検したり、修繕したり、撤去する費用が結構かかっています。

もちろん、事故があってはいけませんが、少子化が叫ばれる中で、公園の機能も見直しが必要なのではないでしょうか。

 

高齢者が増えていく中で、高齢者も使える、親子連れも使える、そんな公園遊具がこれから必要になってくると思います。

 

Twitter
外部リンク
>
サイト管理者
犬山市 三浦知里