menu
バックナンバー 2012年 5月

6月議会の質問項目を出しました。

昨夜、ブログを書き終えてから通告内容をまとめました。

明日、ヒアリングを行うので今夜は、もう一踏ん張りです。

 

今日は、午後から2回目となる茶道勉強会がありました。

前回は、立礼というお茶のいただき方を学び今日は、イス・テーブルでお茶をいただく作法を勉強しました。

今回と前回の違いは、テーブルがあるかどうか。

それだけでも、ずいぶん違ってきます。

本当に勉強になりました。

そして、この勉強会の楽しみは・・・お菓子。

今日のお菓子、わかりますか?

中で、蛍が光っています。

季節を感じられる楽しいお菓子です。

 

さて、今から明日のヒアリングに向けて勉強します!

 

 

来週の月曜日から6月議会が、始まります。

今は、通告を受け付ける期間で金曜日が締め切りです。

 

議員になった頃は、通告受付の初日に出していましたが、最近では締め切りぎりぎりになることが多いです。

「慣れたのか?」と、聞かれるとそうではなく、前よりも悩むようになったのです。

質問したいことが無いわけではなく、あれもこれもと考え、質問の組み立てを考えているとぎりぎりになってしまうのです。

でも、最終日に出すのではなく明日の木曜日には出したいと思っています。

 

今回も防災について質問します(本当は、まだ まとまっていませんが・・・)

昨年の3.11以降、ずっと防災の質問をしています。

当局に嫌われてしまうかもしれませんが、防災の問題はエンドレスです。

 

いま、日本で一番、地震の起きる可能性があるこの地域です。

しっかりとした対策をぎりぎりまで提案したいと思います。

 

さて、もう少し悩みます。

 

 

 

芸能人の関係者が、生活保護を受給していたことでマスコミが騒いでいます。

 

仕事柄、生活保護のご相談を受けることがありますが、本当に困ってどうしようもなくなっての相談だと思っています。

その方の親族にお金持ちがいるのかどうか、わかりません。

福祉担当も関係者に扶養の意向を確認する文書を出しますが、相手方の状況をどれほど把握できるのでしょうか?

芸能人や有名人など目に見えて活動する方々のことはわかると思うのですが・・・

 

 

国会では、この問題を受けて担当大臣が「支給額の引き下げ」や「扶養の調査についての強化」を答弁されています。

最後のセーフティネットである生活保護がどのような流れになっていくのか、心配な所でもあります。

 

この制度の趣旨は、生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としています。

 

今後、本当にこの制度が必要な人に適用されていくのか、しっかり見ていかなければなりません。

 

 

今日は、会議が続きました。

9時半からは、議会運営委員会。

 

10時からは、全員協議会。今日も盛りだくさんで終わったのが12時を過ぎました。

内容は、6月定例会の提出議案についての説明と行政からの諸報告と議員間の検討課題についてです。

一つだけ、紹介すると市内にある法務局の跡地について様々、検討をしてきたけれど「購入しない」という結果になったとの報告がありました。

近くに点在する公共施設の統合を含め検討を重ねたけれども、面積的にも難しいとの結論のようです。

時代が少し違えば、結果は違っていたかもしれません。

 

午後1時からは、議会報編集委員会。

よりよい議会報にするために、どれだけ読んでいただいているか(閲覧率)を調査しようということになりました。

まずは、各種団体に声をかけご意見をいただくようにします。

その後、アンケートなどを検討しようということになりました。

犬山市議会では、6月もケーブルテレビによる中継をしていただきます。

少しでも、議会を身近に感じていただけるように努力したいと思います。

 

そして、2時から農業委員会。

農業委員も1年経ちました。

 

全く話は変わりますが、5月19日にブログにアップしたポスト宗春。

聞いた情報で、上の角は、天守閣を表していると書きましたが、今日メールをいただき、正しくは宗春公が乗っていた「白い牛の角」を模しているそうです。間違ったことを書いてすみませんでした。

いたずらにより、宗春公も取り外され、牛の耳もなくなったとか・・・ひどいことをする人がいるものですね~。

メールで教えてくださったMIYAKOさん、ありがとうございました。

 

さて、明日は朝から学校に出向いて通学路の状況をお聞きしてきます。

今日は、総務委員会の管内視察でした。

初めに、名古屋経済大学へ。

地域と密着する大学を目指す、名古屋経済大学。

市民にも開放している図書館や付属幼稚園を視察しました。

学長や副学長が今年、来られたばかりと言うことで、「この学校を変えたい!」という熱い思いが伝わってきました。

官学連携の上でも大切な大学です。

 

次に、消防署へ。

3階で、救急の要請から実際どのように救命措置を行うのかを見せていただきました。

人形が相手だとわかっていても緊迫したやりとりに息をのみました。

その後、外に出て梯子車体験。

隊員と共に議員が一人乗って、高く上がっていきました。

最大40メートルの高さになるそうです。

 

最後に、京都大学霊長類研究所のRRS(リサーチリソースステーション)へ。

この施設の目的は、野生に近い環境条件で群れで飼育をし、生まれる子ザルを全国の研究機関に供給するナショナルバイオリソースに貢献すること。

放飼場(コロニー)や育成舎で暮らす猿たちは、現在273頭、すべて日本ザルです。

生まれたばかりの子ザルを抱えている母ザルもたくさんいました。

全国の研究施設に行くまでここで育てられます。

大変、貴重な施設です。

 

犬山は、いい所だと改めて思いました。

明日は、石川県に行ってきます。

 

 

 

 

朝の街頭活動からスタートしました。

今朝は、生活保護の話をしました。

厚生労働省によると、全国で生活保護を受けている人は、今年の2月時点で209万7401人。昨年7月から8ヶ月連続で最多を更新しています。

生活保護費は、今年度の3兆7000億円から、2025年度には40%増の5兆2000億円へと増大するとみられています。

 

生活保護に歯止めがかからない最大の要因は、生活保護費の約半分を占める「医療扶助」の急増です。

過剰診療や診療報酬をかせぐ悪質な医療機関があることも。そういった対策も厚生労働省では、検討中です。

 

また、北海道釧路市では、ボランティア参加などを通して就労意欲を養う仕組みを「釧路方式」として導入し、効果を挙げていることなどを紹介しました。

多角的な自立支援の実施が急務です。

 

さて、夕方からは消防署に出かけました。

消防バイクの視察に来られた一宮市の議員さんを案内するためです。

 

公明党の竹谷とし子参議院議員が、4月2日の参議院予算委員会の質疑で、木密地域の防火対策として消防バイクを提案しました。
消防庁長官から、「御指摘のように、木密地域での火災あるいは地震が起きたときの救急救助といった観点から見ますと、消防活動用のバイク、これは有効ではないかと考えておりますので、各消防本部に対しまして、その有効性等につきまして適切な助言をしてまいりたいと考えております。」との答弁がありました。

犬山市では、いち早くその消防バイクを購入し、実際に林野火災ではその機能を果たしました。

東海、東南海地震が心配される今こそ、機動性の優れたバイクでの消防活動は、より効果が得られると思います。

 

竹谷議員の質問も一人の女性からの声で質問に至ったと伺いました。

自分の町を守りたい、そんな思いからの発想ではないでしょうか。

 

 
 

 

昨日の金環日食に続き、今日は東京スカイツリーのグランドオープンです。

高い所はあまり好きではないので、展望デッキや展望回廊は興味がありませんが、その周辺も充実しているようで、いつか行ってみたいと思います。

 

今日、3時から市役所で「犬山市身体障害者福祉協会」の方々との懇談会がありました。

会長さんからお声がかかり、たくさんの議員に声を届けたいということで、今日を迎えました。

所管の民生文教委員会が中心となりましたが、ほとんどの議員が参加しました。

 

参加された方々の障害は、上肢、下肢、聴覚、視覚、内部と様々で現状報告や要望もいろいろでした。

会長さんが、「障害と言っても様々で、障害者だから他の障害者の事が理解できるか?と言えば、そんな事はなく、障害の違いで問題も大きく違う」と、言われました。

 

お話を聞いて、本当にその通りだと思いました。

まず、聴覚障害の方からは、市長等が挨拶してくれる時、せめて名前くらいは手話でやって欲しい。また、役所に来る時、手話通訳がいるのは、月水金だけ。毎日でも配置して欲しい。

視覚障害の方からは、外出する時に使うサービスが移動支援から同行援護に変わった。その中で、介護有りと介護なしに分けられる。利用者の立場からは、受けるサービスが変わらないが、派遣する会社の報酬が変わるようだ。介護有り、なしに分ける必要があるのか?

また、選挙の投票で点字投票があるが、係りの人が不慣れで時間がかかる。しっかりとした体制がとれないか?同時に、選挙公報も点字にするか音声にするかできないか?

その他にも、オストメイトトイレの問題、災害時の情報の受け方、避難所の問題等々、たくさんの提案をいただきました。

 

すぐに取りかかれること、時間を要することに分けながら、民生文教委員会を中心に検討することで終わりましたが、みなさんの熱い思いが伝わってくる懇談会となりました。

議会改革の中で、各種団体との懇談会も積極的に行っていくことにしています。

 

話は、変わりますが6月議会が近づいています。

そろそろ、内容を絞らないといけませんね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金環日食の朝。

テレビがずうっと、中継をしていました。

私は、専用メガネを用意していなかったので、木漏れ日を観察。

不思議な形になっていました。

幸せな気分になりました。

 

それにしても、たくさんの方がフェイスブックに金環日食の写真をアップしています。

どうやって、撮影されたのか不思議なくらい綺麗でした。

次にこの地方で見られるのは、29年後だとか。

私は、80代。今度は、専用メガネを用意して待ちます!(笑)

 

そして、やっとやっと私の元に防災士の合格通知が届きました。

一緒に受けたみなさんの所には、土曜日に届いていたので心配しましたが、ホッとしました。

郵便屋さん、ありがとうございました。

あとは、認定証が届くのを待つのみです。

 

明日からまた、頑張ります!!!

 

 

 

午後から時間があいたので、夫と共にホームセンターに出かけました。

目的は、耐震対策グッズを買うためです。

私がうるさく言うので、夫もやっと重い腰を上げてくれました。

 

転倒防止器具は、以前買って取り付けたのですが、まだ足らない所があり買い足しました。

これらの器具が結構高くて、以前から「転倒防止器具を付けて下さい」とみなさんに訴えながら、お金がかかるな~と思っていました。

少しずつ、用意するのも仕方がないですね。(でも、早めに)

 

その他に水のタンクも買いました。

わが家は、宅配の水を買っているので大丈夫・・・と思いながら、給水車が来た時のために買いました。

先日、防災士の勉強をしたときに、給水車に並ぶ人たちのほとんどがペットボトルを持ってきていて、うまく水が入れられなくて時間がかかり行列になったと、聞きました。

そして、あまり大きなポリタンクも水を入れたら運べないと言われました。

家族にあった大きさ、形態を考えないといけませんね。

 

そして、簡易トイレも買い足しました。

これは、いくつあってもいいかもしれません。

 

わが家の耐震対策は、まだまだ続きます。

 しっかりと行いたいと思います。

 

今日は、公明党愛知県本部の議員総会で名古屋に出かけました。

先週、防災士の勉強をした場所だったので少し悪夢(?)がよみがえってきました。

防災士と言えば、今日ほとんどの人に合格通知が届いたようで、フェイスブックやブログでみなさん報告されてました。

私はと言うと、まだ郵便物が届きません。

不合格でも届くはずなので、犬山の郵便屋さんどうしたの?違うところに配達した?(失礼しました)

月曜日まで、ドキドキで待つことにします。

 

その近くでこんなおもしろいポストを発見しました。

開運「ポスト宗春」というのだそうです。

角のような物は、天守閣を表しているとか・・・

 

 

ポストの上には、「徳川宗春公は、鷹狩りに出かけておられます」と書かれてありました。

本当ならば、ここに宗春公が座っておられるようです。

今度は、是非その姿を見たい物です。

 

話を戻しますが、今日の議員総会に衆議院東海ブロック比例候補の伊藤わたるさんと来年の参議院愛知選挙区候補の新妻ひできさんが参加されていて、総支部の女性議員と共に写真を撮ってもらいました。

新妻さん41歳、伊藤さん42歳、未来を託すにふさわしい力ある素敵な青年です。

私たち議員が頑張って、国政に送り出さなければ・・・と決意を新たにしました。

 

 

 

Twitter
外部リンク
>
サイト管理者
犬山市 三浦知里