menu

今日、午後8時45分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、同県川内村で震度5弱の揺れを観測しました。

年があけても地震は続いていましたが、5弱は大きいです。これも、3.11の余震なのでしょうか。

東海地震も心配されています。再度、出来る準備を心がけたいと思います。

 

話は変わりますが、ツイッターで冬柴幹事長のお別れの会が行われたことを知り、産経ニュースで確認しました(以下、産経ニュースから)

 昨年12月5日に75歳で死去した公明党の冬柴鉄三元幹事長の「お別れの会」が23日、選挙区だった兵庫県尼崎市の市総合文化センターで営まれた。森喜朗、小泉純一郎の両元首相や横路孝弘衆院議長、自民党の谷垣禎一総裁、平成21年の衆院選で兵庫8区から出馬し冬柴氏を破った新党日本の田中康夫代表ら約2千人が最後の別れを告げた。

 公明党の山口那津男代表は「冬柴さんは国会で憲法20条の信教の自由と政教分離原則について内閣法制局長官への質疑で政府の憲法解釈を確立させ、議論の混乱に終止符を打った。最後の最後まで第一線で闘う政治家だった」などと功績をたたえた。

 谷垣氏は「民主党政権によってどれだけ国益が損なわれ、国民の不安、不満が増大したことか」と民主党批判を展開、「今こそ自公両党が互いに手を携え、政権奪還に向けて立ち上がらねばならない」と訴えた。

 

冬柴幹事長とは、名古屋で行われた賀詞交換会でお会いし、一緒に写真を撮っていただいたことがあります。

満面の笑みで、お客様を迎えていた姿が印象に残っています。

3.11以降、現地に入って法律相談をされていたとか・・・山口代表の言われる通り、最後まで闘う政治家だったと思います。

「冬柴氏の遺志を継いで党の躍進のため全力を挙げる」山口代表のこの言葉は、胸に響きました。

 

今日は、いつものごとく会議がたくさんありました。

9時から、政務調査費の検討会、10時から全員協議会、1時20分から民生文教委員会。

 

スマイルレターを作ったのになかなか配ることができないので、明日からまた頑張りたいと思います。

風邪をひいている人が多いようです。みなさん、気をつけてくださいね。

 

 

コメント投稿

Twitter
外部リンク
>
サイト管理者
犬山市 三浦知里