menu
バックナンバー 2011年 10月

10月最後の日です。

母の家の朝顔が、おもしろい事になっていました。

以前、ブログでもアップした時は、青と赤紫の朝顔だったのですが、今日見たら真っ白い朝顔になっていました。

どこかで脱色されてしまったのでしょうか・・・。

驚きです。色もさることながら、こんな時期まで咲いていることにも驚きです。

今週も夏日になる日があるとか・・・体調管理に気をつけないと。

 

今日は、午後2時から民生文教委員会を行いました。

先日の市民との意見交換会を経て、新体育館の意義と犬山でスポーツをしている人はどれだけいるのか、どこでスポーツが出来るのかという確認を担当課とともに確認をしました。

今の体育館の稼働率という話も出ましたが、なかなか数字に表しにくいものです。

他市から来てくださる方もいれば、犬山市民が他市の施設でスポーツすることもあり、はっきりした数字はつかみにくいですね。

新体育館が一人でも多くの市民に喜んでいただければいいのですが・・・

 

2011年10月31日は、世界の人口が70億になった日になったそうです。

今日、生まれた赤ちゃんはみんな、70億人目だそうです。

今世紀中には、100億になるとか・・・すごいです!

 

 

朝8時に今年の新米を買いに出かけました。

ここ何年か、同じ所からお米を買っています。

あさってくらいに新米にチェンジできそうです。

食欲の秋・・・楽しみです。

 

その後、さらさくら(市民健康館)で行われた「こすもすまつり」に出かけました。

毎年、行われるイベントですが、今日は雨がぱらつき大変な中を福祉関係の方やボランティアの方々が出店して、たくさんの人でにぎわっていました。

屋外で野菜、みたらし、焼きそば、鮎ご飯、パンなどを買い求めました。顔なじみが多いのでどうしてもたくさん買ってしまいます。中では手話体験、車イス体験、パッチテストなどが行われていました。

このイベントを楽しみにされている方も多く、歩いて会場まで来る方もみえます。

私も少し、運動をしないと・・・と思った一日でした。

今日も9時から、学校行事。

犬山市立犬山西小学校の創立30周年記念行事に参加しました。

 

校長あいさつ、市長、教育長の祝辞に続いて「BIRTH」と「あゆみ」いうグループの記念演奏がありました。

エネルギッシュな演奏に、子ども達は大喜びです。

子ども達は、正直です。

自分たちのわかる曲は、ノリノリで知らない歌には冷ややかでした(笑)

それでも最後には、校歌を元気いっぱい歌ってくれました。

その後、初代校長から開校当時のお話を聞きました。

校歌や校章を作る経緯など開校当時の先生にしかわかりません。

貴重なお話を伺うことができました。

子ども達も真剣に聞いていました。

 

夜は、議会報告会でした。

フロイデで、140人の方々に集まっていただき、市政報告、議会報告をさせていただきました。

参加者のアンケートには、議員の生の声を聞けてよかった、また参加したいとの声が多くありました。感謝です。

最後に、支部顧問が話をしてくれました。

次回につなげたいです。

参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

 

 

 

今日、視察で犬山に来られたのは、新潟県妙高市議会。

「学びの学校づくり」について、いろいろ質問をいただきました。

 

妙高市は、平成17年4月1日、旧新井市・旧妙高高原町・旧妙高村が合併し、新生「妙高市」が誕生。

面積445.52平方キロメートル、人口、35、992人。
2003年に、生命地域宣言を行っています。

犬山市には、小規模校が3校あるのですが、その学校・保護者から統廃合の希望が出ていないのか?という質問がありました。妙高市では、雪の問題や児童生徒の安全の観点から統廃合をした学校があるそうです。

犬山では、そういった話は出ていませんが、実際に児童が減って複式学級で授業をしている学校もあり、犬山としても今後のシュミレーションを含めて考えなければいけないかもしれません。

 

視察に来ていただくと、本市の課題が見えてくることがあります。

また、日本全国区から来ていただけるので、「行ってみたいな~」と思う地域がたくさんあります。

 

11月も視察が続きますが、おもてなしの心でお迎えしたいと思います。

明日は、犬山市立犬山西小学校の創立30周年記念式典です。

 

 

   

今日も朝から寒かったです。

笑われるかもしれませんが、こたつを出しました。

 

今日は、9時半から農業委員会でした。

議事の審議の後、「TPP交渉への参加反対を求める緊急要請活動について」と題して、県の農業会議からTPP反対へのアピールの要請がありました。

その理由として、

1、情報開示と国民的議論がなされていないこと

2、東日本大震災の復旧・復興に逆行するものであること

3、日本農業再生と両立しないこと

とありました。

その中で、2点目の東日本大震災との復旧・復興とTPPがどのように関係があるのか、はっきりわかりませんでしたが、今夜、京都大学の中野剛志準教授の記事を読み、少し納得が出来ました。(以下、その記事です)

 第一に、TPPへの参加は、東日本大震災からの復興の妨げになります。東北の被災地は農業が盛んな地域です。農家の方々はこれから多額の費用をかけて農地を復興していかなければなりません。しかし、もし将来、TPPに参加して農業経営が厳しくなるかもしれないと思ったら、被災した農家の方々は復興に向けての気力を失うでしょう。
現に、宮崎県の畜産農家の中には、口蹄疫の被害の後、畜産を再開しようとしたけれど、TPPの問題が持ち上がったのでやめてしまったところがあるそうです。
TPPへの参加のみならず、TPP交渉への参加を検討していることだけでも、被災した農家に不安を与え、復興の妨げになっています。野田内閣は復興を最優先課題としていましたが、そうであるなら、TPP交渉参加の検討も中止すべきではないでしょうか。

中野先生は、TPPに反対の立場から話をされていますが、当然、賛成の議論もあります。

公明党の中でも、はっきり反対だと言われる方もみえます。

卑怯かもしれませんが、私は、まだイエスともノーとも言えないと、委員会の場では発言しました。

同じ思いの方もみえましたが、農業委員会では「TPP交渉への参加反対を求める緊急アピール」として提出することになりました。

 

まだまだ、農業について勉強しなければいけません・・・。

 

今朝は、冷えました。

いよいよ寒くなるのでしょうか。

暑さに体が慣れて、寒さに対応するのに時間がかかりそうです。

 

今日は、午後から犬山北小学校の研究発表会に出かけました。

この研究は、丹陽地方教育事務協議会と犬山市教育委員会の委嘱により、22年、23年と研究してきたものです。

研究主題は、「学び合い育ち合う子どもの育成」です。

 

午後1時からは、各教室での公開授業です。

1年生から、6年生まで19教室で授業が行われました。

この学校は、保護者や地域の方にいつでも授業や行事を公開しているので、子ども達にはいつも通りの授業です。

元気な子ども達の表情が印象的でした。

 

2時からは、体育館で研究発表。

冒頭、奥村教育長から「研究に終着点はない」との言葉がありました。

3時からは、中京大学・杉江教授の高評と講演でした。

 

今日の研究発表は、近隣市町(岩倉市・江南市・扶桑町・大口町)の先生や関係者が集い、熱心に勉強されていました。

新任の先生方の研修の場ともなっていました。

 

久しぶりに学校現場を参観して、やっぱり教育はいいな~と思いました。

生まれ変わったら(?)また、教員になりたいです。

 

 

今日は、朝から動物病院へ。

愛犬が病気になったわけではなく、ワクチン接種に行ったのですが、ワクチンの中身については、よくわかっていません。

接種証明書に、種類が書いてあって・・・納得です。

今日のワクチンは、ジステンバー、肝炎、気管支炎、インブルエンザ・・・など9種のワクチンでした。

接種後は、人間同様にアレルギー症状などが出ることもあるようです。

 

動物病院に行くと、本当にいろいろな種類の犬に出会います。

あきらかに目が白くなっている犬もいます。

年をとった犬を連れた老夫婦もいます。

自分たちが元気だからこそ、ペットが飼えると言ってみえました。

動物に癒され、心穏やかに暮らしている方も多いのではないでしょうか・・・。

 

今日のテレビニュースで、昨日ブログに書いた名東区の虐待事件について、児童相談所のあり方、警察の対応などを取り上げていました。

河村名古屋市長も児相とヒアリングをすると会見で言っていました。

私も仕事柄、児童相談所の方々とお話しすることがあります。

対応についても、納得がいかないことがありました。

でも、児童相談所の抱える案件があまりにも多すぎるのではないでしょうか。

人的配置も不足しているように感じました。

 

児童相談所を非難する前に、もっとやらなければいけないことがあるような気がしました。

何人の職員で、どれだけの件数を担当しているのか、河村市長にはぜひ、中身のあるヒアリングをしてほしいと思います。

 

 

午前7時から犬山駅で街頭活動。

10月もあと1週間というのに、照りつける日差しが痛いくらいでした。

いつもの通り、語りかけてくる常連のお二人は、今日も元気で一通りお話をされて帰って行かれました。

 

その後、10時からは民生文教委員会。

11月に予定されている視察の事前勉強会と先日行われた「市民との意見交換会」の反省をしました。

 

 

11月は、関東方面に出かけ、外国人のための医療通訳、杉並区エコスクール、女子美大のヒーリングアート、所沢の見守りネットワークを勉強してきます。

外国人のための医療通訳については、来年度から愛知県でも始めるそうで研修に参加してきた課長から愛知県の状況について説明を聞きました。

 

市民との意見交換会については、たくさんのご意見をいただいたので、それに対する委員会としての意見を議会のホームページに載せる方向で話しが決まりました。

その中で、犬山のスポーツの状況を再度 勉強しようということになり、来週また勉強会を持つことになりました。

しっかりと勉強したいと思います。

 

最近、気になる事件が名古屋市名東区の市営住宅で起きた虐待事件です。

中学2年の男子が母親の交際相手に暴行されて死亡した事件は、ショックでした。

司法解剖の結果、彼の胸と首に強い衝撃を受けてできた傷が見つかったとか。

彼の通っていた中学校から、児童相談所に5回も通報があったようですが、「虐待を疑う要素はない」と判断したようです。

何度、こんな事が起きるのでしょうか・・・。

暴行を受けて彼は、祖母の所に避難したこともあったようですが、お母さんが好きでお母さんのそばにいたいと同居していたようです。

その大好きなお母さんは、彼を守りきれなかった・・・とても残念な事件です。

児童虐待・・・絶対にあってはならないことです。

11月は、児童虐待防止推進月間です。オレンジリボンをつけて啓発をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

午前8時から、河川一斉清掃に参加。

本当は、地元でのアダプトを行う予定でしたが、行事の多い秋だからか、いつもの半分くらいしか参加出来ないことがわかったので市の河川清掃に参加しました。

市の呼びかけ文は、次の通りです。

『川と海の水の恵みは、私たちの生活を支える大切なものです。しかし、残念ながら、水辺には、捨てられたゴミや上流から流れ着いた漂着ゴミが溢れています。多くの人にゴミについて考える機会をつくろうと平成12年から住民が一斉に清掃ボランティアを行う「川と海のクリーン作戦」が始まりました。昨年は、23市町村で約1万4千人の参加者がありました。今年も、ゴミ拾いのボランティアを募集します。美しい水辺を取り戻すために、是非皆様の積極的な参加をお願いいたします。』

この呼びかけに応じて、各種団体、ボランティアが参加しました。

私たちのグループは、木曽川犬山緑地に参加しましたが、栗栖園地でも行われました。

あいにく雨のぱらつくお天気でしたが、約1時間でたくさんのゴミを拾うことができました。

9月20日の台風15号の影響でゴミが多かったようです。

 

さて、行事の多い秋のイベントを一つ、紹介します。

11月23日には、犬山市男女共同参画映画祭です。

今年の映画は、「能登の花ヨメ」

「あらすじは・・・東京で挙げる結婚式を目前に、みゆき(田中美里)の元に夫となる紘一(池内万作)の母・松子(泉ピン子)が交通事故でケガをしたとの知らせが届く。海外出張で帰省できない紘一の代わりに、みゆきが紘一のふるさと、能登へ行くことになる。

地震の爪痕が残る能登。古い家には、近所に住む山田フジ(内海桂子)とケガをした松子がいた。都会と異なる暮らしぶりにも、厳しい姑・松子の態度にも戸惑い、衝突し、東京に帰ることばかりを思うみゆき。しかし、みゆきの脳裏に、地震にめげずにたくましく生きる人々の姿が焼き付いていた。やがてこの町にキリコ祭りの季節がやってくる。だが、ここ数年は担ぎ手が集まらずキリコを出していないという。この地に暮らす人たちの楽しみ、地震で仮設住宅に住む人たちの元気のために、みゆきはキリコ祭りの復活を町の人に主張する…。」

2008年に上映された映画ですが、震災後の復興をテーマにしているので今に通じるものがあります。

11月23日(水)開場12時30分、開演は13時からです。

全席自由席、前売り券は500円でフロイデ、各出張所、南部公民館で発売しています。

当日券は、700円です。

皆さん、是非お出かけ下さい。
 

 

今、新幹線の中でブログを書いています。

母と二人、東京日帰り旅行を計画し、朝早く出発しました。

最初に、母が行きたいと言っていた信濃町に行きました。
雨は、小降りだったので傘を使わなくても歩くことが出来ました。

その後は、定番のおばあちゃんの原宿「巣鴨」に。
楽しみにしていたのに、歩き始めたら激しい雨が降り出し、早々に切り上げました。

その後は、自由が丘に。
娘と待ち合わせをして、遅いランチ。

風邪が治ったばかりの娘は、食欲もなく可哀相でした…。

歩き疲れたので、娘のアパートで休憩し、ゆっくりして帰ってきました。

今回の旅行(?)、母が疲れないように、楽しめるように、時間のロスがないようにと準備し、計画しましたが、雨の影響もあり、予定通りにはいきませんでした。

はてさて、隣に座っている母は、喜んでくれたのか…わからないですね。

Twitter
外部リンク
>
サイト管理者
犬山市 三浦知里