menu

朝から雨が降っていて寒い朝になりました。台風の影響でしょうか?

暑い夏が過ぎて、やっと過ごしやすい季節になるのかと思えば、秋を通り越して冬が来たような寒さです。体調を崩している人も多いようです。私の風邪もすっきりしません。寒さ対策をしっかりとしないといけませんね。体を温めるのに、ショウガが良いとか・・・。紅茶に入れて飲むのが私は好きです。

今回の雨、東海地方に影響を及ぼすのは週末になりそうです。前回の豪雨で被害を受けた奄美地方にこれ以上の被害が出ないことを祈るのみです。

今週末は、行事が多く、私たちのボランティアグループもアダプトを予定しています。

「アダプト」は、「養子にする」という意味の英語です。地域住民や市民団体、企業や学校などが、自分の住んでいる所や働いている地域の道路や公園などの一定の区間を「里親」となって「養子」である道路や公園などの清掃を行うボランティア活動です。道路に捨てられたゴミや空き缶などを拾って処分したり、歩道を掃除したりします。道路の管理者である自治体は、ボランティア保険をかけて、掃除に使うゴミ袋や軍手、トングなどを貸与します。活動をする区域に団体の名前を記した「アダプトサイン」を設置するのが特徴です。

この活動は、アメリカのテキサス州で1985年に始まり、日本でも広まりました。

私が所属しているグループは、私が議員になってすぐに、議会質問でアダプトを取り上げ、推進していることを聞いた友人が、立ち上げて集まった男女12人のメンバーで月に1回、道路のごみ拾いをしています。子どもたちが気持ちよく登校できるようにと、通学路を中心にゴミ拾いをします。早いもので7年になります。ゴミの中で一番多いのは、コンビニで買ったものです。弁当と飲み物とお菓子、食べた残りの容器をひとまとめにしてコンビニの袋のまま捨てられています。中には、赤ちゃんの汚れた紙おむつ、明らかに車から捨てたであろう大量のたばこの吸い殻・・・見ていて情けなくなります。ゴミなので、本当に汚くて・・・軍手でさわるのも嫌になるくらいです。それでも、毎月、集まってアダプトをしてくれるメンバーに感謝です。

コメント投稿

Twitter
外部リンク
>
サイト管理者
犬山市 三浦知里