稲城市議会議員 大久保 もりひさ(盛久)

目の前の一人の声を大切に! 日本一安心・安全な稲城へ

東京2020オリンピック競技大会で自転車競技のコースが稲城市内を通過❗️

未分類 / 2018年8月9日

8月9日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から正式発表があり、東京2020オリンピック競技大会で、自転車競技(ロードレース)のコースが稲城市内を通過することが決まりました。
自転車競技(ロードレース)コースは、武蔵野の森公園をスタートし、稲城市から多摩市を通り抜け、ゴールの富士スピードウエイを目指します。

ラグビーワールドカップ2018日本大会を成功させよう❗️

未分類 / 2018年8月9日

ラグビーワールドカップ2019日本大会が、来年の9月20日に開幕します。
稲城市では、市役所の近くの本郷橋に横断幕を掲げて、アピールしています。
今日は、稲城市議会 建設環境委員会が開催され、公明党からはつのじ議員が出席し、重要な質疑を行いました。
3件の行政報告があり、公明党の尾沢議員が一般質問で提案した「下平尾地区の交通不便地域へのアンケート調査」について、実施内容の説明が行われました。

8月7日、市民相談の情報収集

未分類 / 2018年8月7日

今日は、市民相談に関する情報収集の為に市役所に行きました。
公明党控室から見える南山東部土地区画整理事業地内では、霧雨の中、造成工事が行われていました。
稲城第三中学校の校舎の工事の為に取り付けられていた足場とネットが取り外されていましたので、二学期は気持ち良く授業を受けることが出来そうで、良かったです。

7月24日、多摩地域都市モノレール等建設促進協議会の総会に出席

未分類 / 2018年7月24日

13時30分から、パレスホテル立川において、第37回多摩地域都市モノレール等建設促進協議会の総会に稲城市議会を代表して、髙橋市長、都市建設部長他担当職員、議会事務局長と共に出席しました。
最後に読み上げられ、賛同が得られた「決議文」に、今後の取り組みや決意が語られていますので、ご確認下さい。

7月6日、多摩市議会・稲城市議会・近隣市議会議員政策支援セミナーに参加

未分類 / 2018年7月6日

本日14時〜16時過ぎまで、パルテノン多摩 小ホールにおいて開催された、「多摩市議会・稲城市議会・近隣市議会議員政策支援セミナー」に参加しました。
講師は、帝京大学経済学部地域経済学科教授・自治大学校客員教授・法学博士の内貴滋先生でした。
昭和49年に自治省に入省された後、様々な国家の仕事に就かれた経験や、通算約8年間ロンドンに勤務された経験などを元に、私達市議会議員にとって参考になりそうな様々な話をしてくださいました。

7月4日、公営 稲城・府中メモリアルパークの応募状況報告

未分類 / 2018年7月4日

私が議員を務めている「公営 稲城・府中メモリアルパーク」では、6月1日~25日まで、平成30年度(第4期)の墓地使用者の募集を行いました。
本日、稲城市役所の議会応接室において、その集計結果の報告を事務局から受けました。
その報告を元に、稲城市議会から稲城・府中墓苑組合議員に選出された3名で意見交換しました。
市役所から帰途に着いたところ、消防署の前で職場体験を受けている稲城第三中学校の生徒達の真剣な態度に触れて、爽やかな風のなかにいるような気持ちになりました。

6月29日、稲城市議会定例会の最終日

未分類 / 2018年6月29日

今日は、稲城市議会定例会の最終日でした。
9時30分から議会運営委員会を開催して、その後の本会議における討論の通告や議事日程を確認しました。
9時50分に開会した本会議において、市長提出議案9件について、付託された委員会審査報告、質疑、討論、採決が行われました。
新規条例の「稲城市長期総合計画条例」については、市議会公明党を代表して市瀬議員が賛成討論を行いました。
他の自治体の長期総合計画に関する条例と比較した上で、基本構想を議会の議決事項としたことや、小学生から高齢者までの市民の声を聞いて長期総合計画を策定することなどを評価する素晴らしい賛成討論でした。
稲城市長期総合計画条例他、全ての議案が全会一致で可決しました。

6月27日、稲城市生涯学習宅配便講座を受講

未分類 / 2018年6月27日

今夜は、私もメンバーに加えていただいているボランティアグループが開催された稲城市生涯学習宅配便講座「メタボリックシンドローム 生活習慣病を知ろう!」を受講しました。
講師は稲城市保健センターの職員で、直ぐに役立つ健康手帳や3年後、5年後、10年後の自らの「健康未来」の目標から逆算して具体的な行動に繋げるアプローチなど、大変多くを学びました。
私はウエストを5cm絞る為に8つの挑戦項目を定めました。
Let’s try

6月22日、福祉文教委員会において公共施設のブロック塀の状況について報告がありました

未分類 / 2018年6月22日

本日は、福祉文教委員会が開催され、尾沢議員とともに出席しました。
市長提出議案2件の審議を行い、全会一致で可決されました。
その後、公共施設におけるブロック塀の状況について以下の通り、行政報告がありました。
稲城市では、大阪府北部を震源とし、最大震度6弱を記録した6月18日の地震で倒壊したブロック塀の下敷きになり小学4年生が死亡した事故の翌日、高橋市長の指示で理事者・部長による震災情報連絡会を開催して、市内86の全ての公共施設を調査することを決定しました。
その後、各公共施設を担当部署の職員が①ブロック塀の有無、②建築基準法に適合しているブロック塀であるかを確認しました。
調査の結果、7ヶ所の施設(学校給食共同調理場第一調理場、稲城第一小学校、稲城第二小学校、稲城第六小学校、稲城第七小学校、稲城第一中学校、第三保育園)にブロック塀があり、5ヶ所(学校給食共同調査場第一調理場と稲城第六小学校以外)に建築基準法違反が見受けられました。
対策が必要な5ヶ所については、カラーコーンや看板などを設置し、立入禁止区域として表示し、周知を図ります。
今後は、ブロック塀のある7施設について、検証を行うための詳細な調査を行い、改善策を検討し、改修が必要と判断した場合は、早期に実施しました。
報告を受けた後、質問や要望を行ったところ、①調査などに必要な費用は稲城市の予備費を活用することにより直ちに実施する、②かなりの老朽化やブロック間の隙間などが散見された、③民有地のブロック塀についても調査して公共施設とともにデータベース化するように高橋市長から指示を受けているなどの答弁がありました。
公共施設のブロック塀とともに、民有地のブロック塀についても、これまで以上に注意して、危険性がないかどうかを確認したいと思います。

6月21日、総務委員会で稲城市長期総合計画条例案を審議

未分類 / 2018年6月21日

本日9時30分から総務委員会が開催され、公明党からは、市瀬議員が出席しました。
稲城市長期総合計画条例案については、全ての委員が質疑しました。
まずは、市議会の議決の範囲を基本構想のみとするのか、基本計画や実施計画を対象としなくても良いのかについて、突っ込んだ質疑が行われました。
その後、一番大切な市民の声を聞くことについて、第四次稲城市長期総合計画と平成32年度から10年間の第五次稲城市長期総合計画との違いについて、市瀬議員が質疑したところ、第四次では18才以上の市民が対象だったが、第五次では小学5年生から高齢者までの市民の声を聞く仕組みとすることにより、若い世代が求める2030年代の稲城市のイメージについても協議することが出来る仕組みとすることが分かりました。
稲城市長期総合計画条例案を含めた全ての条例案が全会一致で可決されました。