稲城市議会議員 大久保 もりひさ(盛久)

目の前の一人の声を大切に! 日本一安心・安全な稲城へ

父親と母親が29日ぶりに稲城市立病院で再会

未分類 / 2019年2月14日

稲城市立病院では、消防避難訓練が実施され、消防サイレン音が病室にも響いていた15時~16時には、母親が車椅子に乗って父親の病室を訪れたそうです。
二人は、29日ぶりの再会を大変喜んでいたと一緒にいた妻から聞きました。
母親が自分の病室に帰った後、父親の病室に体温や血圧等を測りに来た看護師さんに、「50年ぶりに再会することが出来て、嬉しかった」と話したそうです。
せいぜい、一ヶ月ぶりの再会なのですが、父親にとっては50年ほど離れ離れになっていたような感覚だったのかと分かり、病院にお願いして会わせてあげて良かったと、妻と共に嬉しくなりました。