稲城市議会議員 大久保 もりひさ(盛久)

目の前の一人の声を大切に! 日本一安心・安全な稲城へ

父親が細菌性肺炎で入院

未分類 / 2019年1月17日

本日、在宅介護中の父親が入院しました
三日前から食欲が減退して、血中酸素が80%代に下がりましたので、とても心配していました。
体温は微熱程度でしたので、対応を悩んでいました。
しかしながら、昨晩血中酸素が70%代になりましたので、今朝救急車をお願いして市立病院でレントゲン、血液検査、尿検査などを行ったところ、細菌性肺炎で、かなりの重度だと分かりました。
当面入院治療を行いますので、私と妻が付き添いますが、自宅には、在宅介護中の母親がいますので、食事とオムツ交換などを行なわなければなりません。
しばらくは、両親の付き添いと介護に専念させていただきます。
よろしくお願い致します。
PS.写真は、市立病院のレストランで食べた山菜うどんといなり寿司です。