稲城市議会議員 大久保 もりひさ(盛久)

目の前の一人の声を大切に! 日本一安心・安全な稲城へ

6月14日、稲城市議会定例会の一般質問を実施

未分類 / 2018年6月14日

今日は、平成30年第2回 稲城市議会定例会の一般質問の初日で、私は4人目でした。
最近ご相談を受けた内容を中心に以下の通り行いました。
1.犯罪防止につながる取り組みについて
先日、新潟市内の女子児童が殺害され、線路に遺棄されるという痛ましい事件が起きました。悲劇を繰り返さないために、子どもの安全を守る手だてを改めて確認し、子どもや女性などを犯罪から守るための対策強化につなげるべきであると考え、質問しました。
(1) 街頭防犯カメラの増設について
(2) 本市職員を中心とした防犯の取り組みについて
(3) 小・中学校を中心とした防犯活動の現状と今後の取り組みについて
(4) 地域住民を中心とした防犯活動の今後の取り組みについて
(5) 一般市民を対象とした防犯の取り組みや情報提供について
2.小・中学校の危機管理マニュアルの作成・運用等について
本年4月26日、東日本大震災の津波で亡くなった宮城県石巻市立大川小学校の児童の遺族らが市と県に賠償を求めた裁判で、仙台高裁は学校側の防災体制に不備があったことを認めましたので、「危機管理マニュアル」に関する質問を行いました。
(1) 稲城市立小・中学校における「危機管理マニュアル」の作成・見直しについて
(2) 「危機管理マニュアル」が災害発生時に役立つのかどうかの検証作業について
3.小・中学校の英語教育について
小学校の新学習指導要領が全面実施される2020年度に向けて、英語を教える「専科指導教員」を増やす教職員定数の改善が国の今年度予算に盛り込まれましたことから、小・中学校の英語教育の現状と課題や今後の英語教育のあり方などについて質問しました。
4.「主体的・対話的で深い学び」の実践の場としての図書館について
2020年から全面実施される新学習指導要領においては、「主体的・対話的で深い学び」が重要であり、実践する場所として公共図書館や学校図書館が位置付けられるということですので、公共図書館と学校図書館の活用について質問しました。
5.三沢川側道の改善について
三沢川側道の歩道は、多くの市民等が三沢川や桜などの自然に癒されながら散策されており、簡易的ベンチには喜びの声を聞いておりますが、桜の木の根上がりや降雨後の水溜まりには改善を求める声を聞いています。
また、車道はバイクの逆走や抜け道として通過する車両により自転車が危険にさらされているようですので、対策が必要であると考え、質問しました。
以上です。