稲城市議会議員 大久保 もりひさ(盛久)

目の前の一人の声を大切に! 日本一安心・安全な稲城へ

5月24日、第56回東京河川改修促進連盟の総会及び促進大会に参加

未分類 / 2018年5月24日

13時より、調布市グリーンホール 大ホールにおいて、第56回 東京河川改修促進連盟の総会及び促進大会が開催されました。
総会では、平成29年度の事業報告と決算報告が行われ、認定されました。
平成30年度の事業計画(案)と予算(案)が議案として提出され、可決しました。
その後、東京都の河川事業と下水道事業について説明がありました。
河川事業の説明の最後には、必ずと言って良いほど、三沢川の親水公園(矢野口)の写真が掲示されます。
東京都としても、自信を持って紹介出来る事業だということでしょう。
総会終了後、休憩を挟んで促進大会が開催されました。
来賓として、国家議員、都議会議員、国や都の関係者が紹介されました。
国会議員は全て秘書による代理出席でした。
都議会公明党からは、小磯善彦、東村邦浩、小林健二都議会議員の3名が出席しました。
その後、河川事業における課題について意見発表がありました。