稲城市議会議員 大久保 もりひさ(盛久)

目の前の一人の声を大切に! 日本一安心・安全な稲城へ

12月18日の市議会定例会最終日の本会議における伊藤ちか子議員の辞職勧告決議が可決されたことが本日の東京新聞に掲載

未分類 / 2017年12月19日

今日の東京新聞に、昨日の稲城市議会定例会最終日の本会議における伊藤ちか子議員に再度、辞職を勧告する決議が賛成12名、反対5名(荒井議員、藤原議員、岡田議員、山岸議員、村上議員)、賛成や反対の態度を表明したくないための本会議場からの退場3名(岩佐議員、榎本議員、佐々木議員)で、可決された記事が掲載されました。(伊藤ちか子議員本人は、この議案の審議前に退場済み)
稲城市議会に伊藤ちか子議員を辞めさせる権限はありませんので、本人の猛省を促すと共に、自ら辞職されることを望みます。
なお、伊藤ちか子議員の言動により、稲城市議会議員全員の議員としての資質や品格が疑われかねない状況にあるにもかかわらず、なぜ賛同されなかったのか、また退場して態度を表明しなかったのか、全く理解することが出来ません。