人口内耳助成制度を実現

人工内耳装置や埋め込み手術は保険が適用されているが、買い替えや修理費用はすべて自己負担で家計への負担が大きかった。買い替え時の助成制度の実施を提言するなど粘り強く訴えた結果、5年を経過した機器の買い替え時に30万円、修理に3万円を上限とする助成が実現した。

医療情報を記入するカードを作成

かかりつけ病院などを知らせる「医療情報カード」を作成し、希望者に配布。このカードは、アレルギーや飲んでいる薬などを書き込み、冷蔵庫の扉に貼り付けておくもので、緊急時に駆け付けた救急隊員が速やかに患者の医療情報を確認できるもの。

公共施設204か所に海抜表示

大地震による津波から市民を守るため、海抜10メートル以下の学校や公民館などの公共施設204カ所に海抜表示板を設置。青地に白抜きの文字でその地点の海抜を示している。

災害弱者守るハンドブックを作成

高齢者や障がい者など災害弱者を安全に避難させるポイントなどをまとめた「災害時要援護者避難支援ハンドブック」を作成し、民生委員や社会福祉協議会の各支部に配布。同ハンドブックは、高齢者や障がい者の状況に応じて日ごろから準備する物や災害時の避難行動、避難所生活での注意事項などを分かりやすく紹介している。

小型家電回収ボックスの設置

使用済み小型家電の無料回収を市内7カ所で行っていたが、市内8カ所の公民館にも新たに回収ボックスを設置し、回収を開始した。

税金のコンビニ納付

来年度から、市民税や国民健康保健税などの支払いを、全国のコンビニエンスストアできるように拡充する。現在は、軽自動車税と上下水道使用料のみが対象だったが、来年度からは、市県民税、固定資産税、介護保険料など、新たに10の税金が追加。全国のコンビニから税金を納めることが可能になる。

元の魅力をPR(市役所ロビーにタオルと自転車を展示)

市の魅力を来庁者など多くの人にPRしようと、市役所1階ロビーに地元のブランド品・バスタオルやフェイスタオルなどの今治タオルの商品と、“サイクリングの聖地”をアピールするスポーツ自転車1台を展示することとなった。

.
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
今治市 渡部豊
wa050220@ybb.ne.jp