バックナンバー 2008年 6月

 施設の設備に関わる事で、赤ちゃんのいるお母さんより相談があり、現地に足を運んでみた。現場を観てこそ分かることがある。今回もそうであった。
 
 小学生の課外授業なのか、生徒さんたちが、係員の説明を真剣に聞いていた。
 数人の生徒より、「こんにちは!」と元気のいい挨拶してくれ、私の心も軽くなった。
                     「ありがとう!」

野間馬ハイランド   今治市野間甲8    入場は無料

 野間馬は江戸時代に乃万地方でつくられた、日本で一番小型の馬。
 性質はおとなしく、賢くて力持ち。
 農家で数多く飼われていたが、時代の移り変わりのなかで、農機具や自動車が普及し絶滅寸前であった。
 現在は、野間馬保存会の皆さんが保存育成に取り組まれ、ハイランドには85頭(最近生まれた小馬4頭)、とべ動物園に3頭、上野動物園に1頭が元気に飼われている。

 快晴、10時30分に唐子浜今治自動車教習所前からスタート。続いて、場所を移動して3ヵ所で「まちかど遊説」を行った。
 信号待ちの車の窓を開けての、激励の声援を頂き、流れ出る汗も(私は大の汗かき)心地よく感じました。
 一人の励ましの言葉はありがたい。勇気が湧いてくる。

 4月30日に暫定税率などを復活させる予算の「入」に関わる法律が、再議決により成立した。さらに、5月13日に必要な道路の整備など使い道を決める予算の「出」に関わる法律、道路財源法が再可決され、成立しました。これでようやく予算の「入」と「出」が整ったことになります。
 道路財源法のポイントは、国から地方への補助金である国庫補助負担率を引き上げて道路を造るときの国の負担割合を増やすことや、地方道路整備のために地方自治体に無利子で貸付を行うことです。
 しかし、民主党などの抵抗によって約1ヵ月半、この道路財源法の成立が遅れたため、自治体は交付金などを受けることができず、大きな影響が出ています。
 昨日の新聞には、揮発油税などの暫定税率が4月の1ヶ月間失効したことにより、国と地方の減収額が2100億円程度になると。さらに、4月の完全失業率が4.0%となった。失業率が4%台になったのは、昨年9月以来7ヶ月ぶりと報道されていた。
 国政に携わる政治家には、日本の経済や国民生活に責任を持った政治判断を望む。

 

 

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
今治市 渡部豊
wa050220@ybb.ne.jp