バックナンバー 2019年 11月

少子高齢化の進行、行政需要の多様化などの変化に、質の高い市民サービスを効率的に提供するためICTの徹底的な活用などによる業務改革が求められています。市川市は、情報技術を活用して市民サービスや業務効率を根底から変化させるとするデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するとして、LINE社をはじめ複数のIT系企業と連携協定を締結。更に、DX推進の為の支援として業務委託を締結しました。

質問】 それぞれの内容と目的、市民サービスの向上にどのようにつなげていくのか。また、市政戦略会議が指摘されている、ICT化を進めること自体が目的化しなで欲しい。

市の答弁】 市政戦略会議の答申を踏まえ「市民にとっても、職員にとっても価値のある行政」を基本とします。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
市川市 大場諭
satoshioba3070@gmail.com