Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
市川市 西村敦
nishimura_a_itikawa@yahoo.co.jp
バックナンバー 2016年 3月

自転車と歩行者による交通事故が多発し、近年社会問題となっています!
私は毎年のように議会質問をし、自転車ブルーレーンの必要性を訴えてまいりました!
行徳地域は平坦であることから自転車利用率が高い傾向にあります!
そこでまずは、比較的に車幅が広い「新浜通り」に設置提案をいたしました!
今年度予算が通り、塩焼5丁目セブンイレブンの西側信号から西友新浜店の一つ東側の信号までの900m区間にこのほど「自転車専用ブルーレーン」が誕生しました!
皆様から喜びの声をいただいております!
来年度は西友新浜店から福栄方面に向けて延伸していきます!
今後も安全安心の街づくりを推進してまいります!

IMG_3122

IMG_3123

IMG_3112

ワイズマートの横を通り通勤通学で行徳駅に向かう最初の公園角の交差点。
優先道路ではなく自転車も一時停止が必要なのですが、ほとんどの人が止まらずに行ってしまいます。
いつか自動車との事故が発生しないかと地域に方が心配されていました。
市と協議した結果、この度「自転車も一旦止まれ」という看板を設置し、注意喚起することになりました。
交通安全対策を今後も進めてまいります!

IMG_3104

今議会において救急行政について質問しました!

救急現場に居合わせ、応急手当を行った方をバイスタンダーといいます。
重要な役割ですが、大変なストレスもかかります。
市の消防ではバイスタンダーに対し感謝カードを手渡していますが、そのフォローとケアをするべく「応急手当を行ったことで何か不安なことがありましたら相談窓口にご連絡ください」との言葉を追記してもらうことになりました。

また、いざという時のAED設置。以前質問した時には乗降客が少ないJR4駅にはまだ未設置の状態でした。
JRあてに市長から設置要望書を提出していただき推移を見守っていましたが、今年の1月に最後となった市川塩浜駅にもAED設置が完了し、これで市内全鉄道駅に設置することができました。

今後も、命を守る取り組みに、全力をあげてまいります!

IMG_3127

NCM_0384

2月議会で行徳地域の浸水対策について一般質問を!

都市における浸水対策として行徳地域でFS(フィージビリティースタディー)調査を行っています。
その調査結果の状況と貯留施設設置を含めた今後の考え方について質問をしたところ前向きな回答を得ました!

H26年度は中江排水区を対象に流出解析シミュレーションを実施し、H27年度は行徳地域に広げて柵渠内に水位計を設置し降雨データを収集している。
調査結果を踏まえ、流下方向の変更やバイパス化、また部分的な弱所には雨水貯留施設によって柵渠内の流量を調整するなどの計画策定へつなげたいと考える。
重ねて中江川排水機場の増強に向けて、協議を進めていくとのことでした。

是非、新年度に計画を策定し、H29年度に中江排水区の浸水対策の実施を目指し、全力で取り組んでまいります!

写真は昨秋の豪雨時の、宝地域と中江川の写真です。

IMG_2614

IMG_2616