Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
市川市 西村敦
nishimura_a_itikawa@yahoo.co.jp
バックナンバー 2015年 12月

12月議会で会派を代表して質問に立ちました!
公明党の主張をさせていただきました!

DSC_0184

○マイナンバー制度の周知と市民に寄り添った対応を!!
代表質問でマイナンバー制度について取り上げさせて頂きました。送付された23万世帯分の通知カードに対し、1週間の留め置きを過ぎ市役所に戻ってきた通知カードは2万7千に上っており今後の対応について質問しました。本八幡の本庁と行徳支所分に分けて今後通知して引き取りに来てもらうようになりますが、元々忙しい方ですから日曜日に開庁して利便性を図るべきと訴えたところ12月13日と20日の日曜日に開庁しました。また視覚障害者の方の為に個人番号カードのケースに点字シールを貼るよう訴えたところ市として対応することになりました。今後も制度の周知と市民に寄り添った市の対応を推進して参りますのでよろしくお願い致します。
○女性の視点を生かした災害対策の強化を!
女性職員だけで検討委員会を設置し、災害時の避難所生活など女性への配慮を独自の視点で防災に取り組む先進市がある。本市も積極的に推進するように質問し訴えました。
市では以前に女性ワークショップを開催し、地域防災計画へ反映させました。また災害対応を行う際の女性職員の防災服をジャンパーへ変更すように進めています。
 今回の提案を受け、今後も継続的な検討会の必要性があることから、本市においても女性職員のプロジェクトチームを立ち上げる事となり、女性防災対策が強化されます。

女性防災

○バスロケーションシステムの早期運用を!
 バス利用者にとって何より困るのは、バスがいつ来るのか、わからないことです。昨年この問題を取り上げ、バスロケーションシステムの導入を強く訴えました。
今年度予算化された同事業ですが、バスの運行状況が一目で判断でき、バス利用者の利便性向上に市民から期待されています。現在の進捗状況を再度質問しました。
 バスロケーションシステムは、バスの位置情報や到着予測時刻を、バス停留所やスマホなどインターネットによって、情報提供するもので、京成バス・京成トランジットバスが、導入を進めていて、市川市は補助金を交付し支援します。
 バス停に設置される接近表示機は市川駅北口に2基、南口に1基、本八幡北口に2基、行徳駅に2基設置されます。
現在システムの構築作業が進められていて、来年4月から利用が開始されます。

H26.3.30 松戸駅1番 3