市川市議会議員 宮本ひとしのホームページ

誠心誠意がんばります

2018年6月議会定例会

未分類 / 2018年6月13日

一般質問者18名。予定では6月22日午後に登壇
通告
(初回から一問一答)
○都市農業について(市長及び関係者)
 (1)市川市の都市農業の現状・役割について
 (2)生産緑地の保全について
 (3)都市農業のさらなる振興に向けての市の見解について
○集団資源回収について(市長及び関係者)
 ・報奨金の一部増額による今年度の実績、効果及び今後の活性化について
○公文書管理の取り組みについて(市長及び関係者)
 (1)管理の現状について
 (2)今後の取り組みについて
○新学習指導要領とICT環境整備について(教育長)
 ・教育のICT化に向けた市の取り組みについて
6月議会は来年度の予算要望に関係した質問としました。
都市の農業については、所謂2022年生産緑地問題(農地として維持する30年の義務が終了)に言及、市川市には93haの生産緑地がありますがその8割が30年を経過しています。都市と農業の共生について問いま。、集団資源回収は増額の予算要望を続けていますが、効果はないとの行政(財政)の見解を覆す結果となっています(写真は集団資源回収の紙類の集積です)更なる報奨金の増額を要望します。
公文書管理では、5年前に適正な公文書管理を取り上げましたが、未だ改善されていません。新庁舎での保管をはじめ条例制定について質問します。
今年度は「教育行政方針」がありません。本来ならICT環境整備の方針があってしかるべき年度です。明年にむけて教育のICT環境整備について問います。2022年までに整備すべき指針が定められ、新たにプログラミング教育が小学校から開始されます(同時に大学入試改革も行われており、導入予定の「大学入試共通テスト」にプログラミングを含む情報科目が加わります)。スクールニューディール政策以来の国を挙げての政策です。但し、主体は自治体に委ねられています。遅れを取ることの無いように予算要望を含めて質問します。

外環道

未分類 / 2018年6月2日

三郷IC~市川南JCの開通式典に行ってきました。延べ300万人の工事関係者、歴代の議員、市民の皆様の協力あっての開通です。私は10年ほど関わったにすぎませんが外環特別委員会のメンバーとして誰よりも外環に関して積極果敢に取り組んできました。
まだまだ工事は続き、新たな課題も出てきました。引き続き皆様の意見要望をお寄せ下さい。