市川市議会議員 宮本ひとしのホームページ

誠心誠意がんばります

「財政の見える化」で行政コストの削減

未分類 / 2015年3月16日

私は一貫して公会計の整備による行政コスト削減を訴えてきました。
これまでの実績は以下の通り。
①財務書類の公表を翌年度の年末から9月に変更。
②固定資産台帳の整備。完了しました
③施設白書の作成。今月末に公表予定。
④施設別行政コスト計算書の公表。
今議会では「事業別行政コスト計算書の作成」を再度一般質問で行いました。これが遅れています。完成すれば、人件費と事業費を含むフルコスト情報が明確になります。無駄使いの事業を浮き彫りに!
また「売却可能資産の把握」も同時に主張しています。無駄な資産は処分!
「行政のムダを省きます」と言う議員や部長級職員はいますが、具体的な内容がありません。
 私は行政コストの削減には「施設別行政コスト計算書」と「事業別行政コスト計算書」でフルコストの把握を行う、そして市有資産の精査(継続、見直し、処分の区分け)が必要と訴えていますが、内容が専門的にすぎるのでしょうか、中々認識されていません。
 かく言う私も企業会計との大幅な違いに最初の2年は財政には手も足もだせませんでした。これからも行政コスト削減を目指していきます。