今朝はJR茨木駅前にて、公明党茨木市議団6名が揃っての街頭演説会。今年は1月の茨木市議選から始まり6名全員が当選、10月急遽の衆院選に至るまで、多くのご支援に感謝を込めてあいさつ。それぞれが全力で取り組んできたこと等を報告し、新年に向けての決意を表明。一層のご支援をお願いするとともに、よい年を迎えらますよう祈念して締めました。

DSC04750s

DSC04751s

DSC04759s

茨木市議会12月定例会が12月4日から始まりました。5日の2日目、本会議にて次の項目について質疑しました。

1.国際協調に関わる本市の取り組みについて

 1)持続可能な開発目標(SDGs)について

 2)2020年東京オリンピック・パラリンピックに関わる取り組みについて

2.スポーツや文化を通じた地域活性化への取り組みについて

 1)運動に関する動向について

 2)これまでの取り組みと今後について


 特に、3月定例会の公明党を代表しての質問で、2020年オリンピックのホストタウン登録を提案。11月にその申請がなされたことから経緯や取り組み状況を求め、今後の取り組みに期待。また、本年、特に調査を進めてきた行財政改革(部門間の連携、官民連携、公共施設の有効活用や多機能化等)、みどりを活用した健康づくり、スポーツや文化等を通じたツーリズムによる地域活性化、国際協調(持続可能な開発目標SDGs)、イノベーション(新しい結合)をベースに質問し要望。

3

2

 5月から、行財政改革の一貫として、官民連携、公共施設の有効活用、自然を活用した健康づくり等の調査を深め、本日(9月7日)茨木市議会9月定例会本会議で、以下の項目で質疑を行いました。

 森林機能の活用では、茨木市の保健保安林を健康づくりで活用するよう求めました。茨木市有地の保健保安林(写真上)には、青少年野外活動センター(写真中・下)があり、キャンプ場等の施設があります。関係部局が連携することにより、自然体験学習とともに、健康づくり等でも活用が期待されます。 
 また、ネーミングライツ(命名権)の実施で官民連携を進め、公共施設のさらなる活用も求めました。

DSC03036s

質疑項目:
1.行財政改革の取り組みについて
1)官民連携(PPP)の推進について
2)行財政改革指針改定後の進捗と今後の取り組みについて

2.公共施設の活用の取り組みについて
1)複合化と多機能化の取り組みについて

3.森林機能の活用について
1)森林の機能に応じた取り組みについて
2)保健保安林活用の取り組みについて
3)森林の教育的活用について

DSC03084sDSC03084s

72回目の終戦記念日(8月15日)を控え、茨木市公明党議員団は阪急茨木市駅前にて、街頭演説会を開催し、戦没者やご遺族の方々に謹んで哀悼の意を表するとともに、不戦の誓いと平和への決意を新たにしました。

DSC03154ss

核兵器禁止の観点からは、茨木市議会6月定例会において、国への意見書として「核兵器のない世界に向けた法的枠組み構築への取り組みを求める意見書」を提案し、全会派に働きかけ、6会派中5会派の幹事長が提案者となり議会に提出。提案者を代表して趣旨説明を行い、全会一致で可決されたことも報告しました。

DSC03152ssss

先月(7月)には、122か国が賛同し、核兵器禁止条約が採択されました。今後の取り組みが重要であることも強調しました。
なお、
公明党山口代表は記者会見で“核なき世界へ橋渡しを”として見解を述べています。

午前中に公明党大阪府本部において議員総会が開催され、13日に東京で開催された全国県代表協議会の内容が報告され、さらに議員力を高めることなどが確認されました。

夕刻には、JR茨木駅前に杉ひさたけ参院議員を迎え、中野つよし府会議員と共に、公明党茨木市議団は恒例の街頭演説会を開催しました。市議会議員がそれぞれの活動の報告や取り組みを訴え、中野府会議員、杉参院議員が演説し、公明党の強みであるネットワークを象徴する演説会となり、次の勝利に向けてスタートしました。

DSC02815s

DSC02861s

茨木市防災気象情報サイトが本日(6月16日)、リニューアルオープンしました。大きな追加情報は、市が管理する水路の水位計(市内20か所)の観測情報がサイト上で公開されたことです。設置されている水位計ごとに、写真のように10分毎の観測情報がグラフで表示されます。

河本は、市議会における平成25年3月19日総務常任委員会、平成26年9月10日および平成28年6月20日の建設常任委員会で、水位情報の公開を求めてきました。

昨今のゲリラ豪雨時に、増水状況を見に行き、流されるという事故を防ぐこと、高所避難への事前準備など、安全対策への情報提供として期待されます。

DSC02512ss

DSC02522ss

 DSC02520ss

河本光宏は6月12日、茨木市議会6月定例会本会議で、次の項目について一般質問を行い、施策の拡充や改善を求め、前向きな答弁を引き出しました。

1.健康づくりや病気の予防を促進する取り組みについて
1)健康の見える化への取り組みについて
2)健診事業の現状と今後について
3)市内資源を活用した健康施策の展開について

2.第5次総合計画における健康医療施策の推進について
1)実施計画の評価と改善の取り組みについて
2)地域医療への取り組みについて

特に、健康の見える化は、健康への気づきや自発的な取り組みを支援する観点から重要であり、健診などでも理解が進むような取り組みを求めました。茨木市では、今年度、特定健診の結果説明において、従来の集団指導に加え、個別相談で健診結果を説明する考えを示しました。個々の健康の見える化へ一歩前進です。

議場

公明党茨木市議団は憲法記念日等の機会に毎月恒例の街頭演説会を開催。これには中野つよし府議会議員、石川ひろたか参議院議員も参加。憲法施行70年の節目の意義を込め、全員があいさつを行いました。

DSC02032ss

一昨日は「憲法記念日」、昨日(5月4日)は「みどりの日」、本日(5月5日)は「こどもの日」と続き、それらにちなみ、河本は、こどもの健やかな成長を願い、憲法3原則の堅持、加憲の考え等を強調するとともに、緑の活用や元茨木川緑地の計画的な取り組みの推進について言及しました。

DSC02028ss

 茨木市議会3月定例会が3月3日からスタート。初日に、市長の平成29年度施政方針があり、7日と8日に各会派からの施政方針に対する代表質問。河本は8日の最後に、公明党茨木市会議員団を代表して質問に立ちました。「茨木に住んでよかった」の観点から、広い視野で変化を捉えながら、将来に目を向け、まちづくり、子育て、健康、医療、福祉、都市活力、防災、防犯、行財政改革など、80項目の多岐に亘り質問を展開しました。3月定例会は、本会議、常任委員会へと続き、3月28日までの予定。IMG_0459sss

20170109s

成人の日、成人祭の会場を前に街頭でお祝いを述べ、恒例の街頭演説会を阪急茨木市駅前で開催しました。茨木市の新成人は、2840人(男性1492人・女性1348人)。
茨木市議選(1月15日告示・22日投開票)が近づき、訴えにも力が入る。
1月2日の街頭演説会で触れた胃がん対策については、取り組むきっかけは、30年前に携わった世界初の胃酸抑制剤(プロトンインヒビター)の開発であり、その薬によりピロリ菌の除菌が可能となったことも延べ、河本も関わり、検診(胃がんリスク検診)と除菌(胃酸抑制剤と抗生物質によるピロリ菌除菌に慢性胃炎の保険適用拡大)により、胃がん予防への一連の流れが、25年前に発売となった胃酸抑制剤の登場から今日までの間に整って来たことを強調しました。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
茨木市 河本光宏
m-kawamoto@ibarakishigikai.jp