河本光宏は6月12日、茨木市議会6月定例会本会議で、次の項目について一般質問を行い、施策の拡充や改善を求め、前向きな答弁を引き出しました。

1.健康づくりや病気の予防を促進する取り組みについて
1)健康の見える化への取り組みについて
2)健診事業の現状と今後について
3)市内資源を活用した健康施策の展開について

2.第5次総合計画における健康医療施策の推進について
1)実施計画の評価と改善の取り組みについて
2)地域医療への取り組みについて

特に、健康の見える化は、健康への気づきや自発的な取り組みを支援する観点から重要であり、健診などでも理解が進むような取り組みを求めました。茨木市では、今年度、特定健診の結果説明において、従来の集団指導に加え、個別相談で健診結果を説明する考えを示しました。個々の健康の見える化へ一歩前進です。

議場

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
茨木市 河本光宏
m-kawamoto@ibarakishigikai.jp