menu
バックナンバー 2019年 10月 15日

今回の台風19号は日本に上陸して、各地に甚大な被害を与えました。
新座市内には二本の河川が流れていますが、河川が氾濫せず、道路冠水が市内15カ所発生しましたが幸いにも床下浸水や床上浸水の被害は回避できました。
しかし、河川の一つ柳瀬川下流に位置する新座ニ・三丁目で汚水が逆流する被害が発生を。
昨年の台風21号の際も同様の被害が発生。
近くに住む白井議員が議会質問をして、市として対策を講じて頂き、河川管理の埼玉県には県議会で安藤県議が質問して柳瀬川流域13市町の調整会議等、県としての対策を検討して頂きましたが、今回も汚水が逆流を。
そうした中、今日新座市長宛に今後の取り組みについて3点にわたり緊急要望書を提出致しました。
市長が1日公務で在庁されていらっしゃらないので山崎副市長に提出を。
白井議員が、逆流した時からの地域の様子を詳細に調査をして、時系列に沿って写真をもとに説明を致しました。
K担当課長を交えて種々要望事項について意見交換を行いました。
明日は安藤県議立会いのもと、埼玉県に要望書を提出致します。
近年の地球温暖化の影響で、かつてない大きな台風が発生し、2年連続で残念な被害の発生が。
これからも、この地域の皆様は生活を続けてまいります。
衛星面を考えても早急な対策が必要です。
しっかり取り組んで頂きたいです。
今日は1日市役所で、会派全員で要望書の確認、また次年度の予算要望について打ち合わせを。
日が経つにつれて、台風全体の被害が明らかになり、犠牲になられた方の人数が増える事に胸が痛みます。
お亡くなりになられた皆様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンクwww.city.niiza.lg.jp/
カレンダー
2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
公明党広報
サイト管理者
新座市 亀田博子