menu
バックナンバー 2019年 9月 27日

午前中、市議団で打ち合わせ後に先日開所した、児童発達支援センターを視察に伺いました。
10月1日から児童の通所に向けて、職員の皆様が入念な準備をされていらっしゃいました。
改めて施設内のご説明を頂き、大ホールにある感覚統合法に使用する遊具の説明を受けました。
様々な感覚刺激を脳に取り入れ、それらの刺激を適切に処理(統合)できるようになる。遊びを通して、脳の感覚処理を改善し、子どもの望ましい発達を促すことを目指すそうです。
「ポルタースイング」や「ボールプール」「功技台」etcの真新しい遊具が充実していました。
医療的ケアが必要な児童も通所を。
保育士・看護師・保健師が常駐の他、定期的に理学療法士・作業療法士・小児科医・整形外科医、そして年2回は耳鼻科・眼科・歯科検診も実施を。
施設内の医務室も、ケアが必要な児童用に整備されていました。
児童発達支援管理責任者の資格を持つ職員の方に、丁寧にご説明を頂きました。
いつも誰かが欠け、今日はやっと市議団全員が揃っての視察ができました。
市の障害がある児童・保護者のための中心拠点としての役割を持つ施設として愛称のように
「アシタにエール」を与えられる施設になることを願っています。
貴重なひと時でした。

公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンクwww.city.niiza.lg.jp/
カレンダー
2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
公明党広報
サイト管理者
新座市 亀田博子