menu
バックナンバー 2019年 5月 9日

昨日の公明新聞に、安倍首相と山口代表・「ある町の高い煙突」の監督を始め関係者の皆様が懇談との記事が掲載。
首相官邸のTwitterでもツイートされていました。
映画「ある町の高い煙突」の原作は新田次郎著。
山口代表のお父様からの勧めで書かれた原作を昨年興味津々で読みました。
Facebookの投稿で教えて頂き、新田次郎の作品は何作か読んでもいましたが、それまで知りませんでした。
気象庁に在職して日立天気相談所所長となった山口代表のお父様が、明治から大正にかけて急激に起きた煙害問題について、鉱山側と被害者の農民とが、互いに誠意を持って忍耐強く交渉を続け解決した実話です。
新田次郎はあとがきで、「日本は世界一の公害国であり、あらゆる種類の公害が発生し、そして一つとして完全に解決したということを聞いたことがない奇妙な国である。」とし、山口代表のお父様と日立市が日立鉱山から譲渡された観測所を訪れ、また当時の農民側の代表の方と面会され著作に取り組まれたそうです。
新田次郎は長く気象庁に在職して、気象ともっとも関連の深い煙害について興味を持っていて、数十年前に煙害の問題が見事に解決された実例に驚かれたそうです。
安倍首相との懇談の席で、山口代表は「住民と企業側が対話を通じて、高い煙突を立てるなどして煙害を克服する歴史を描いている。対立ではなく、住民と企業が同じ方向を向いて公害を克服する珍しい実例」と紹介を。
映画が完成し、6月に公開と。
ぜひ鑑賞をと思っています。
今日は曇り空の中、地域の皆様と対話、そして議会の準備のため書類の読み込みの1日でした。
頭を使った1日‥

公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンクwww.city.niiza.lg.jp/
カレンダー
2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
公明党広報
サイト管理者
新座市 亀田博子