menu
バックナンバー 2018年 9月 26日

今日も本会議、昨日に引き続きH29年度決算審議を。
議案の最後に、全体会議で「新座市福祉型児童発達支援センター」の工事請負契約の審議を。
写真は、昨年7月、会派で同施設の建設について要望書を提出した際のものです。
要望書提出に先がけて、会派で市の肢体不自由の児童が通う「みどり学園」と発達に遅れがある児童が通う「わかば学園」を視察を。
両施設とも老朽化が進み、2施設を統合する「児童発達支援センター」の建設が後期基本計画に位置付けられました。
ところが、財政難のため、H 29年の新年度予算が先送りされたことから、何としてもH 30年度予算に措置し、早期建設を求める要望書の提出でした。
要望書の内容に、「児童発達支援センター」は、現「児童発達支援事業」と違い、通所児童のみの対応ではなく、施設の有する専門機能を活かし、地域の障害児や家族への相談、障害児を預かる施設への助言・援助を行う中核的施設にと。
来年8月完成を目指して、延べ面積1026.46㎡のセンターが建設されます。
登壇して細かい点まで質問をし、要望する点は要望を。
全会一致で可決致しました。
東京都日野市、埼玉県の同様の施設を視察し、楽しみに建設を待っていました。
素晴らしい施設へと夢が広がります。
本会議終了後は打ち合わせが続き、市役所をあとにする時には薄暗く。
明日、定例会の最終日をやっと迎えます。

公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンクwww.city.niiza.lg.jp/
カレンダー
2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
公明党広報
サイト管理者
新座市 亀田博子