menu
バックナンバー 2018年 9月 20日

今定例会ではH29年度決算審査が。
歳入の根幹をなす税の収納に関しては市の大切な業務です。
納期限に納められないと電話や文書の催告が。この時点では未納。
それでも納付に応じないと督促状が発送され滞納に。
未納から滞納に変わり財産の差押えと延滞金が。
延滞金は高い利息。
税金を一度に払えずに分割納付をすると当面差押えは回避できても延滞金は課されます。
事業の継続又は生活の維持が困難等の理由で換価の猶予制度を利用すれば、猶予期間の延滞金の一部免除されます。
H28年から、それまで職権の換価の猶予に加えて、納税者の申請による換価の猶予が新設されました。
税を納めて頂きたいのはもちろんですが、納税者の生活を守りながら納税に努めて頂く制度です。
決算審議の中で、本会議では鈴木議員、所管の委員会では野中議員が質問を。
残念なことに、職権による換価の猶予はH29年には18件(近隣市の朝霞・志木市は0件、和光市は1件)、申請による換価の猶予はありませんでした。
提出書類等の申請手続きが複雑との理由か、または申請ができる事の周知不足か。
いずれにしても、滞納処分に至った時に、納税者の皆様にもっと寄り添った納税指導が求められます。
新座市と合わせて他自治体のHPを見比べで見ましたが、新座市の場合記述がやや不親切のような気がします。
群馬県太田市のHPでは、説明のページから申請に係る書類へリンクされわかりやすく。
また、業務委託をしているコールセンターの取り組みにも工夫が必要かもしれません。
今後も、税金をより払いやすい仕組み作りが求められています。
市の課題の一つです。
先週から続いた一般質問が終了しました。
厚い雲に覆われた1日、本会議以外も会議、打ち合わせで忙しかったです。
夕方から冷たい雨が。一雨ごとに、季節が変わっていきます。

公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンクwww.city.niiza.lg.jp/
カレンダー
2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
公明党広報
サイト管理者
新座市 亀田博子