menu

今日は、地域デビューセミナーが開催、「キラリ!あなたが輝く場所探し」と題して、市内十文字学園女子大学の佐藤 陽教授の講演と、地域活動団体PR広場として出展が。
前市長が市民協働を訴えてきた成果で、市内には644のボランティア団体が活動しています。
中には、埼玉県から表彰を受けた団体もあり、今日一ヶ所のブースでPRをしていました。
2025を目指して、地域包括ケアシステムの構築、また介護保険法が改正され、地域支援事業が始まることから、いかに地域力を高めていくのかが各自治体に求められている課題。
そうした意味からも興味深く講演をお聞き致しました。
①ごくごく日常的な営みの延長線上で取り組む
②「する」「される」の一方的な関係ではなく「双方向」の視点で
③何のための活動か、その目的を失わないようにする
④一人で解決できないことは、仲間を募って解決できるように取り組む
⑤取り組みには限界があることを認識しておく
との、5点にわたって「地域でボランティアをしていく視点」と。
社会参加の一例として、これからもシニアの皆様のボランティア活動が活発になっていくでしょう。
大切なお話しをお聞き致しました。
会場には、新座市のゆるキャラ『ゾウキリン』も応援に。
関係者の皆様お疲れ様でした。

コメントは受付けていません。

公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンクwww.city.niiza.lg.jp/
カレンダー
2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
公明党広報
サイト管理者
新座市 亀田博子