menu
バックナンバー 2017年 2月 6日

地元の老人会「福壽会」の新年会に出席致しました。
本当は着物で出席したいのですが、なかなか着慣れず、母の形見の着物をリメイクしたスーツを利用しています。
母が亡くなった時、着物を形見分けして、訪問着はゆきをなおして、モダンな柄の紬をスーツに仕立てて頂きました。
特に高齢者の皆様の年明けのイベントに着るようにしています。
絹の持つ暖かさは格別で、着る度に母を思い出します。
今日、福壽会の皆様からお聞きして驚いたことがありました。
昨年、富山で開催された「全国老人クラブ大会」で、福壽会のH会長が埼玉県を代表して、新座市が進めている、『元気あっぷ広場』『元気あっぷウオーキング』『健康マイレージ』の事例紹介をして大変好評を博したそうです。
今年4月から実施される「日常生活支援総合事業」に類する活動について、先進的な事例として埼玉県から選ばれたようです。
特に『元気あっぷ広場』は、会派として“歩いていける”をキーワードにして実施すべきと提案して開催されている介護予防策(運動)の一環で、市内各地で参加者から好評とのことで、以前公明新聞に取材して頂き、記事を掲載して頂きました。
新座市の取り組みが埼玉県で認められ、各老人会会員の皆様が主体的に関わっており、地域支援事業の具体化にあたっては、老人会との連携が重要とのことで、全国大会での事例紹介になりました。
福壽会の皆様とたくさん会話ができました。
ご高齢になられても、これからもお元気で地域の皆様と仲良く
お過ごし頂きたいと思いました。

公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンクwww.city.niiza.lg.jp/
カレンダー
2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
公明党広報
サイト管理者
新座市 亀田博子