menu

現須田健治新座市長の任期満了の一日、朝から「夏の交通事故防止週間」の終了に伴っての啓発活動が。

市長を中心とする「新座市交通安全協議会」と新座警察署が一体で、市役所付近での活動を終え、閉会式では交通安全協会と交通安全母の会の皆様から市長へ花束が贈呈されました。新座警察署長からも交通安全課長からも、県内でこのように市と市民が一体になって活動する自治体は珍しいとの挨拶が。これも市長が24年間「協働と連帯のまちづくり」を進めた結果と評価ができます。

市役所の勤務時間が終わってから、市長の退任式が行われました。大勢の市民の皆様と職員の皆様が出席する中、議長・副市長・教育長がそれぞれ須田市政を振り返り挨拶を。最後に市長が、24年間の市長職を終える挨拶が。

就任した平成4年は、バブルが崩壊後の財政が厳しい時で、やりたいことはたくさんあったが、行財政改革と経費削減の施策を優先したこと。三位一体の改革やリーマンショックの影響で度々経済状況が悪化する中、市として税収を伸ばすために、積極的に区画整理や地下鉄延伸、観光政策に取り組んだこと。行政の役目は住民福祉の向上であり、そのためにも豊かなまちにして、皆様からお預かりした税金で市民の皆様を守ることに一生懸命取り組んだと24年間を振り返っての重みがある言葉が続きました。

退任式後は出席者一人一人に握手をしてお礼を述べて送り出す、最後まで誠実な市長の姿を目にして、新座市の一つの歴史が変わることを実感しました。

明日からは、新しい市長の下、新たな新座市の歴史が刻まれていきます。須田市長が貫いた、市民の皆様との協働と連帯のまちづくりは、また新しい形で受け継げられることでしょう。本当に須田市長、24年間お疲れ様でした。

253251252254

コメントは受付けていません。

公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンクwww.city.niiza.lg.jp/
カレンダー
2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
公明党広報
サイト管理者
新座市 亀田博子