menu
バックナンバー 2016年 7月

天候が危惧される中、第12回馬場ふれあいまつりが開催、並木新市長と出席致しました。
並木新市長は、選挙のお礼と市政運営の決意、特に前市長が一生懸命取り組んできた地下鉄12号線の延伸活動への意気込みを訴えました。
昨日は土用の丑の日でしたが、今日1日遅れで食べましたが、近年鰻の稚魚の減少が原因で値が上がっていますが、もう少し手頃な価格で食べられるようになればと思います。
出掛けている途中、ネットニュースで千代の富士さんが急逝と。ウルフと呼ばれていた現役時代、貴乃花に敗れて涙で引退会見をしたこと等思いだします。相撲界の歴史が変わります。ご冥福をお祈り申し上げます。
先場所で稀勢の里が日本人横綱にと期待されましたが、残念ながら次の場所に持ち越されました。九重親方もきっと望んでいたことでしょう。
夜8時を過ぎるとあっと言う間に、都知事選挙の結果が。
残念ながら支援をしてきた増田候補の落選が報じられました。
いろいろある中、今日で7月が終わります。
忙しい1カ月でした。

地元野寺町内会主催の夏祭りに参加致しました。市内各地で同様のお祭り・盆踊り大会が開催されますが、ここの夏祭りはもちろん盆踊りもありますが、若い世代の皆様と子供たちが、よさこいソーラン節が夏祭りのメインになっていることです。
それぞれ練習を重ねて夏祭りの最後を飾る素晴らしい踊りに、毎年多くの地域の皆様が応援に。
今年はよさこいソーランを始めて20年と紹介が。練習を通じて、メンバーと地域の皆様が一体となった地元愛が溢れる一時です。
今年は、岡本三成衆議院議員が参加されましたが、残念なことに公務のご都合で、よさこいソーランの踊りをご覧になることができませんでした。また、来年ぜひ一生懸命踊る皆様の勇姿を見て頂きたいと思いました。
毎年、松本実行委員長をはじめとする役員の皆様のご尽力と併せて、すべての関係者の皆様に敬意を表するものです。
お疲れ様でした。

今日は、H28年度埼玉県市議会第5区議長会議員研修会に出席、研修会前後に時間を見つけて都知事選挙の増田候補の支援の依頼を。他候補を猛追していると説明し、先日清瀬駅での街頭演説の様子を話して訴えを。
最後まで支援してまいります。
今日は、各新聞にポケモンGO国内配信1週間の記事が。
すっかり社会現象になり、交通事故が多発、広島平和記念公園や国会の中にもポケモンがという内容にビックリです。
ある企業が10歳〜69歳の皆様を調査した結果が記事になっていました。
10代20代は50%強、50代でも41%の皆様が利用。
利用した結果、40.5%の方が、「外出する機会が増えた」、54.4%の方が 、「歩いたり運動する機会が増えた」
利用後何を買ったかは、12.2%の方が充電器、6.8%の方が、スニーカー等の靴を、8.0%のかたが外食することが多いと回答を。
良い事も懸念される事もありますね。ルールを守って楽しんで頂きたいと思います。
相模原市の障害者施設の事件の続報も。
今日の毎日新聞の、「障害者と社会 どんな命も輝いている」と題した社説に涙を。悲しい思いが続きます。
被害に遭われた皆様に哀悼の意を捧げます。

梅雨明けの1日、地域の皆様と対話を。精力的に農業を営んでいらっしゃるTさん宅を訪問すると、ご主人が珍しい野菜をあげるからと広大な畑で野菜をもいで下さいました。
「あ、袋がないか」とおっしゃるので、「持っていますよ」とバックに入れていたレジ袋を。最近、レジ袋が有料の店舗が増えたので、いつも車の中やバックに入れています。
ところが、よりによってやたらに大きなレジ袋だったので、Tさんから、「随分大きな袋だね」と言われて恥ずかしい思いをしました。
結局、あれやこれや数種類のお野菜と、奥様の手づくりのお漬物まで袋に入れて頂きずっしり。「もう大丈夫です」と何回もおことわりをしましたが、もぎたてのお野菜をたくさん頂きました。今度は、小さなレジ袋を入れておかなければと反省しきりです。
頂いた茄子と満願寺とうがらしを肉と炒めて夕食に。美味しかったです。
我が家は明日から野菜中心の食生活をと、せっかく手をかけて大切に育てた実りを大事に頂こうと思います。
畑に咲いているお花も頂き、早速飾りました。
今日も昨日の障害者施設の事件の続報が。現場になった施設にやまゆりの名が。
TVで見る限り、自然が豊かな場所のようでやまゆりが咲いているのかもしれません。
このような事件がなければ、名前のような優しさが溢れている施設なのでは。
やまゆりの花言葉は、荘厳・威厳・人生の楽しみetc‥。
何か釈然としませんが‥。
障害をお持ちの皆様の荘厳が守られなかったこと、恐怖に震えられたことと悲しい気持ちになります。

今日も涼しい一日、先週夫の経営する会社の決算処理が終わり、法人税と消費税を納付しました。この作業が終わるとホッとします。

ずっと忙しかったために家の片づけがおろそかになっていました。昨日から時間を見つけて少しづつ片づけを、でも片付けると言ってもほとんど捨てる事に。食器棚や引き出しには消費期限切れの食品がたくさんありました。公明党の竹谷とし子議員が国会で食品ロスについて何回も取り上げ、今や国をあげて食品ロスをなくす施策を展開しているのに・・・。ゴミ袋に入れながらつい竹谷議員の顔を思い出してしまいました。

現在は、夫と自分の二人分しか調理しないので、お肉の少量パック、野菜も根菜類は小袋の物を買いますが、それ以外はキャベツ半分とか大根1/3とか、きゅうりやなすやトマト、ピーマンは一本・一個買いを。最近は高齢社会に対応しているのでしょう、色々な食材が少量で売られるようになってきました。ところが乾物になると種類が限られているため、例えば乾麺や調味料等、気づいたら消費期限切れに。でも本当にもったいないので、今日を境に我が家でも食品ロスがでないように頑張ろうと痛感しました。

都議選の行方の報道の中で、昨日の障害者福祉施設の事件の報道が相次ぎ、今朝は犯人が送検される様子をTⅤで目にしましたが、護送車の中で不敵な笑みを浮かべている顔にぞっとしました。お亡くなりになった皆様、切り付けられ病院に搬送された皆様、どれだけの恐怖感があったでしょうか、そしてどれだけ痛かったことでしょうか。

今日、「全国手をつなぐ育成連合会」が事件に対しての声明を発表されましたが、涙なくしては読めません。今日の読売新聞の朝刊では、歌人の島田修二氏が、生まれてきた長男の両足に障害があると分かったとき詠んだ句が紹介されていました。

「誰よりも永生きをせん病める子に語らねばならぬこと多く持てば」

271272東京都知事選挙投票日まで残り3日、さまざま政策が論じられていますが、障害をお持ちの皆様に寄り添った政策の候補者の当選を願うものです。東京都知事選挙では、増田ひろや候補を応援しています。

昨日惜しまれつつ退任した須田前市長に替わって、並木新市長が入庁式を。今日も大勢の市民の皆様、職員の皆様が大きな拍手で出迎えました。

副市長と教育長を挟んで満面の笑みの並木市長が就任のご挨拶をされました。かなり緊張されていたようです。並木市長とは、当選が同期で、2月まで20年間市議会議員として共に住みやすいまちづくりのために働いてまいりました。新市長として、ベテランの前市長の後ですから、大変な事ばかりかとは思いますが、並木さんらしく明るく前向きに頑張って頂きたいと心から思います。議会の中でずっと「まさるちゃん」と呼んでいましたので、早く「市長」を呼べるように気を付けたいと思います。新市長に大いに期待いたします。

また、市長選挙と同日の投票日だった参議院選挙で当選した、公明党の西田まことさん以下14名が今日から任期が始まります。全県の皆様のご支援を頂き当選させて頂いた西田まこと参議院議員も今日から3期目にスタートです。誠実な西田さんです。3期目も全力で仕事をされることを確信しております。

そうした中、朝起きたら驚くような事件の報道が。神奈川県立の障害者施設で惨劇がおこり、19名の入所されている方がお亡くなりになったそうです。元職員の男性が計画的に殺人行為を。

事件の背景は?犯行は防げなかったのか?これからの障害者施策に影響はないのか?徐々に明らかにされてきた事件の真相が、より闇が深くなんとも言葉にできない悲しみです。世界各国でも、「あの治安が良い日本でなぜ?」と大きく報道されたそうです。TⅤでは戦後初めての凶悪な事件と報道。

お亡くなりになられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。障害をお持ちの皆様が住みやすい街に、そして障害があるなしに関わらず、暮らしやすい日常をと心から望んでおります。

263262261264

現須田健治新座市長の任期満了の一日、朝から「夏の交通事故防止週間」の終了に伴っての啓発活動が。

市長を中心とする「新座市交通安全協議会」と新座警察署が一体で、市役所付近での活動を終え、閉会式では交通安全協会と交通安全母の会の皆様から市長へ花束が贈呈されました。新座警察署長からも交通安全課長からも、県内でこのように市と市民が一体になって活動する自治体は珍しいとの挨拶が。これも市長が24年間「協働と連帯のまちづくり」を進めた結果と評価ができます。

市役所の勤務時間が終わってから、市長の退任式が行われました。大勢の市民の皆様と職員の皆様が出席する中、議長・副市長・教育長がそれぞれ須田市政を振り返り挨拶を。最後に市長が、24年間の市長職を終える挨拶が。

就任した平成4年は、バブルが崩壊後の財政が厳しい時で、やりたいことはたくさんあったが、行財政改革と経費削減の施策を優先したこと。三位一体の改革やリーマンショックの影響で度々経済状況が悪化する中、市として税収を伸ばすために、積極的に区画整理や地下鉄延伸、観光政策に取り組んだこと。行政の役目は住民福祉の向上であり、そのためにも豊かなまちにして、皆様からお預かりした税金で市民の皆様を守ることに一生懸命取り組んだと24年間を振り返っての重みがある言葉が続きました。

退任式後は出席者一人一人に握手をしてお礼を述べて送り出す、最後まで誠実な市長の姿を目にして、新座市の一つの歴史が変わることを実感しました。

明日からは、新しい市長の下、新たな新座市の歴史が刻まれていきます。須田市長が貫いた、市民の皆様との協働と連帯のまちづくりは、また新しい形で受け継げられることでしょう。本当に須田市長、24年間お疲れ様でした。

253251252254

昨日、いつもお世話になっているKさんから道路についてご要望を頂き現場を確認に。近くに百日紅の花が綺麗に咲いていました。花もちが良いので、長い間通行する皆様の目を楽しませていることでしょう。夏ですねー。近接している練馬区の中央公園の水で遊べるスペースでは小さい子供たちがキャーキャーと水遊びを。

今日のNHKのニュースで、埼玉県が「女性活躍推進ハンドブック」を作成して、県として女性の活躍をさらに応援すると報道が。

埼玉県は以前よりウーマノミクスと名づけて女性政策を積極的に進めてきました。ウーマン(女性)エコノミクス(経済)を合わせた造語で、女性の社会進出の支援に力を入れてきて、一年に一度、活躍した女性や団体に対して「さいたま荻野吟子賞」で憲章をしてきました。埼玉県出身で日本で最初に公認女性医師になった「荻野吟子さん」の名前を冠した賞です。

先日、毎週見ているTⅤ番組「カンブリア宮殿」の次週のゲストが、県内三芳町にある石坂産業株式会社の石坂典子社長だったと思い出しました。

以前、近隣の公明党の議員で、同社を視察させていただき、その際先頭に立って社内をご案内頂いたとても素敵な社長さんです。お父様が始めた産業廃棄物処理の会社の社長を引き継ぎ、社内でのリサイクルに力を入れ、また広い会社の敷地内に環境に配慮したスペースを作り、積極的に地域の皆様に開放し、女性社員の就労条件の改善を進めて、女性が働きやすい職場づくりにも独自の工夫をされています。H20年には、会社として「荻野吟子賞」を受賞されています。

男女協働参画といっても、まだまだ女性の負担が多く、少しづつ少しづつでも女性が働きやすい、女性が住みやすい、そして輝く社会へと県も市町村も企業も今まで以上の努力をと思います。石坂産業様のような企業が拡がりますように。TⅤを楽しみにしています。

242243244241

天候に恵まれ、大江戸新座まつりが、“ふるさとにいざ館”を中心に盛大に開催されました。
本間吉勝実行委員長を始めとした実行委員の皆様が数ヶ月前から準備を。
嬉しいことに、当選を果たした西田まこと参議院議員が来賓として駆けつけて下さり、選挙後始めてお目にかかったのでみなさん大喜びで写真・写真を‼️
そして創価グロリアジュニアの皆様の演奏もまつりに花を添えて頂きました。
素晴らしい演奏と、凛とした勇姿に感激致しました‼️
ステージでのパフォーマンスと、4時から交通規制をかけて各連の阿波踊りやヒップホップダンスが披露されました。
実行委員会を、市・県・新聞社etcが後援して、新座警察署の応援を頂きでの開催です。
阿波踊りの新座市役所連では、勇退を控えた須田健治市長が最後の踊りを。
間近で、にこやかに踊る市長の姿に何とも言えない思いが‥。
市議団からも、白井・鈴木・野中・佐藤議員が安藤県議と共に実行委員として参加させて頂きました。
みなさん本当にお疲れ様。
まつりはまだまだ夜まで続きます。そんなに暑くなくて良かったですね〜。
また、いろいろな苦労話しを聞かせてくださいね。

雨模様の中、大阪府貝塚市議公明党の皆様が新座市に視察にお見えになりました。視察項目は「地域担当職員制度」について、FBでお知り合いになった谷口議員にお目にかかり、皆様と視察の前後にいろいろ情報交換ができ有意義な時間を。

市長・議長が歓迎のご挨拶をさせて頂き、ご一緒に写真を撮りました。現市長は、24年前市長に就任して以来、他市から視察にお見えになる皆様に、時間が許す限り出向いてご挨拶を続けてこられました。少しでも視察に来られた皆様に、新座市の施策を理解して頂き、参考にして頂きたいとの思いからです。今日も、新座市長として、「連帯と協働のまちづくり」を進め、県内で一番ボランティア団体が構成され、市政にお力を頂いていること。今回の視察項目の導入に向けたご自身のお考えや、市の職員の皆様に期待していること等のご挨拶を。

市長ありがとうございました。貝塚市の皆様お疲れさまでした。

また今日は国際交流協会の会員本間吉勝様から新座市に750本の牡丹の苗木の寄贈式が行われました。新座市は中国済源市と姉妹都市の締結をして、以前より交流を深めてまいりました。昨秋、済源市の市長を始めとする交流団の皆様が来訪され、今年の5月には、新座市の国際交流協会の皆様と一緒に団長として市長が訪問されました。

その際、済源市では新座市のために桜をたくさん植えて桜の公園を作っていただいたとのこと。済源市から、ぜひ新座市内に友好の証として牡丹園を作って頂けないかとその時に望まれて、交流団の一員として参加された本間吉勝様が今回私費で新座市に寄贈することになったようです。

本間様は私自身いつもお世話になっている、精力的に事業を展開されている若き実業家の方です。ご厚意で寄贈された牡丹で作る牡丹園が、中国済源市との友好の輪をさらに広げることでしょう。また、新座市の新たな名所になることが期待されます。

中国の国花である牡丹が咲き誇る様子を楽しみにしております。現市長への最後の大きなプレゼントになりました。本間吉勝様に心から感謝申し上げます。

223222221

公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンクwww.city.niiza.lg.jp/
カレンダー
2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
公明党広報
サイト管理者
新座市 亀田博子