menu
バックナンバー 2016年 4月

明日から5月です。新座市は、今まで市の広報を町内会を通じて配布して頂いていましたが、5月号からシルバー人材センターへ全戸配布委託に切り替えました。

各町内会では、町内会に加入していない世帯にも配布するようにご努力をして頂いていましたが、町内会加入未加入に関係なく、市の広報は全世帯の皆様がご覧になる権利も町内会加入率が70%弱という実態もあり、シルバーに委託することにしました。

市として一番の情報発信のツールで、いくらITが進み、紙媒体の情報よりSNSの情報が瞬時に伝わると言っても、市の広報が頼りになります。広報だけではなく、各種検診のスケジュールがわかる健康カレンダーや、ごみカレンダー、また年4回の議会報など、広報と同送で配布していただく情報も多く、5月号からの全戸配布がスムーズに実施されるか気になるところです。市としていくら素晴らしい施策を実施していても市民の皆様に伝わっていなければ何もなりません。今回の市がとった判断が、より市民の皆様の生活向上につながりますように願っています。

熊本地震から2週間以上経ち、やっと仮設住宅の建設が始まったと報じられています。まだ、余震が続く中、一日も早い終息と生活再建がすすみますように祈る気持ちです。

昨日からGWがスタートしましたが、北海道では雪が降るニュースが。花粉症に悩まされていましたが、やっと一息ついたようでホッとしていると同時に新緑が眩しい活動的な季節になります。7月を目標に頑張ってまいります。

春休み遊びに来た孫のRちゃんと購入した花が可憐に咲き始めました。

301 302 303

朝から強風が吹き荒れた1日、地域のご相談の対応後、福永県議を始めとするエレキ・アゲイン実行委員会主催の「第12回エレキアゲイン」に参加するため川越へ。
会場のウエスタ川越の大ホールにぎっしりの観客の皆様、ブルージーンズの現役ミュージシャンを含めたドリームバンドの演奏がたっぷり2時間。
一階席がいっぱいで二階席でお聞かせ頂きました。
すごい迫力と、素晴らしい演奏にビックリ!大満足でした。
懐かしいベンチャーズのメロディも、GSのメロディも感激致しましたが、“運命”と“津軽じょんがら節”は圧巻でしたね〜。
福永県議のご尽力なのでしょう、7月の参議院議員選挙予定候補者の西田まこと参議院議員が挨拶、来賓として自民党のお二人の県議、川越市長もご挨拶。
来賓のお三方から、「西田まこと参議院議員の大勝利を」と力強い訴えがありました。
準備に当たられた皆様のご努力に敬意を表すると共に、12回も続けてこられた事に驚きです。
もう来年の日程が決められ、2017年5月5日午後5時からとの事です。
何もお役に立てず申し訳ない思いですが、一観客として楽しみにしています。
関係者の皆様、そして素晴らしい演奏をお聞かせ頂いたドリームバンドの皆様お疲れ様でした。

朝から冷たい雨の一日、多くの皆様と対話を。
ご高齢でもいつも地域のために活動されているHさんから羨ましいお話しを。
長女のHさんを筆頭に、4人の姉妹がお元気で、5月に一泊で旅行に行くそうです。
今各地で介護予防の一環で「健康マージャン」が行われていて、たまたま4人ともできるので楽しみにしているとか。
Hさん曰く、若い時は家族のために忙しく、みんなで旅行どころではなかったが、今は時間を見つけて4姉妹で楽しむ機会ができ嬉しいと話されていました。
私自身は弟しかいませんし、女性の兄弟って良いのでしょうね〜。
そうした中、今日もfacebookやTwitterでも、新聞でも熊本地震の話題が。
1000回以上の地震で体調を崩されている方のニュースが。
傘を持ったくまモンのショットが可愛いくてシェアさせて頂きましたが、1日も早い終息を!
これから久しぶりの女子会(?)に参加します。
参加者は、くまモン似のメンバーです。

今日、全員協議会が開催され、20日交通政策審議会の答申と、今後の大江戸線の延伸について、市長から説明がありました。
新座市の将来を占う延伸、答申では「光が丘から東所沢までの延伸(一体整備)については、東京都と埼玉県に跨る路線であるため、関係地方公共団体が協調して事業主体を含めた事業計画について検討が行われることを期待。」
説明後、質疑応答の中で、埼玉県と東京都で検討をして頂くように、知事に対しての働きかけ等、市長の考えが。
今後の成り行きを見守りたいと思います。新座市の将来を占う延伸ですから、東京都と埼玉県の事業計画について前向きな検討をと思います。
今日の埼玉新聞で、10月にさいたま新都心に造幣局が開局と大見出しで記事が。
博物館を併設し、長さ200mのサクラ並木も植樹し、大阪の造幣局のサクラ並木のようにと考えているようです。
見応えあるサクラ並木になるには、かなり年月がかかりますが、東京都にお住まいの皆様も地下鉄で鑑賞にお出で頂きますように、そして造幣局が埼玉県の新名所になりますようにと思いながら記事を読みました。
延伸はどうなるでしょうね〜。

昨日、2020年オリンピックエンブレムが決定。「組市松紋」作品の狙いは『市松模様をモチーフに伝統の藍色で日本らしさを表現』。
今日のニュースで早速市松模様の商品が売れ出していると。
そうした中、明日にでも九州新幹線が全線運転再開のニュースも。今回の熊本地震で、新幹線の脱線対策が遅れていたことが明らかになりました。
「脱線防止ガード」や「逸脱防止ストッパー」が、必要と考えられるが、JR九州の取り組みが遅れていただけではなく、JR各社も課題を突きつけられたと報じています。
また、災害弱者と言われる皆様への対応も明らかに。夕刊の一面に「障害者の避難所不足」と大見出しが。
福祉避難所として指定しているうち開設が2割、益城町は指定した5ヶ所全てが開設できず、阿蘇市も受け入れ協定を結んでいた17施設の受け入れはゼロ。
暗澹たる報道に悲しい思いを禁じえません。
一人一人平等で、行政の援助が受けられますように心から願うものです。

新座市では4月から、市民の皆様へ、スマホやタブレット端末からQRコードを読み取ってダウンロードできる『ごみ分別アプリ』を無料配信しています。
昨年の会派の提案を受け事業化されました。
埼玉県内で同様のアプリを導入している自治体がいくつかあるものも、新座市では英語・中国語・韓国語にも対応しており、外国籍の市民対応は県内で珍しいとか。
今日、会派全員で担当職員の皆様から説明を受けました。
地域指定すれば、我が家のゴミカレンダーが表示され、設定すればアラームが鳴り、ゴミ出し忘れを防げます。
また、389種類のゴミの種別が一覧で分かりやすく、関係機関や事業所の連絡先、ゴミに関してのお知らせが随時更新できるすぐれものアプリです。
新座市は、県内1ゴミの搬出量が少ないのですが、アプリ導入で、より分別に対しての意識向上が期待されます。
多くの市民の皆様にダウンロードして欲しいです。
今日の公明新聞に、昨日山口代表自ら熊本地震の救援募金を呼びかけている記事が。
復旧復興へ力強く!
1日も早く地震前の日常が戻ることを願います。

今回の熊本地震で、宇土市役所が被災し、職員の皆様が市役所隣接の別館、駐車場の仮設テント、体育館に移ったとの新聞報道が。2003年度の耐震診断で「震度6強で大きな被害の可能性が高い」とされたが、対策が先送りになっていたと。新座市も同じ耐震診断の結果が出て、2年間検討して、新庁舎建設の判断をして、今建設中のため、人ごとではなく複雑な思いを致しました。
防災拠点となる全国約19万棟の耐震化率のうち、自治体庁舎は74.8%(2015年3月現在)、財政事情が遅れの原因とか。
宇土市役所も、もちろん大きな課題だったことでしょうが、数え切れない行政課題を抱え、耐震化への取り組みができなかったのでしょう。
こんなに大きな地震は想定外だったのでは。
また、各自治体のBCP策定の取り組みにも課題があったと報じています。
今回の地震で、建物の耐震化とBCP策定の重要性が改めて明らかになりました。
まさかという事態が起きたのですが、いざという準備がいかに大切か痛感している自治体も多いことでしょう。
宇土市役所のHPでは、義援金の呼びかけが。1日も早く業務に支障がなく行政運営ができますように願っています。

熊本には、公務を含めて5、6回お伺いしています。熊本の皆様の誇りでもある熊本城までも被害に遭ったことは、地元の方のみならず悲しいですね。
今日のニュースで熊本空港や新幹線の一部運転再開で、多くのボランティアの皆様が被災地にと報じていました。
交通網の復旧が少しずつ進み、被災地の皆様にとってお力になりますように願います。
地域を回っていて、最近気になるのが、『ナガミナデシコ』が、あちらこちらに咲き出していることです。
以前、テレビで『ナガミナデシコ』についてニュースで、外来種で繁殖力がすごく、日本本来の植物の生態系を壊すと。
それまで、なんとなく見ていたのに、そのニュースを見てから、「あっ!あそこに咲いてる」「あっ!こっちにも」と目の敵のように思うようになりました。

気のせいか、年々道路の脇や空き地や少しの隙間にも増えてきたような気がします。

そのうち、町じゅう『ナガミナデシコ』だらけになるのではと考えてしまいます。心配し過ぎでしょうか。綺麗は綺麗ですが・・・・。

午前中、「東部第一地域包括支援センター」を訪問後、地域の皆様から託された要望書を持参して市長と面会を。
昨日の選挙管理委員会の会議で、新座市長選挙の日程が、7月3日告示10日投票と決定、現市長の進退について、市民の皆様の関心も高く、市長のお考えをお聞かせ頂きました。
地下鉄延伸の可能性について、市長のお考えもあり、もう少し時間をとの市長のお話し。
いずれにしても、参議院議員選挙と市長選挙のダブル選挙になる可能性もあり、これからの動向に注目してまいります。
その後、お世話になっているTさん宅や企業訪問を。
今年初めてTさん宅で、鯉のぼりを見ましたが、あいにく風が吹いていなかったので、縦長の鯉のぼりがなんとなくのんびりしているように‥‥。
そんな季節になったのですね〜。
朝刊の見出しに、大きく「本震 崩れた常識」とあり、今回の熊本地震を連鎖地震として検証が始められましたが、未だ行方不明の方がおり、余震が続く日々。
水道が出るようになって喜ばれている地域の被災された皆様の様子をニュースで目にして、当たり前の日常に感謝をしなければと思います。
1日も早い終息を。そして復旧復興を‼️

昨日から、市議団全員と安藤県議が分かれて市内6か所の地域包括支援センターを訪問、今後の「地域包括ケア」に向けて意見交換やご要望をお聞きしています。

今日は、社会福祉法人新座福祉会に委託している「東部第2地域包括支援センター」を滝本議員と野中議員と3人で訪問いたしました。現場に伺わないとわからないことばかり、介護予防について、認知症への対応、総合事業について・・・。貴重なご意見をたくさんお伺いいたしました。

全支援センターを訪問後、市議団で意見集約をして、議会での政策提言や内容によっては、市・県・国への要望活動につなげてまいりたいと考えています。

意見交換の中で、高知県で始まった「100歳体操」を市を通じて紹介があり、取り入れたところ大変好評がとお褒めをいただきました。「100歳体操」とは、アメリカの専門機関が始めた、高齢者の筋力をつけて介護にならない体操で、重錘バンド(おもりを付けたバンド)を利用してゆっくり腕を動かしながらの行い、新座市として障害者団体に重錘バンドの作成して頂いています。市内の障害者の皆様の就労の機会にもなり、高齢者の皆様に喜ばれているお話をお聞きしてとても嬉しく思いました。

今日も熊本地震の行方不明者の懸命な救助が続いていましたが、非情の雨で救助が中断との報道が。

避難所には各地からボランティアの受け入れが始まりましたが、いまだ余震が続き不安な日々が。

そうした中、九州新幹線が、昨日の一部運転再開に続き、博多から熊本まで安全を確認して、早ければ23日にも運転が再開とのニュースが。一日も早く地震の終息と復旧に向けた取組が始まりますように願っています。

211 212 213

 

公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンクwww.city.niiza.lg.jp/
カレンダー
2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
公明党広報
サイト管理者
新座市 亀田博子