(^)o(^)田原しげるのツイッター
外部リンク
サイト管理者
日野市 田原茂
taharasg@fuji.email.ne.jp
バックナンバー 2014年 3月
image00_9.jpg image01.jpg

今日は午前と午後2ヶ所の開所式に出席いたしました。
先ず午前10時より日野市旭ヶ丘の旧かしの木荘跡地に建設された「日野市発達・教育支援センター」の開所式に出席いたしました。
この施設は子どもの育ちについて不安のある保護者等に対し、福祉分野と教育分野が一体となって、継続した支援を行っていく施設です。
福祉と教育が一体となって支援していくシステムは大変珍しく注目が集まっています。
午後1時半からは、新井863-13に保育所と医療施設が一緒の施設に入る所謂医療福祉複合施設」「フェニックス」の開所式に出席いたしました。
この保育所は高幡保育園が土地の関係で廃園になることに伴い、民間の力を借りて、民間の福祉法人が運営する保育園に生まれ変わるものです。
合わせてクリニックも併設されることから病児病後児保育としての機能も併せ持つことになります。

image00_8.jpg

今日は朝6時45分より8時まで、豊田駅北口にて駅頭演説を行いました。
少し雨がぱらつきましたが、なんとか8時まで本降りにならずに演説を終えることができました。

26日は一般会計予算特別委員会の最終日に当たり、教育費及び総括質疑を行いました。
総括質疑が終わったたころで、共産党会派より一般会計予算の編成替えを求める動議が提出されました。財政調整基金を取り崩して、がん検診や、ミニバス等の充実や、ゴミの共同処理の準備経費を削減する内容となっていました。
私は公明党会派を代表して、まずは財政調整基金の安易な取り崩しは許されないとことを主張し、がん検診や、ミニバス等の事業も少ない予算で効果的な事業を行うもので、財政調整基金を取り崩して行うべきものではないと訴えました。さらにゴミの3市共同処理は既に、環境アセスメント等の準備経費は昨年の12月議会で認められているので、更に前に進めるためにも、26年度予算に計上されている準備経費の削減は許されないと訴え反対意見といたしました。
結果的にこの共産党会派から出されていた編成替え動議は否決されました。

今日は民生費、衛生費、労働費、農業費、土木費の審議を行いました!
特に衛生費では昨年の暮れに署名活動を展開した、ピロリ菌検診について平成26年度予算に計上されており、また自己負担は無い形で実施したいとの答弁でありました!
なお40歳を対象者とするとのことでありました。

今日から一般会計予算特別委員会が始まりました。私の他は窪田議員と大塚議員が一緒です!
日野市公明党の要望が随所に散りばめられた予算となっています。

image00_7.jpg

今日は所用であきる野市へ行ってきました。
梅が鮮やかに咲いていました。

image00_6.jpg

今日は朝6時45分から7時45分まで、豊田駅北口にて駅頭演説を行いました。
今日は現在開会中の3月議会のお知らせと共に、14日に行った一般質問の内容についてお話しいたしました。

attachment00.jpg

3月14日午前10時前に一般質問に立ちました。
今回は「超高齢社会を生きるために」と題して一般質問を行いました。
大きく3点について質問いたしました!
1点目は高齢社会に対応した交通網整備について
2点目は終(つい)の住処(すみか)について
3点味目は転院支援情報システムについて
以上3点について市の姿勢を質しました。

image00_5.jpg

今日は市長より平成26年度へ向けて、所信表明があり、それに対して各会派より代表質問が行われました。公明党を代表して私が代表質問に立ち、課題となっている諸問題について、質問いたしました。

今日から新しい任期としての議会が始まりました。
始めに議長、副議長選が行われ議長には民主市民クラブの菅原直志議員、副議長には自民民主党日野市議団の梅田俊幸議員が就任いたしました。
また常任委員会の所属も決まり、私は民生文教委員会に所属することになりました。
また議会の中でも要中の要である議会運営委員会の委員長に馬場賢司議員が就任いたしました。
これから議員5人団結して頑張っていきます!