Twitter
外部リンク
サイト管理者
日野市 大塚智和
koume-otsuka@jcom.zaq.ne.jp

Archive for 2010年 12月

ご支援を賜りました全ての皆様に感謝
本年2月初当選以来、私を支えてくださった地域の皆さまに 年末のご挨拶をさせて頂きました。
今日が今年最後の挨拶回り、皆様にとって来年は良い年でありますよう心からお祈り申し上げます。

ご支援を賜りました全ての皆様に感謝
本年2月初当選以来、私を支えてくださった地域の皆さまに 年末のご挨拶をさせて頂きました。

地域の方から要望がありました、南平4丁目内にカーブミラーを設置工事が完了しました。これからも安全・安心の街づくりに全力で取組んで参ります。

ご支援を賜りました全ての皆様に感謝
本年2月初当選以来、私を支えてくださった地域の皆さまに 年末のご挨拶をさせて頂きました。

夜は南平地域自治会主催の夜回りに参加させて頂きました。
地域の防災、防犯に自治会の皆さま、子ども会の子どもたちも参加して
毎年実施されております。寒い中 本当にお疲れ様です。

ご支援を賜りました全ての皆様に感謝
本年2月初当選以来、私を支えてくださった地域の皆さまに 年末のご挨拶をさせて頂きました。

西東京市議選 公明党候補6人 全員当選
来春統一地方選の前哨戦として注目の西東京市議会議員選挙が行われ、公明党6候補全員が当選!!
民主党は現職5人・新人2人の計7人が立候補したが、現職4人が落選し、当選は3人にとどまり、惨敗!
11月21日の千葉県松戸市議選、12月12日の茨城県議選に続く、首都東京 とりわけ管首相のお膝元と言われる西東京市での結果は、有権者の
「民主離れ」を決定づけた。
今回、応援をさせて頂いた新人の大林議員共々、どの党にもない、チームワーク公明3000の庶民のため政治を貫いて参ります。
最後に西東京市議選 公明6候補全員当選 本当におめでとうございました。!!

青色回転灯防犯パトカーに試乗させて頂きました。
警察官OBによる青色回転灯付きパトカー(白黒ツートン)が市内全域をパトロールしている現場を確認させて頂きました。

午後からは今年お世話になりました地域の皆さまに感謝の意を込め挨拶をさせて頂きました。

いよいよ 西東京市議選も最終日となりました。
私も時間の許す限り、西東京に応援に行って参りましたが、今日が最終日!!
今朝はこの冬一番の冷え込みとなっておりましたが、寒さをものともせず大林候補そして支持者全員が最後のお願いに力の限り市内を駆け巡っておりました。
写真は大林候補!遊説最後の打上げ演説。大林候補の大勝利!公明候補6人全員の勝利を確信しております!!

南平2丁目40番~46番付近に沿って市道の舗装保全作業が完了
急斜面に加え、以前から路面の凸凹が危険視されておりました、市道の路面修復舗装作業が終了致しました。
今後、北野街道交差点までの車道、歩道を整備していくため、市道保全計画を構築し、さらに整備を進めていく予定です。
これからも、安全・安心の街づくりに全力で取り組んで参ります。

西東京市議選 今日告示!
いよいよ 今日19日 西東京市議選が告示されました。
 写真は大林候補 事務所前第一声と西武線ひばりが丘駅頭演説に山口代表と竹谷とし子参議院議員、大林候補はじめ6人の候補者の雄姿です。
 私は、新人の大林みつあき候補の応援でここ数カ月 時間の許す限り西東京市へ行っておりました。
大林候補の姿を見ておりますと、ちょうど10カ月前の自分を見ている様でした。昨年の今頃は、とにかく市民の皆さんにお会いし、語り合い
思いを訴えておりました。それまで経験のない、駅頭や街頭での演説とか、もうガチガチの自分が懐かしく思われます。(今でも緊張してますけど)
 ご支援頂いた皆さまに感謝の思いと、恩に報いる姿勢は、生涯、絶対に忘れてはいけないととの思いを持ち続けて参ります。
大林候補!絶対勝利を!! がんばれ大林!!

今本会議一般質問にて、公明党窪田議員の質問で明らかになった「日野市の予防ワクチン」についてお知らせ致します。
この取組については、自公政権の時から公明党が取り組んでいた、まさに国民の声を実現した政策です。
以下 今回の日野市の答弁を要約します。
要旨→小児用肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチン、子宮頸がんワクチン接種の助成への日野市の取組はどのようになっているか。
答弁→現在任意予防接種として実施されている小児用肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチン、子宮頸がん接種については、今国会で決定した
子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進臨時特例交付金を活用し、実施に向け準備をしている。
■乳幼児の早期に接種することが必要な小児用肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチンの2つのワクチンについては、早期に開始するため、本会議
 に追加補正予算の議案として上程。来年の2月からの実施を予定している。
■子宮頸がんワクチンについては、来年の4月から実施を予定している。
要旨→3つのワクチンの接種対象者の見込みと、費用、接種方法について
答弁→小児肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチンの接種対象者は、国が対象とする2カ月から4歳までの乳幼児とし、子宮頸がんワクチンの接種
    対象者は中学1年から高校1年までとする。
   ■接種費用については、国が9割を公的にカバーするようにと言っているので、現在のところ保護者の自己負担額は1割程度を予定して
    いる。
   ■予防接種の接種方法は、個別による医療機関での接種を予定している。

概要は以上の通りです。