Twitter
外部リンク
サイト管理者
日野市 大塚智和
koume-otsuka@jcom.zaq.ne.jp

公明党日野市議団として、馬場市長に「熱中症対策」についての要望書を提出致しました。

熱中症対策についての要望書

日野市長 馬場弘融 殿

関東などが梅雨明けした7月17日以降、日本列島は連日の猛暑に見舞われ、最高気温が35℃以上の「猛暑日」を記録する地域が急増し、熱中症にかかる方も急増しています。その上で、公明党日野市議団として、下記の通り、熱中症対策の強化を要請します。

1.医師会と予防対策を早急に検討した上で、市のホームペー         ジ、広報車で熱中症対策を市民に訴える事。

2.保険師や民生委員、高齢者見守りネットワークを通じ、乳幼児のいる家庭、独居高齢者世帯へのチラシ配布を行う事。

3.最高気温が35℃以上の日が続いたときには、防災無線で注意喚起を行う事。

4.熱中症による死者や救急搬送者数の把握につとめるとともに、随時防災安全情報としてメール配信する事

平成22年8月2日(月) 公明党日野市議団

まだまだ猛暑、酷暑の日が続く予報となっております。

皆様どうか、熱中症には特段の注意をして頂きますよう御気を付けください。たとえ室内にいらしても、水分と適量の塩分補給をお忘れないように!!

・本日も市民相談のため、地域を回らさせて頂きました。

・6月に体調を崩されたご婦人の方、度々ご訪問させて頂いておりましたが、かなり復調されたご様子を拝見させて頂き、安堵致しました。どなた様も、まだまだ厳しい日差しが続きます。くれぐれもお身体 ご自愛ください。

コメントは受付けていません。