Twitter
外部リンク
サイト管理者
日野市 大塚智和
koume-otsuka@jcom.zaq.ne.jp

Archive for 2010年 7月

地域の方からのご要望が実現致しました。

南平地域を回らさせて頂いている時に、街灯設置のご要望がございました。

すぐに現地調査をさせて頂き、近年不審者出没など情報を収集し夜間の通行に支障を来していた事を確認。市へ要望しこの度、街灯設置となりました。これからも、安心安全のまちづくりの先頭に立ってまいります。

その他、市道に関する整備について、行政担当課へ打ち合わせを実施。

今日、個人宅、企業へ感謝の挨拶をさせて頂きました。その中で精密機械製造業の会社を訪問の折、大変に嬉しい情報を頂きました。

中小零細企業の売り上げで、日本で一番は何処?との問いに、ほとんどの方は「大田区蒲田」とお答えになると思いますが、実は今回何と「日野市」が東京都で一番になったんです。(売上高)東京都で一番であれば、日本で一番!!

市 内一部上場の企業も含んだ売上高だそうですが、何といっても中小企業の製造業の売上高がものすごく伸びたとの事。宇宙関連事業、付加価値の高いonly  oneの商品など、日野市においてそうした企業がとにかく頑張っている。私も長い間、精密機械製造の会社に身を置いておりましたので、本当に嬉しいお話で ありました。

今、日本の財政再建を目指す上で、企業の業績を伸ばして行く事が急務であると、これまで中小零細企業が日本の経済成長を支えてきた事は、だれしもが認めている事です。今回の訪問の最後に「日野市」から日本を元気にとの勢いで頑張ってくださいとお伝えさせて頂きました。

今日もご支援頂いた、個人宅、企業への挨拶に回りました。皆様から頂く激励の中に、「これからの国政における公明党の存在に期待をしている」とのお言葉を頂きました。公明党は「チーム3000」の底力で、与党の迷走を正していきます!!!

日々地域の皆様からいただく相談内容には、地域の街づくりに関する事や、今、日本が抱える国情を反映した内容など、多岐にわたっております。まさに庶民の声を政治に反映!!私も公明党議員の一人として、一人でも多くの市民の皆様の声を市政、都政、国政へと繋げて参ります。

今日も支持者の方への感謝の報告をさせて頂きました。

支持者である商店のご主人との語らいで、個人商店とはどこまでも地域密着でなければならない。時にはお客様の悩みの 相談を2時間、3時間と聞いてあげる事もあるとのお話を伺いました。地域の商店街とは単に商売だけでなく、人と人とが血のかよった関係にあると言う事を実 感し、商店街の活性化は街づくりに大変重要な課題である事を痛感しました。

さらに、最近は精神的に追い詰められ、うつ的症状の人が本当に増えているとの話しもあり、あらためて、公明党の提案する「新しい福祉」の中で、うつ病や不安障がいなどに対する総合的な対策を訴えさせて頂きました。

深刻化する心の病に対応する事は、行政もさることながら、社会全体で取り組めるしくみを作れる様頑張って行きます。

南平地域でご要望がありました、市道側溝のふた不具合について、今日 市の担当課において、対応して頂きました。

今朝は南平駅から感謝の報告をさせて頂きました。その後、支持者の皆様にも感謝の報告をさせて頂きながら訪問をさせて頂きました。「よかったねぇ!公明党!!期待をしてるよ。とにかくブレないで 頑張って!!」など 勇気100倍の激励を頂きました。

何としても、そのご期待に応えていく様 あらたな決意で進んで参ります。

市民の皆様から頂くご要望には、即行動!!行政との協議検討には現場第一で、生の声を伝えていく。今日もその姿勢で対応させて頂きました。これからも安心・安全の街づくりに全力で取り組んで参ります。

激戦を勝ち取った今回の参院選 一夜明け地域の皆様に報告をさせて頂きました。

第22回参議院通常選挙は11日、投開票された。公明党は選挙区で埼玉選挙区の西田実仁氏、大阪選挙区の石川博崇氏、東京選挙区の竹谷とし子さんが当選。比例区では、秋野公造、長沢広明氏らの6氏 が当選した。今回の参院選では民主党政権に対する国民の審判が初めて下されたが、同党は改選議席を減らし、連立与党で参院の過半数を割った。選挙戦で公明 党は「声の届く政治」を掲げ、「新しい福祉」「クリーンな政治」の実現を強く訴えた。争点となった「消費税」についても、「国の借金を穴埋めするための増 税には反対する」と明確に主張した。公明党に対し、献身的なご支援を頂いた党員・支持者ならびに創価学会員の皆さまに心から感謝を申し上げます。