Twitter
外部リンク
サイト管理者
日野市 大塚智和
koume-otsuka@jcom.zaq.ne.jp

Archive for 2010年 6月

一般質問の日程が終わり、これから各種委員会が始まります。

本日、議会の最後で市長より、多摩テック跡地の今後の土地利用について報告がありました。

多摩テック跡地利用について、市長より概要以下の報告がありました。

「明治大学の協議申し入れを受けての市長の議会報告」

かねてより、多摩テックの跡地の今後の土地利用につきましては、市議会、市民の皆様にご心配をおかけしております。このたび、6月3日付で、明治大学から正式に協議申し入れの文書を受け取りましたので、ご報告させて頂きます。

計画内容は、多摩テック跡地約15haと隣接地を含む区域で、「(仮称)・明治大学スポーツパーク」構想として、グ ラウンド5面、体育館、プール、合宿所、クラブハウス等を平成26年度から利用できるよう整備するもので、将来新学部設立も視野に入れた計画であるとの事 です。

市としましては、明治大学の構想が

・「地域に開かれた施設としていく」

・「緑豊かな自然環境の保全、育成を目指す」といった点など、これまで市議会や市民が求めていた方向が示されている ことから、跡地利用についての協議申し入れを受け入れていく考えであります。なお、この計画に関する協議を進めるにあたり、市としては次の点について要請 していきたいと考えております。

1、当該地が、市街化調整区域及び多摩丘陵自然公園内にある事から、既存の緑を極力保全し、地域植生をいかした積極的な緑化を図る事。

2、スポーツ文化を通じて、地域の活性化に寄与する施設とする事。

3、子どもから高齢者まで幅広い年齢層の市民の健康増進やスポーツ交流に貢献する事。

以上概要ですが、市長より報告がありました。

議会終了後、街頭にて議会報告を行いました。

市民相談を頂き、街頭演説移動の合間に現地確認をさせて頂きました。

別のご相談で八王子の公明党議員へ繋ぎ、対応を取らさせて頂きました。やはりチーム3000!ネットワークの連携はどこにも真似のできない、公明党だけの心のこもった対応です。これからも誠実に、迅速に取り組んで参ります。

議員にさせて頂き2回目の議会一般質問をさせて頂きました。

そして、議会終了後、街頭で議会報告をさせて頂きました。

平成22年度定例議会一般質問の質疑については、後日このHP内、議会報告でおしらせ致します。

質問内容

①学校現場の問題を問う(部活動の充実と不登校、ひきこもりの対策について)

②公園の整備 グラウンドの計画について(硬式野球グラウンドの計画について)

③市民の方からの要望を受けて(平山6丁目生コン工場問題)

議会終了後、街頭で議会報告をさせて頂きました。そして夜は立川へ!!

立川市議選2期目に挑戦の福島正美 後援会事務所開所式に参加。

この開所式で、司会を務めさせて頂きました。

式には、高木衆議院議員、斎藤都議会議員、地域の自治会々長が福島頑張れと応援に駆けつけて頂きました。

議員1年生の私にとりましては、司会は大役でしたが、とにかく元気一杯に!元気一杯に!!務めさせて頂きました。(何事も経験が大事と言い聞かせながら・・・) 立川の皆様 本当にありがとうございました。福島大勝利のため、全力で走って参ります。

あまりにも 無責任な政権投げ出しに 猛省を促す!!

目前の参院選を何とか乗り切るための、首相・幹事長の辞任劇としか見えない。なんと無責任な政権投げ出しであろうか。今日も街頭からお訴えをさせて頂きました。

今日も街頭に立ち現政権の無責任で政治理念なき体質を、しっかりと見極めて頂きたい。そして、公明党の政策と理念をしっかりと訴えさせて頂きました。

夜は立川へ応援に!!

公明党 無料法律相談

地域の方から法律相談を受けました。議会の合間を縫って対応させて頂きました。

公明党では各所で無料法律相談を実施しております。基本毎週水曜日予約制ですが、様々なお悩みにお答えさせて頂いております。今回、私が承ったご相談者の方からは、相談できてよかった。と言って頂きました。

今日より第2回定例議会が始まりました。

混迷する政局!鳩山内閣

いよいよ 定例議会が始まりました。今回の一般質問は7日午後の予定となっております。学校現場の問題・公園やグラウンドの問題・地域の方からの要望を受けて。の3項目について質問を致します。

定例会終了後 街頭に立ち、混迷を続ける現政権の「政治とカネ」に象徴される不透明さや、政権与党としての統治能力 のほころびがいよいよ限界にきている。結党以来公明党は、国民の目線で、どんな時も現場第一主義で取り組んできた事を、そして何よりも、クリーンな政党は 公明党しかない事を、お訴えしました。これからも叫び続けます。