Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者

Archive for 2011年 5月

 本日、第10回臨時公明党大阪府本部大会が開催され、席上、府本部副幹事長ならびに労働局長の大任を拝しました。
 府本部としての新出発に、微力ではございますが、決意も新たに党の発展のため、支持者・府民のために全力を尽くしてまいる決意でございます。

 引き続き、府本部議員総会がおこなわれ、今後の議員の日常活動や機関紙推進等についての協議があり、府本部として新体制のスタートを切りました。

 今年の1月下旬、ご挨拶回りをしているときに住民の方から道路に関するあるご相談をいただきました。
すぐに対応させて頂き、一ヶ月ほどで実現することができました。

 選挙中でご報告できずにおりましたが、住民の方々に喜んで頂きましたので、ここにご報告させて頂きます。

 ご相談は、十字路での一方通行の標識が三方向中、二方向からは見えるが、残りの一方向からは見えにくいため進入してくる車が後を絶たず、危険なのでなんとかしてほしいというものでした。

 現地を検分してみると、確かに西行きの道路からは標識が見えにくく、わかりづらいことがわかりました。すぐに堺警察署に改善を申し入れたところ、警察も素早い対応をしてくれ、進入禁止の標識をもう一つ設置してもらうことができました。

   
 (右の進入禁止標識が新たに立てられたもの)

 GWの中日の5月3日、国難ともいうべき未曾有の大震災の中で、64回目の憲法記念日を迎えました。
 この日、南海高野線堺東駅前と南海本線堺駅前にて街頭活動をおこないました。

 
 堺東駅前では北側公明党副代表・成山市会議員とともに、また堺駅前では北側副代表・裏山市会議員とともに街頭に立ちました。

 
 敗戦後の昭和22年5月3日に施行された憲法のもとで、わが国は荒廃の中から立ち上がり、今日の発展を築いてまいりました。
 この憲法の三原則である恒久平和主義・基本的人権の尊重・国民主権主義は、人類の英知というべき優れた不変の原理です。
 
 街頭では、第二の敗戦とも言われる大震災を乗り越えるため、公明党は、平和・人権・民主の憲法精神をさらに定着させる闘いに全力を尽くしていく決意を訴えさせて頂きました。
 
 また、前日に第一次補正予算がやっと成立致しましたが、震災後48日も経ってからという政府民主党の対応の遅さは、国民の安心安全を一番に据えていない結果であると言わざるを得ません。
 
 公明党は「大衆とともに」の立党精神に立脚し、平和・人権・民主の憲法精神にかなった政治を実現するため、地域に根ざした生活者の目線で憲法を生かしていく努力をしてまいりますとの訴えをおこないました。

 ネットワーク政党である私ども公明党は、議員ネットワーク、チーム力を生かして、堺の皆様の安心安全のため、国会・市会議員のみなさんと力を合わせて働いてまいります。