Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者

Archive for 2010年 9月

 午前中、公明党堺総支部総会出席の後、大阪府議団総会へ(本会議中は毎午前中開催)

 午後からは本会議があり、民主党代表質問の中で「観光戦略」についてありました。
 
大阪および堺について、集客のため宿泊施設や観光施設を充実させていくことは非常に大事なことであります。
 一方、見通しの甘さから未来に負債・借金
を残すことのないように、府民の代表として、しっかりと行政をチェックしてまいります。

 明日はいよいよ公明党の代表質問です。インターネット中継もご覧いただけますので、是非どうぞ。

  

 本日の本会議は、自民党の代表質問でした。
公明党が推進してきた「子宮がん検診ワクチン接種費用の公費助成」の話もあり、私も府としてがん検診の受診率向上に、より一層力を入れていきたいと思います。

 夜は党堺支部会が、堺総合福祉会館と堺市民会館の2か所で行われ、私もご挨拶に立たせていただき、まだ始まったばかりですが、大阪府議会の本会議での今後予定している私の質問等のご紹介をさせて頂きました。

 

 昨日から今朝にかけての激しい雨もほとんど上がり、霧のような雨が残る朝、今日は南海本線湊駅前にて街頭演説をさせて頂きました。

 今日から本格的な本会議が始まり、大阪維新の会が第一党としてはじめての代表質問でスタートしました。
「行政を監視する」という議会の本質を踏まえ、是は是、非は非として、知事および担当者に対し、しっかりと議論をしていっていただきたいと思います。

 早朝、南海高野線堺東駅北口にて街頭活動をした後、明日から本格的に始まる府議会定例会に向け行われる政調会に向かいました。

 街頭でも、府議会に向け、府民生活を守る議論をしていく決意をしっかり訴えさせていただきました。

  

 堺市立堺高校 第2グラウンドで行われたスポーツ大会に参加しました。

 素晴らしい秋晴れの下、老若男女がさわやかな汗を流しておられました。私も参加者のお一人おひとりにお声をかけたり、かけられたりしながらのひとときでした。地域の皆様の生のお声をお聞きすることができる、こういった機会をしっかりと活かしていきたいと思います。

 

 今日は公明党婦人局の皆様とともに、南海堺東駅北口・南海堺駅プラットプラット前・南海七道駅前にて街頭活動を行いました。

 「新しい福祉」を掲げる公明党の一人ひとりの生活に役立つ政策のこれまでの実績と今後の取り組みについて訴えました。

 

 『子育て・介護と、仕事の両立を応援』 —父親の育児休業取得を促し、男女ともに、子育てをしながら、働きづづけられる社会の実現をめざします。

 『若者の未就職対策に全力』—「大学卒業後3年間は新卒扱い」とするよう提言、その期間は大学からの就職支援がうけられるよう、体制強化を求めています。

 『子宮頸がんゼロを目指す』—“予防できる唯一のがん”といわれる子宮頸がんについて、昨年末に公明党が推進してきた予防ワクチンが承認されました。ワクチンや検診費用への公費助成を盛り込んだ「予防法案」の提出を呼びかけるなど子宮頸がん撲滅に全力をあげています。堺市でも公費助成を提案し、9月議会でしんぎされ、成立の見通しであることを訴えました。

 毎年、中秋の名月前後に開催される“月見祭り”に参加させて頂きました。

 残念ながら、今日は朝から一日曇り空で、月見は絶望的と思われましたが、皆さんの願いが届いたのか、ほんの5,6分だったでしょうか、雲の切れ目から“おぼろ月”を見ることができました。参加者の皆様から口々に感嘆の言葉が溢れ出したことは言うまでもありません。写真にとどめられなかったことが残念です。

 地域の方々とさまざまに言葉を交わす中、懐かしい方と偶然にもお会いすることができたこともなにより嬉しいことでした。

                                     3

  21日(火)は南海湊駅前にて、24日(金)は南海三国ケ丘駅前にて朝の街頭活動を行いました。

 長い長い残暑の日々もようやく終わりを告げ、朝は気持ちの良い空気を感じられるようになりました。登校途中の児童たちが、時折元気よく 「おはようございま~す。」 と声をかけてくれることがうれしく、 『この子供たちのためにもがんばろう!』 と22日から始まった府議会へ臨むはずみにもなりました。

10月16日(土)・17日(日)に実施される第37回堺まつりについて、本会議が始まったこの夜、「社団法人 堺観光コンベンション協会」主催による地元熊野・市連合自治会役員の打ち合わせ会が開催されました。

第37回「堺まつり」は、『SAKAIはSEKAIへ!Ecology&Affinity~エコでつながろう!~』をテーマに、グリーンフロント堺の稼働やサッカーナショナルトレーニングセンターの開設などで、内外から注目を集める「いま一番元気なまち・堺」の魅力と情報を内外に発信するとしています。

堺版事業仕分けにより指摘された 『PR強化と広域からの集客増進』 『市民協同・市民参画の促進』 『賑わい空間の拡充』 『まつりの象徴化とマンネリ回避』 といった課題への取組が紹介されました。なかでも、新企画の一つである市民等との協働運営による『エコブースシンボルゾーン』の開設では、各種エコカーをはじめ堺市内の高校生が制作したソーラー・レーシングカーの展示や環境問題に取り組む企業や堺市の取組などを紹介するエコPRブースなど “環境モデル都市堺”にふさわしい企画だと思いました。

地元堺区選出の議員として、こういったことのPRにも積極的に取り組んでいきたいと思います。

9月定例府議会が本日22日開会しました。(会期:12月15日まで85日間)

今議会では、総額65億2100万円の一般会計補正予算案などを審議し、公明党としてはがん対策の推進・障がい者の就労支援・児童虐待の撲滅等々生活者の立場に立った議論を展開してまいります。

また、私は都市住宅常任委員会で府営住宅半減の問題や都市交通のあり方について質問してまいります。

尚、会議の模様はインターネットでご覧いただけます。下記をご参照ください。

http://www.gikai-web.jp/dvl-osakahu/