公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
東大阪市 西田和彦
cpbwx602@hct.zaq.ne.jp

 

 昨年ノーベル生理学・医学賞を受賞された東大阪市出身

京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授に7月1日、

東大阪市名誉市民の称号が贈られました。
 

 本市では、山中教授のこれまでの功績、そしてこの度の

ノーベル賞受賞は、全世界夢と希望を与えるものであり、

さらには市の発展に大きく寄与するものであるとし、平成

24年11月17日に東大阪市名誉市民の称号を贈ることを

決定していましたが、教授の日程が多忙なため、この日の

授与式となりました。
 

 京都大学iPS細胞研究所で行われた贈呈式には、市長

西田和彦副議長などが山中教に直接お会いし、市長

からは、名誉市民章とメダルを、西田副議長からは、記念

バッジと金杯を贈呈させていただきました。

 

 山中教授は、「小学校3年生まで育った東大阪市には、

父親のミシンの部品工場があり、当時は多くの機械に囲まれ

た生活を送っていました。そのような環境から技術者としての

マインドが身についたと思っています。その東大阪市からこの

ような栄誉ある称号をいただき大変うれしく思っています。

今も東大阪市内に住んでいる母も喜んくれると思います

と笑顔で話しておられました。

 

 東大阪市は「ラグビーの聖地」花園ラグビー場があり、山中

教授も大学時代にラグビーの経験があり、2019年に日本で

初開催するラグビーのワールドカップ(W杯)についての質問で

山中教授は、「ラグビーでも起きてしまう脊髄損傷の臨床研究を、

19年までに始めたい」と医療応用への意欲を示されていました。

コメントは受付けていません。