3月議会の質問通告

プレミアム付き商品券の経済効果。

街路灯のLED化について。

この2問を質問します。街路灯のLED化についてはH26年12月議会質問に続き2回目の質問です。

3月議会開会前の代表者会議が本日午後開催されました。

新年度予算審議・補正予算審議・条例改正等重要な議会となります。開会日議事日程は後日の議会運営委員会にて決定されます。今回も一般質問に真剣に取り組みます。

蓮田市成人式が1月10日 パルシーにて盛大に開催されました。552名の新成人の皆様誠におめでとうございます。社会で働いている人。学校で学んでいる人。それぞれの人生の成人式を迎えられ感慨もひとしおのことと思います。新成人とご家族の皆様の今後に、幸多かれとお祈りします。

 

特定健診・がん検診の受診率向上への取り組み。

PSA検査を追加すべき。県内の市町村では、70%が実施している。蓮田市も早期に実施すべきである。公明党が、重要施策として、党代表が国会で訴えて実現した障害者差別解消法が来年施行される。法に定められた自治体の責務は万全なのか、蓮田市の対応・状況を確認したい。市長答弁では、法に基づいて、蓮田市としても万全を期す。との答弁を頂く。

12月定例会の一般質問の登壇日が決まりました。

11日の1番に登壇します。午前9時に本会議登壇です。今定例会からインターネット中継が始まります。公明党が長年実施を訴えてきました。

今回の通告は、1.特定健診・がん検診について。2.障害者差別解消法について。の2項目の質問をします。特定健診・がん検診の受診率の推移。がん検診の項目にPSAを追加するように求めます。2問目の障害者差別解消法が来年4月から施行されるが蓮田市の対応は万全なのか、責務と義務を確認します。

今回の質問は埼玉県の健康長寿プロジェクトに蓮田市も参加すべきではないかと質問いたしました。

1.今年4月~20市町が参加した。

2.65歳から自立して生活できる期間(健康寿命)が                モデル市で効果があった。

3.医療費の抑制の効果がある 埼玉県では、将来すべての自治体に参加してもらう方針

 

9月5日Am8:30~蓮田市防砂訓練が行われました。自治体の多くの自主防災会等が参加しての、災害時避難訓練・救助訓練・ボートによる搬送訓練など多くの、訓練がおこなわれ、また、自衛隊による炊き出し訓練も見事でした。参加された皆様、有難うございました。

今回の質問は、「埼玉県の健康長寿プロジェクト」と「地方創生総合戦略と人口増加」の取り組みについて。の2項目です。公明党視察団で先進地の取り組み{3市}を視察研修しました。蓮田市でも人口増加・定住政策は重要課題であります。*住んでよかったまち*健康長寿のまちづくりを質問します。登壇日程は決まっていません。質問通告締め切りは9/1Pm4:00迄です。

9月定例議会が8/28(金)から開会します。各常任委員会では、昨年度の決算審査があります、議案審査・決算審査・議会質問などがあります。執行部のチェック機能としての議会でありますので、しっかり働きます。

昨日8/12日議長会議員研修が加須市にて開催されました。平成国際大学法学部教授の浅野先生の講演でした。「地方創生時代の市議会の役割について」の演題でした、今後15年間は少子化が進み人口減少による自治体が消滅されていくのではないか等の切実な問題や18歳選挙権などためになる講演でした。