Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for the ‘雇用対策’ Category

「どうなる日本!日本経済の明日を読む」商工会賀詞交歓会

15965542_969688069842603_8325349835192648043_n今日は羽村市商工会の講演会「どうなる日本!日本経済の明日を読む」講師 経済ジャーナリスト 須田慎一郎氏の講演を伺いました。

「これまで8回あったバブル期は9回目は私達が現役の時代は来ない」と結論を初めに。向こう20年、30年は来ない。なぜか、1991年3月バブルが崩壊。この時を境に構造がガラッと方向転換した。

産業構造の転換が必要。働くということにおいて、家族の大黒柱の収入をあげる政策から、一家の全体で稼ぐという方向へ安倍政権は転換している。15966257_969688099842600_4121624061762874969_n
15965732_969688073175936_3761000822348869358_n産業構造の転換に敏感に対応していこう。今後女性、高齢者が社会で活躍する時代。そこに成長産業や新たなニーズがある等々具体的事例も。
その後、商工会賀詞交歓会へ。

昨日から目が充血していたので、早めに帰宅。
人と交流することで元気を頂いている私はちょっぴり残念。早く目を治したいと思います

羽三協賀詞交換会と 若者自立支援

今日は1日寒かったですね。
強風に肩に力が入りながら、午前・午後・夕方と外を歩かせて頂きました。
80代のパワフル婦人の生命力に学ぶところが沢山ありました。

IMG_1591
夕食を作り、6時半より羽三協賀詞交換会に議長と経済委員長に

お招き頂き出席させて頂きました。土木、建設、水道、電気関係

事業所の皆様と未来への期待と課題を様々語り合いをさせて頂きました。

私と共通の認識をお持ちの方にもお会いし、障がいが特になくても
自立できない若者などへの支援の重要性を改めて。

 

 

議会でも取り上げさせて頂きましたが、縦割り行政の狭間にいる
世代、障がいの有無に関係なく、ニート、ひきこもりの方も含め
若者の自立を助ける横断的支援、仕事、訓練の場、居場所等
地域で作っていかなければ、未来への希望はないと感じています。

.
皆様のご意見に耳を傾けながら、声なき声にも耳を澄まして
取り組んでいきたいと思います。

本日お会いした皆様、強風のなか大変お世話になりました!

政務活動費の使いみち

今朝は、早朝ご挨拶を。
お忙しいなか、大変ありがとうございました。

建設現場等に若い人材がいないことの深刻さを実感。

.

お昼に、社会の立ち直りを応援してくださる企業関係者、

お子さんのことで悩んでおられる親御さん、保護司さんなど、

関係者が一同に。

様々な情報が飛び交うなかで、意見交換を。

1歩でも前進することを願い…。

.IMG_0540

午後から、地域回りを。知り合いの高齢者の方に数年ぶりにお会いし、

老老介護で頑張っておられる方が多く、時の経過を。

手続きの簡素化などの必要性を実感しました。

.

 <政務活動費について>

.

本日お会いした方から、兵庫県の県会議員のことが話題に。

羽村市では

1.市の政務活動費は、1円単位で領収書を出すことになっている

こと。

2. 会派支給なので、個人のことには使えないこと。

3. 議会改革で、厳しく使い方を規制し、法律や条例等では問題

 なくても 市民の目線で、使い方がおかしいと思うものは規制

 してきていること。

4. みさほ通信も自己負担していること。

5. 政務活動費は、毎年足りない分は自己負担していること。

 

等、お話すると「どこも同じかと思っていた。安心した」とのこと。

同じ話題を本日お二人から。語っていくことの必要性を実感。

あの記者会見の衝撃の大きさを改めて。

あと3日、頑張ります‼️

地域社会で立ち直りを助ける体制の実現を!

IMG_0242今日は、平日最後の月末。市内を「議会のトビラ」へのアンケート
を持ちながら歩いていると、お会いした方々皆さん忙しそうです。
そんな中で、アンケートのご協力、大変ありがとうございました。

IMG_0236
色々な職種の方々から、景気をよくしてほしいとの
切実なお声を伺いました。お店、事業所、不動産業界、
化粧品会社など。個人事業主の方の叫びを受け止めました。

.
IMG_0237また、頂いている複数の市民相談のことで動き、9月議会で取り上げさせて頂いた、

道を外れた青少年を「地域社会で立ち直りを助ける体制」について、

協力雇用主に申し出て下さった企業と関係者の方とのマッチングを具体的に進めさせて頂くことに。
.

議会で取り上げさせて頂いただけで、物事が進むわけではありません。前進あるのみ!

「公共工事の労務単価大幅アップ」について

本日の公明新聞に、公共工事 労務単価が大幅アップ「疲弊する建設業に一石」との見出しでも報じてありますように、太田昭宏国交相主導のもと、「公共工事設計労務単価」を今年度から全国平均15.1%増を引き上げられました。

建設業は近年、建設投資の縮小に伴うダンピング(過度な安値受注)の横行で、建設労働者に低賃金社会保障未加入のしわ寄せが及んでいたなか、

民主党政権による「コンクリートから人へ」という公共事業削減方針が拍車をかけ、若者の建設業界離れも進み、職人が足りない状況となっていたからです。

特に被災地では職人が足りず、困っている状況は直接私もその声を伺いました。防災減災対策が急がれるなかで、人の命を守るものも、実は耐震化の図られたコンクリートではないでしょうか。

国交省のまとめでは、全都道府県で新労務単価を適用が広がっているとのこと。

..

平成22年9月議会で、羽村市の具体的な『新・成長戦略』のなかで技術者や地元企業の存続についても取り上げさせて頂きました。

企業の入札制度の最低制限価格(当時、予定価格の66%以下の入札価格だったら失格)の適用を1億円以上とされ、ほとんどの入札は、価格が安い所に決まっている(それが、人件費の削減や社会保障費の未加入に繋がっていく)という現状がありました。

そこで、他市のようにもっと低い入札予定価格に対しても適用すべきということや、公契約制度(人件費の最低価格を設定して、条例の中で例えば人件費は1時間当たり幾ら払いなさい、1日幾ら最低払いなさい、これを定めて、下請け業者を泣かせることのないようなものを定めた条例)など取り上げさせて頂きました。

女川町

更に、羽村市公明党としても建設業の方の地元に貢献されているお話を伺い、地元の貢献度など他の要因も入札に入れるべきとの主張をさせて頂き、

23年度から「入札総合評価方式」が導入され、8割が価格2割が地域貢献等他の要因など、安い価格だけでない入札制度になっています。

地方自治体と都や国と連携した取り組みは大切であり、引き続き、現場に寄り添い、様々な課題に取り組んでまいります。


H25年第一回瑞穂斎場組合議会と「就職フェアin羽村」のお知らせ

今朝は羽村駅での駅頭。自分がマイクを持っている時は分からないのですが、終わったとたんに震えが…風が強く余計に寒さを感じるのでしょう。
羽村駅前にはいつの間に、こんなに可愛いバスが?停泊中です。見ているだけで楽しくなります。

.
今日は午後から瑞穂斎場組合議会が開催され、平成25年度の瑞穂斎場組合会計予算と関係市町村の負担金等について活発に審議・可決されました。

昨年10月の市長選で当選された入間市の田中龍夫新市長が新たに組合議会の副管理者として前市長と交代されました。


2年間の定例会での議長の任もこれで解任です。関係者の皆様大変お疲れさまでした。

.

.

.


<就職フェアin羽村のお知らせ>

.
羽村市産業福祉センターで2月15日(受付13時〜15時)、「就職フェアin羽村」が開催されます。10社が参加予定。再就職を探しておられる方、是非お越し下さい。
ハローワーク青梅 職業相談第1部門 TEL:0428−24−9163
※就職相談コーナーも開設します。
※当日は、10時から概ね45歳以上の方を対象とした「中高年齢者再就職支援セミナー」も開催します。(要予約)

※セミナー参加をご希望の方は平成25年1月30日(水)より予約開始いたします。

(内容)
http://tokyo-hellowork.jsite.mhlw.go.jp/list/oume/kyushokusha/mensetsukai_soudankai/_111077.htm

(リーフレット)
http://tokyo-hellowork.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0076/9459/20131269569.pdf

(参加求人一覧表)
http://tokyo-hellowork.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0076/9460/2013212221.pdf