Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for the ‘障がい者支援’ Category

「スワン」から学ぶこと

昨日、実は2種類の本を購入。

そのなかの1冊が「スワン」。前々から気になっていた児童文学作家漆原智良先生著。先にこちらの本を一気に読ませて頂きました。

.

ある少女の、自分に障がいがあることに気づかず、学習についていけないこと、いじめ、中学校での養護学校への編入。高校を卒業して自分のことを調べ、判明した学習障がい(LD)。

幼いころから大好きな絵を描くことを仕事にと、現在絵本作家を目指されている様子など。とても、感動し勉強になりました。生き詰まった多くの方に生き方の参考になることでしょう。

「今生きている。それだけで未来は拓ける」ことを教えてくれます。


===

本日は、キャップの回収ボランティアの方で集まり今後のことで

話し合いがあり、前向きに検討を。

キャップの回収が今とても広がりを見せ、様々な問い合せや

ボランティアをやってもいいという方も申し出を頂き、有り難いことです。

終了後も様々なご要望や問い合せ等も頂きました。

調査し、お答えしていきたいと思います。

.

書類作りにも追われた1日でもありました。

忙しさに負けず、頑張ってまいります。

国会議員 都議会議員 市議会議員の連携

今日は夕方から自然環境に恵まれた青梅総支部事務所にて、
高木美智代衆議議員と大松あきら都議会議員と羽村市公明党4名
が集い、懇談会が行われました。

身近な問題から、未来のエネルギー対策についてなど活発に
意見交換を行わせて頂きました。公明党市議・都議・国会議員との連携で、政策実現に頑張ってまいります。


高木美智代議員、大松都議には遠い所、大変お世話になりました。

(花壇: 花壇コンクールで最優秀賞を受賞した緑ヶ丘第一町内会の花壇)


昼間は、数件の市民相談のことで動き
夜は、障がい者雇用・年金について、ご意見ご要望を頂きました。
子猫と飼い主さんのマッティングも。相性が合うといいのですが…。

栄町第一町内会忘年会 (2)

一緒に写っておられる方は、
いくつかの会社を経営されている社長さんで、まるでドラマのような人生を。

来年のH16年4月12日

(土)14:00〜

羽村市「ゆとろぎ」にて

入場料 1,000円

上演予定の映画「筆子•その愛ー天使のピアノ」に、この社長さんは悪役で出演されています。

H19年に児童福祉文化賞受賞された作品で、明治30年東京都北区滝乃川の地に日本で初めての知的障がいの施設が誕生。


石井亮一•筆子夫妻が自費と寄付で建てられた
滝乃川学園の実話の物語です。

以前の映写会では、映画の前に「ピアノ演奏」があり、

それを聞かれるために、皇后陛下がお見えになったそうです。

多くの方に是非ご覧頂きたく、お願い致します。

障がい者雇用の推進と 商工会の子育て支援

議会の4日目です。今回の12月議会で取り上げさせて頂いた、
「障がい者雇用の推進」では、
現在定員枠が一杯であり、

羽村市公明党で公共施設の総点検を行わせて頂いた時も、
もっとも老朽化が心配だったパンやクッキーを作られている作業所スマイル工房の場所の確保について、前向きな回答を。

図書館屋上ハーブ

「図書館屋上で栽培されているハーブを、障がい者の方の新商品作りに応援できないか」

と前回の議会で質問させて頂いていましたが、今回の議会とその後の報告で、

市内に誕生した障害者就労施設である「五乃神学園さんが、

ハーブの摘み取りで来年度から利用されることが決まった」ことが分かりました。

また、市役所の1階ロビーで、
障がい者の方が作られた品物の販売については応援すると。

また、「商工会と連携した子育て支援」について、
これまでも、そして今回の議会でも取り上げさせて頂いた
子育て支援と商工会との連携について
来年3月に予定されているに「ぎわい商品券の発行事業のなかで、
子育て支援を入れていく」
との発言が本日の議会でありました。

一番大事なことは、現場の声が活かされること。

現場の声を聞かない事業は、やらなければ良かった…

となりかねません。

市から、「子育てママさんが会議への出席は難しいかもしれないが、声は聞いて行く」と。

商店の皆さまにとっても、

イオンさんの市への進出が決まっているなかで

商品券事業が終っても、子育て世代や高齢者の方などお客さまを商店に取り込んでいける仕組みの構築が大切ですね。


また、今回の一般会計補正予算で、

「保育の従事職員の方等の処遇改善事業」として、10/10国の事業として、補助事業が実施されることが決まりました。

その配分は、その各事業所で決定されます。

(国として算出基準は、正職の方に月額8000円〜9000円とのこと)

保育士さんの給与が低くて、

資格をとっても就労に結びつかないことから

提案された、公明党の国の施策です。


もう一つ、市民の皆さまに関係することが、

来年度からの水道料金の値上げです。

羽村市として独自で水道事業を行ってきているなかで

経営が厳しいなかでも、これまで値上げがなされずに来ました。

しかし、いよいよその必要性に迫られたなかでの値上げです。

詳細は今後。

これからも、より、現場の声が活かされた施策となるよう、
その推進に頑張ってまいります。

議会質問に繋がるご相談が…

今日もお野菜を沢山頂きました。ありがとうございました。

12月議会で取り上げさせて頂きます
「障がい者の方や、ボーダーの方の就労支援について」

本日ご相談を頂いたご夫妻から1時間半、貴重なご意見を頂きました。

必ず、ご意見を活かしてまいります。

その帰り、「イス式のこたつ」がずっと気になっていたので、
お店に立ち寄ると、10%引き、やっていました。

今父は足が痛くてイスでないと座れません。私はこたつ、
父はイスでストーブと同じ部屋で別々に電気を使うことが
ずっと気になっていました。

取り寄せなので、ちょっと時間がかかりますが、効率的に
生活できる日が楽しみです。


====

子ども達のママが病院の先生と交渉の末、退院してきたある日のこと。
その二人の子ども達の嬉しそうな様子。
踊り出すように、ルンルンだったそう。

テンションが上がりっ放しだったと。
それはそうでしょう。

「あと2回寝たらママが帰って来るんだ!」
ととても楽しみに待っていたのに、その日突然帰ってきたのですから。

改めて、子ども達にとって母親は、

太陽なのですよね。

どんなに周りの人が優しくしてくれても、ママがいたら、それが一番幸せなのです。

だからこそ、ママが….一番幸せでいられるように、
周りの人が支えてあげることが大切ですね。


市長への申し入れと 支部会の日

今日は、太田大臣の主導で実現された公共工事の労務単価の引き上げについて、都議会公明党の東京都に申し入れに続き、私達羽村市公明党としましても市に「技能労働者への適切な賃金水準の確保等にむけた申し入れ」を市長へ提出させて頂きました。


大切なことは、末端の現場で、ただ単に労務単価を上げるだけでなく、その上げた分が現場の技能労働者の賃金や社会保険への加入が進められるかどうかです。

それが進められなければ、ただ単に公共工事に関わる費用が値上がりしただけとなってしまいます。

そこを基礎自治体では、反映されているのかをしっかりと把握していく必要があるのではないかと思います。

今後も地元建設業の皆様のお声を伺ってまいります。

.

.

市長との懇談のなかで、昨日訪問させて頂いた五乃神学園のことが話題に。この施設に入所できた方の親御さんが、これまでお子さんのために新聞配達をしながら長年貯めて来られたお金を、感謝を込めて市に寄付されたとのお話を伺い、大変感動しました。多額のご寄付です。

市長も話しながら涙を浮かべておられたよう…です。そのような施設が我が市に建てられたことに、とても誇りに思います。

夜は、羽村中央支部会を開催。お忙しいなかお集り頂いた党員支持者の皆様に心より感謝と御礼を申し上げます。

終わって夜空を見上げると、月がとってもきれいでした。

障がい者虐待防止と TPP参加表明の日

今日は「障がい者虐待防止のために地域でできること」〜地域の「気付く」と「見守り」が障がい者を支えますとのテーマでのセミナーに参加。

電線の無い街は美しく、災害にも強い

障がい者の方の現実を伺い悲しくなりました。特に印象に残った話は、障がい者の方にお給料を渡そうとしたら、その社長の奥さんが横からお給料袋をとり「分からないんだから全額渡さなくてもいいわよ」とお金を抜いて本人に渡されたとのこと。

それを民生児童委員の方が見て、市に通報があって分かったそうです。

また、障がい者を2年の契約で雇い、1年半で解雇。その理由は「精神障害は怖い」と。理解が難しい現実。養護者による虐待、入所施設.福祉施設、学校、企業での虐待など。

障害者虐待防止法が2011年6月に成立。

これにより虐待を発見した人に通報を義務づけ、自治体などに調査や保護を求める内容です。通報が遅れた為に取り返しのつかないことになりかねないので、疑いがある時点で通報し、早期に救済できる仕組みが期待されています。

障がいといっても、いろいろですが、認知症なども同じようなことが云えます。認知症のご家族を

このカードを障がい者の方から出されたら、できる手助けをお願いします。

抱えた方も大勢おられるわけで、ご本人の人権や基本的自由を回りの人が理解し、支えることの大切さを学び、同時に支える側への支援の必要性も感じました。

ヘルプカードとは、聴覚障がいや内部障がい、または知的障がいのある方などに配布されます。

(市窓口 1階 障害福祉課)

夜は複数の会合に参加。本日も市民相談嬉しい報告と、緊急の市民相談を2件頂き、早急に対応してまいります

また、政府のTPP参加表明。決めたからには、国益にかなうよう全力で取り組んで頂きたいと思います。

http://www.watanabemiki.net/journal/post-467.html …