カテゴリー(議会)

9月の最終議会が開催されました。

その中で、本日の議会でも討論させて頂き、経済委員会でも討論させて頂いた請願書と陳情書の2つの討論は下記の通りです。

「水上公園の流れるプールの稼働継続に関する請願書」への反対討論。

元請願第1号「水上公園の流れるプールの稼働継続に関する請願書」に対し、公明党を代表して、委員長の報告の通り、本請願に反対の立場から討論を行わせていただきます。

本年6月議会で提出された本請願に対し、市は「羽村市の公共施設等総合管理計画で、公園施設については方針を定め、整理、統合、集約化や複合化、多機能化を行うとしています。

この計画を踏まえ6月議会では、今までどおり指定管理でやっていくのか、もしくは民間活用、PFI、PPPを活用していくのか。そういったところも検討していく」との方針や、「多摩川周辺の環境を活かした一体的利用なども含めて再整備について1年間を通じて皆様が利活用できるよう検討をしていきたい」旨の6月の時の説明でありました。

これまで、民間手法を活用した公共施設の建設や、年間を通じての施設の活用は、羽村市公明党で提案してきたことであります。また、全体的に老朽化が進んでいる施設に対し、どちらにしても今夏に改修工事が間に合わないのであれば、今すぐに修理にお金をかけるよりも、きちんと今後の活用について検討していくとの姿勢は理解できます。

一方で、請願者は、水上公園のプールの休止を撤回し、稼働継続を求める請願であり、今季は工事が間に合わなかったですが、今後もプールとしての稼働を継続して欲しいとの意味の請願書と捉えました。本請願に対し「継続審査」とした理由は、プールの休止が突然であり、十分に市民の方に浸透しないままであり、引き続き調査が必要との考えから「継続審査」と致しました。

 

その後、市民の方と色々と懇談していく中で、屋外プールが必要かと問えば、大方の市民の方は「必要である。継続して欲しい」との答えが返って参りますし、例えば具体的に例を挙げて年間を通じた水辺の活用等をお聞きすると大方は理解を示されます。それは子どもさんも同じでした。

どういう説明をするのか、また質問の仕方によって返ってくる回答が変わってくることも実感しました。ただし、今年の夏は、突然のプールの休止でお子さんの行き場がなかったこと等、親御さんの混乱の声も多く聞かれました。

 近年、夏の猛暑により、熱中症への配慮が必要になり、大型台風が年々多くなっている中で、屋外プールの有効性、費用対効果も考慮が必要であると考えます。どちらにしましても、施設活用の変更を決定するにあたっては、市民の方の声や、子どもたちの声も聞いていく姿勢が市に求められております。

学校のプールの活用など、代替案も必要になる可能性もあると考えます。今後、市民の方の理解を得るためにも、プールの継続に限らず、今後様々な角度から活用方法を検討すべきであると考えます。よって、プールに用途を限定した稼働継続を求める本請願には、反対の討論と致します。

 70714529_1715405721937497_5083433582563688448_n

「羽村駅西口区画整理事業を一時中断し、見直しの検討を求める陳情書」への反対討論

元陳情第7号「羽村駅西口土地区画整理事業」を一時中断し、見直しの検討を求める陳情書に対し、公明党を代表し、委員長の報告通り、反対の立場からの討論を述べさせて頂きます。

 本陳情の主旨では、この事業計画変更決定に関して、関係権利者から「事業計画変更決定取消請求事件」へ提訴され、平成31年2月22日に東京地方裁判所より、違法による取消判決があったということのみを捉えて「羽村駅西口土地区画整理事業は現在も違法状態である」と述べておられます。

羽村市は、2月22日の第一審の判決に承服できないとして、3月6日に東京高等裁判所へ控訴を行い、現在も審理継続中とのこと。

判決の確定時期について、民事訴訟法第116条第2項に「前項の期間内にした控訴の提起、同項の上告の提起又は同項の申し立てにより遮断される」とありますように、市は期限内に上告し、審理継続中とのことから、違法状態とは言えないことが明らかであります。

 さらに陳情の主旨では、「第2回変更の事業計画」の違法性の訴えであり、陳情理由の内容では、去る令和元年5月20日の第3回変更の事業計画決定についての違法性を述べておられ、何ら関係がないことを理由としていることなど、

陳情の主旨と理由が違った事業計画についての訴えであることから、本陳情に反対の立場からの討論と致します。

 =====

18時より、市職員の部長さん達との懇談会で、新人議員さんや新任部長さんらの紹介から始まり、懇談会が行われました。

 

 

 

10時より、第二回羽村市議会タウンミーティング実行委員会が開催されました。

IMG_2468昨年7月に開催された第一回羽村市議会タウンミーティングでは、議員が市民の皆さまのご意見を伺う目的で「羽村市の子育て 孫育てについて」をテーマに開催されました。

会場の関係で、個人的にも全体でもあまり市民の方にお声をかけてなかったため、参加者が少なくてちょっと残念でした。

 

今回の第二回目のタウンミーティング実行委員会で私が委員長に、副実行委員長に大塚議員と決定しました。打ち合わせは本日で3回目です。

実施日は来年の2月1日(土曜日)14時からと決定し、本日はその主な内容について実行委員の8名で検討し、大枠は決まりました。

次回の10月の打ち合わせで、更に細かいことを決定して行きたいと思います。

全てはこれからで、寒い時期ですが、多くの方に参加して頂きたいと思います。

お昼は、友人知人と7名でランチを。様々な情報交換など賑やかに。ゆっくりした時間を過ごさせて頂きました。

 

昨日の9月議会での初日の質問の1つに対する、市長からの答弁の一部をご紹介させて頂きます。

質問 これまで平成25年6月議会や平成29年3月議会などで農商工観の連携によるまちの活性化について質問してきたが、どのようなことが進んでいるのか。

との質問に、市長答弁で

(西川議員より)平成25年、平成29年定例会などの質問で、「東京2020オリンピックのホストタウン登録申請の提案」、「直売所の充実のため加工品の販売の提案」「市内中小企業に対する『特許又は実用新案』出願料の補助など提案をいただいている。

→その結果は

市長 

・東京2020オリンピック・パラリンピックではキルギス共和国のホストタウンの登録が認められ文化交流に取り組んでいる。

・直売所の充実ではジェラートの販売が7月から開始し、大変好評である。

・「特許又は実用新案」出願料補助は平成27年度に経費の一部を補助している。

等が以前から質問してきた同じテーマに、進んだこととして市長からの答弁でした。   ある日の朝食IMG_3471

予算厳しき中で、必要な予算の確保と有効活用はしっかりと取り組む必要があると感じました。

 

1項目め、農業、商工業、観光などの連携について

市では、農業、商工業、観光、金融などの連携を推進してきた経緯がある。羽村市農産物直売所は、市内の農家の方が作られた安全で安心な地元の新鮮野菜を販売し、クッキーやウコンなど加工品も販売している。さらに様々な団体と連携することで新たな特産品作りを進めて行けるのではないか。

さらなる市の活性化を目指し、以下質問する。

(1)農産物直売所について

①近年5年間の売り上げの推移について伺う。

②近年の時間帯別の売り上げは、午前と午後でそれぞれ何パーセントか。

③午後の空いている一部のスペースを、商業者に貸し出すことで、午後の売り上げを増やすなど、共存共栄の道を図れるのではと考えるが、市の考えは。

④直売所の売り上げ増を目指し、広報などでさらなるPRをすることはできないか。

(2)農商工観金の取り組みについて

①これまで平成25年6月議会や平成29年3月議会などで農商工観の連携によるまちの活性化について質問してきたが、どのようなことが進んでいるか。

②その効果はどうか。

③平成29年3月議会で農業者も商業者も双方が売り上げを伸ばす場、人の集まる場の創出として「道の駅」や「まちの駅」などの機能を持つ施設に関する質問に、市長答弁は「平成29年度に実施計画を策定し、民間活力の活用を視野に入れて、平成30年度を目途に整備していきたい」とのことであったが、どうなったか。

④清瀬市では、市職員が市役所の屋上でミツバチを飼育し、商品化した蜂蜜を、ふるさと納税の返礼品として活用しています。市としても、農商工観金の連携による羽村市の特産品作りや流通販売を展開する6次産業化を促進する考えはないか。

(3)その他の連携について

①広島県湯来町の地元高校生たちと企業の共同開発したオオサンショウウオの形をしたコンニャクが「キモかわいい」と人気である。新商品作りには若い人のアイデアも必要と考えるが、地元の高校や近隣の農芸高校の生徒などとのコラボで、新商品づくりに取り組んではどうか。

②ドローンやインターネットなどを活用し、羽村市の四季折々の自然を紹介するのと同時に農ウォークの映像化や高校生との特産品作り、農家の方の取り組みなど、農業の見える化で、多くの人の目に止まる形での広報し、観光にも繋げられないか。

2項目め、業務効率化と市民サービスの向上について伺う。

職員の業務効率化と市民サービス向上の一環として、市役所業務にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション、パソコン自動処理)を導入している自治体も出てきている。

RPAは、ルールエンジンや人口知能など技術を備えたソフトウェアのロボットが人に代わって、自動的に情報処理を実施するシステムで、RPA導入のメリットは、業務時間の短縮とミスの少ない的確な情報処理が期待できることである。

これにより、市職員の業務効率化を推進するとともに、他の仕事に費やす時間を確保し、市民サービスの向上につなげられることがメリットと考える。つくば市では、入力時間など8割削減することができたということである。そこで、以下質問する。

(1)RPAについて

RPAを取り入れている自治体では、研究段階でどの課の業務がRPAで効率化できるかを調査したところ、入力・登録作業や確認・照合作業が大幅に時間削減できる効果が見込まれ、市民税課が最もふさわしい課と判断したとのことであるが、

(2)業務効率化について、現在どのように取り組んでいるのか。

(3)RPAの導入についての市の考えはどうか。

(4)行政課題が次々に増え、国・都から仕事が委譲されているにも関わらず、職員は増やせない状況です。市民サービスの向上のためには、業務の効率化を進める必要がある。効率化することで、市民に寄り添った相談事業や、新しい課題にも取り組みやすいと考えるが、市はどのように考えているのか。

(5)ペーパーレス化、電子化の推進について

(6)今後、ペーパーレス化や電子化を進め、業務効率化を図ることが必要と考えるがどうか。

3項目め、3 予防接種について

予防接種は、種類が年々増えて、お子さんが複数いる方は、一人ひとりのスケジュール管理が難しい状況にある。そうした中で、管理のしやすさや、近隣のどこでも受けられる体制作りは、子育て支援の一環として重要であると考え、以下質問する。

(1)26市の中で、町田市・日野市・多摩市・稲城市・八王子市では、5市の協定により、5市内の予防接種実施機関であれば、市民はどこでも、特別な手続きを行うことなく無料で定期予防接種を受けられます。羽村市でも近隣市や医師会と連携して、子育て家庭の利便性を図るべきではないか。

(2)四種混合などの混合の予防接種で、その中の1種に過去に副反応が出ている場合、三種などに選択できないか。

(3)予防接種のスケジュール管理が一人ひとり難しいため、これまで提案している予防接種のアプリ、または電子母子手帳の活用を進めるべきではないか。

以上

 

 

「羽村市議会のコマーシャルがインターネットで放映されていてすごいね!」との近隣自治体の方から驚きの声を頂きました。

特に検索していないのに、スマホのインターネットに自然に流れていたら驚くのかも知れません。わずか、28秒のコマーシャルです。

ご覧下さい!  (製作は、テレビはむらの皆さまが作って下さいました)

今日で2日目、夕方になると熱が出て具合が悪くなります。

7月30日の本日も午前中はギリギリまで休んで、
午後から福生病院組合議会議員総会臨時会へ出席。

yjimage-2議員総会では正副議長と監査の役職決めがあり、福生市、羽村市、瑞穂町より3名ずつ選出された議員の中から新たな役職も決まり、自己紹介など顔合わせを。

これまで12年間の議員生活で、初めて福生病院組合議会の議員になったことを自己紹介。

ニュースでも全国的に有名になった亡くなった透析患者について、病院側より「病院が断ったのではなく、本人が断ったケースであり、報道ではそのような内容が報道されなかった」等の経緯など説明がありました。

最後は、病院内を見学しました。売店は広く、レストランも広くて、美味しいようです。屋上は庭園のように緑と散策の小道がありました。ガンを治療する重粒子線など億単位の機械が、そろそろ買い替え時期を迎えていることなど。yjimage-1

ちょっと院内を歩いていて、バッタリ3人の知人の方にお会いしました。流石市民病院です。
======

帰宅して夜、また熱が37度代に。病院に行っても、喉は腫れていない、胸の音、異常無し。尿検査、異常無し。風邪でも、熱中症でも無し。
熱の原因分からず。

今週月曜日17日は、議会4日目が終わり、

65770493_1639049706239766_3397445016627445760_n火曜日18日の朝は、ラジオ体操に参加。

その後羽村駅駅頭で、青年部と共にご挨拶を。

9時過ぎには会派での呼吸合わせなど。

終了後は、市内を周らせて頂きました。

 

65690111_1639049712906432_1634589090282209280_n

 

19日は、10時より一般会計等予算審査特別委員会が開催され、補正予算の審査。

終了後は「羽村市議会多摩都市モノレール建設促進及び公共交通対策特別委員会」を開催させて頂き、今後の調査活動について委員会で意見交換。

新人議員のお二人が特別委員会に入られたということで、モノレールについての勉強会を行うことや、瑞穂町等への調査活動することなどが決定されました。

印南副委員長とも相談しながら、具体的に進めて行きたいと思います。

大型連休も終えて、8日は議員総会が開催され、新たなメンバーの方も二人増えました。

議場での議席も変わり、今後の体制の決め方などの確認。臨時号の議会広報などへ掲載のための写真撮影、打ち合わせ、市民相談への対応3件など1日はあっという間に終わりました。59988665_1592449837566420_3783002594406825984_n
選挙中も市民相談を沢山頂きましたが、選挙が終わった途端に、電話、手紙、メールなどで毎日市民相談を沢山頂いております。中身を仕分けしながら、対応させて頂きます。

57326249_1578141942330543_5316788810841849856_n平成最後の市議選、遊説も本日最終日を迎えました。

毎日の街頭演説では、これまで取り組ませて頂いた環境・まちづくり、子育て支援、高齢者施策、無駄の削減や収入を増やす視点など、

今後の対策も含め真剣に訴えさせて頂きました。

57556915_1577713655706705_5875193305884524544_n
58420128_1577713709040033_296444561234853888_n遊説カ–で市内を回り、花々に見守られながら、心に鋭気を養って全力を尽くしてまいります。

いよいよ地方統一選、羽村市議会議員の選挙戦の火ぶたが切って落とされました!

本日、2日目、元気に頑張ります!

57267621_1573650192779718_7761013961230647296_n

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保