Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for the ‘議会’ Category

「29年度決算審査特別委員会」開催

18日から20日まで3日間は29年度決算審査の特別委員会が開催されました。

11年間の議員生活で、初めての副委員長が回ってきました。期の古い議員から順番に回って来る役なのですが、やったことのない役回りは緊張します。

通常は沢山の質問を行いますが、今回はそうも行きません。皆さんの質問を1つ1つメモをとり、答弁漏れがないかをチェック。

42443981_1411977885613617_4612604797831348224_n

朝から夕方まで、全ての質問を聞き漏らさないようにするのは思った以上に大変でした。いつも速記の方がおられますが、凄いなと改めて尊敬の念。

疲れがピークだった2日目の終わり。肩こり、頭痛、吐き気。でも、この日はさらに夜、都内で党の女性議員の会合があり、そのまま都内へ。

体力的に限界でした。帰宅したら勉強もせずに休んだおかげで3日目は元気に回復。3日目の終了とともに、溜まっていた市民相談の対応。

走り回り、夕食は9時過ぎに。とてもハードな週となりました。

9月議会の一般質問の通告の初日

39557616_1383521728459233_1752611535991078912_n今日は9月議会の一般質問の通告の初日。
8時半までに提出した8名でクジを引き、私は6番目に決定。

議会2日目の朝一番くらいでしょうか。
その後も調査活動。夕方からお約束の方にお会いし、帰宅して急いで夕食を作り、夜は会合へ。

39685703_1383521775125895_5158946031114649600_n

以前夫は、立川まで往復歩きで8時間かけて帰宅したことがありますが、今回は羽村の自宅から国立駅まで往復9時間?約40キロ歩いたとのこと。これも災害対策です。いつか、新宿まで挑戦したいと。私は遠慮したいと思います☺️

夕方の一瞬の虹を見逃さず。空は刻々と変わりゆく天体ショーです。39613670_1383521701792569_7375573086302633984_n

全国地方議会地方サミット2018

36973024_1334586086686131_4163722600196866048_n早稲田大学・講堂にて全国地方議会地方サミット2018が開催され、11日と12日の本日2日間にわたり参加させて頂きました。

多くの登壇された講師などの一人に我が羽村市議会事務局長 小林宏子さんがパネリストに。

二階の会場まで満席の中、議員への配慮を頂きながら、堂々とご自分の意見を述べられていました。

以前、羽村市にも来て頂いた事務局のカリスマ的存在の大津市の清水克士事務局次長さんもご一緒でした。

37040891_1334586356686104_8578235470452883456_n

36954526_1334587000019373_7684869615616262144_n改革された報告を伺いながら、事務局職員の方との信頼関係の大切さや、もっと話し合いの重要性を感じました。

また、今回のサミットでの多くの登壇者の方のお話を伺い、議員の役割の重要性を改めて認識する機会となりました。

私が議員になりたての11年前頃や、それ以前からの議員のイメージよりは、中味が大きく変化、進化していることも感じました。36981932_1334586850019388_877900570956922880_n

熊本の市長さんからのご報告は、災害の多い昨今、とても身につまされ、参考になりました。災害時の議員のあり方など羽村市議会でも見直しましたが、更なるその役割の明確化など多くの学びの場を頂き、今後重要な点を振り返り、活かしてまいります

羽村市議会タウンミーティング

36723864_1328979093913497_312650842937229312_n昨日は、都内での写真撮影。本日は羽村市議会タウンミーティングが、初めて開催されました。

テーマは、「羽村市の子育て・孫育て」-子育て一番の羽村市をめざして-でした。36863432_1328979097246830_1516755399796064256_n

 

「議会の役割り」の説明を富永議員、富松議員、私は「市の子育て支援の現状について」パワーポイントを活用し、鈴木議員と共に発表させて頂きました。

各テーブルでの様子を見ていて受け手の必要性を感じ、急遽テーブルにつきお話を伺う側へ。

時間的余裕がない中で宣伝が行き届かず、また、行事も重なり、子育て中のお母さんにもっと参加して頂ける環境づくりが必要だと感じました。

今回の経験を次回に活かしてより良いタウンミーティングにしてまいります。

議会二日目 質問の日

34752558_1298078630336877_6682078005646327808_n議会2日目。やっと私の登壇は終わりました。

質問通告提出日の初日の8時半まで提出した8人がクジを引いて(後は提出順。今回全体では16名が質問予定)

8人中8番でしたので、何か意味があるんだろうなと感じておりましたが、やはり8番の意味がありました。

今回は特に時間が必要でした。

34849794_1298078633670210_1295184410726891520_n

常識と違うことを議論することは簡単ではなく、質問の前に説明をしていると「西川議員、質問して下さい!」という議長の言葉が何度も。

誰も言わないことを説明なしでいきなり質問は出来ません。一度は途中で質問を変えざるを得ませんでした。しかも考えてもいなかった質問に。

最初の壇上での説明も時間的にこれ以上は長いと感じる限界ギリギリでした。(私の質問は要望ではなく提案です!)

34729719_1298078640336876_6461519074080849920_n

充分に活かせず反省点は毎回ありますが、それ以上に10冊の本を学んで得た情報はかけがえのないものでした。未来の医療まで気付きました。(議会では触れておりません)

また、生ごみ処理関連で微生物のことを学び、こうすればパワーのある微生物が沢山出来るのではないかと気づき、製造メーカーさんに問い合わせ調べて頂いたところ、まさにそれが隠しておきたい企業秘密でした。

それだけに、今回提案させて頂いた好気性微生物が普通の好気性微生物よりいかにすごいかが理解できました。(日本では、ほとんど他にないと聞いております)

市長の答弁で、「環境フェスティバルで好気性微生物が展示されていた」との意見が出されましたが、私はその日は父の三回忌で見ておりませんし、普通の好気性微生物(であれば)と私の提案させて頂いた好気性微生物との違いは、企業秘密に関わるため議論は控えさせて頂きました。

色々とあった議会質問でしたが、取り上げさせて頂いただけで第1の目的を達成させて頂いた事に感謝❗️

尚、糖尿病重症化予防で、呉市の取り組みに関しては、以前、議会で提案させて頂きましたが、その2年後の2016年に水野義裕議員も取り上げられておられます。
今後も市民の皆様のため挑戦していきます

6月議会始まる!

今日から6月議会が始まりました❗️
夫のお弁当とついでに私の分まで。おかず完了‼️
明日の登壇に向けて、全力で(o^^o)

34667659_1296788020465938_3332618927745269760_n34530399_1296788043799269_3064243691481726976_n

6月議会に向けて

午前中は、議会運営委員会が開催され、6月議会の全容が明らかになりました。一般質問では、私は6/8の午後13時くらいと決定しました。

.
本日の予定は10時の議運の後、13時会派打ち合わせ。15時、16時と人とのお約束が入っておりました。そこへ急遽、障がい者雇用に関する知人からの所沢へのお誘いの連絡が。「今しかない」と11時過ぎから13時前まで現地へ。

時間もなく、すぐにトンボ帰り。直ぐに動ける状況に感謝!33791067_1290654804412593_6757605993388965888_n
夜は市民相談を頂きました。深刻な状況で、明日一番で動きたいと思います。

.
以前頂いていた市民相談は、お手紙でのやり取りで、沢山の項目があった為、調査と私の主観を求められて、一昨日回答を書くのに4時間の時間が。

なので、こういった事は夜中の仕事です。
さあ、元気に頑張ります

議会質問の通告が本日より始まる

33045043_1285691154908958_5119990132279083008_n本日は6月議会の通告日の初日です。クジ引きで8番目に決定。議会2日目の6月8日の午後1番くらいでしょうか。

午後から勉強会。その後お約束のあった青梅市の公園のある近くのお宅へ。

それにしても何という贅沢な公園駐車場でしょうか。一台一台緑に囲まれた駐車場です。見たことがありません❗️

33134432_1285691138242293_4362208006906052608_n

夜は1昨日も夜間1時間ほどの市民相談での対応、本日も電話での市民相談2件頂きました。最近はとても寒かったり、日中は暑かったり。風邪をひいておられる方も多いようです。かくゆう私も、ちょっと咳が出ています。

早く治さないと。今日もお疲れ様でした33027130_1285691178242289_6250161783529537536_n

広報委員会と 土地開発公社の評議委員会にて

29541759_1250963555048385_8224844143931670615_nここ数日で、桜の花も急に開花して来ました。
そんな朝から、3月議会の広報紙(ぎかいのトビラ)を作成するための広報委員会へ。編集作業の1回目、各議員の一般質問のチェックが終了。

29542237_1250963545048386_2850830655862233503_n

29597549_1250963548381719_4029075269414438038_n午後から羽村市土地開発公社の評議委員会に、会長として進行役を。評議員の方の提案が次年度に生かされることになりました。

合間に観光案内所に立ち寄り、沢山買い物をして、そのまま勉強会へ。

29541865_1250963551715052_136784428425175150_n-1

夕方帰宅後、食事を作ろうとしている時、お電話での市民相談がとても長電話に。相手の方は大丈夫だったでしょうか。

夜は久しぶりに息子が訪ねて来て、親子3人で夜遅くまで話が盛り上がり、長い1日が終わりました   

 

 

 

30年度一般会計予算 討論

本日、最終議会が終わり、私は羽村市公明党を代表して「30年度一般会計予算」に付帯決議付きで、賛成の討論を行わせて頂きました。

内容の中に、公務員給与に触れさせて頂いております。30年度予算は非常に厳しい財政運営が行われることが分かりました。

その中で、市民の方からも指摘され、自分でも市民感覚からどうしても触れざるを得ない問題だと感じ、これまでも指摘させて頂いた問題です。

我が家も、妹、父、近い親戚など身近な人がいて、公務員一家でした。この問題に触れる時は自分もいつも悩み苦しみながら、それを使命感に変えて質問させて頂いております。29542011_1248233295321411_8318218594693509730_n

= 30年度予算、討論(長いので一部カット) =

議案第一号 「平成30年度羽村市一般会計予算」に、公明党を代表いたしまして、委員長報告に賛成、修正案に反対の立場からの討論を述べさせて頂きます。

平成30年度は、「第五次長期総合計画後期基本計画」の2年目でありますが、その予算内容は大変厳しい財政運営が行われていくことが分かりました。

その根拠は1点目、市の市民税 個人分の減とともに法人分の大幅な減収を見込まれていること。

2点目、財政調整基金残高が3億1千万円との試算であること。これまで毎年、財政調整基金より約7億円から10億円強の取り崩しで事業を執行してきておりますことからも、市として少なくとも11億円以上の財政調整基金が無ければ、安定した事業運営が出来ないこと。

3点目、経常収支比率が当初予算で当初予算で104.9%と財政の硬直化も限界であること。

4点目、物件費、補助費の1億2千万円ほど大幅な事務経費等の削減を行っていること。

以上4つの視点以外にも、平成29年12月6日に羽村市特別職報酬審議会より、議員報酬は都内26市中25位である現状等を踏まえ、本年4月より23年ぶりに議員報酬引き上げの答申が市長に提出されましたが、見送られた点も、財政状況が非常に厳しいという見解に繋がります。

そうした現状を反映し、今議会の一般会計補正予算で議員の期末手当の年間支給月数を現在より0.1ヶ月、引き上げる議案が、職員給与、市長、理事者等の給料の引き上げに準じて提出されましたが、私たち議員は、このような財政状況のなかでの引き上げは適切ではないと考え、議員報酬の議案に対して反対。

新政会と公明党会派で提出させて頂いた、議員報酬を減額し財政調整基金に積み戻す修正動議が賛成多数で可決されたところです。

これまで私は公明党として、平成23年6月議会と26年6月議会で地域手当に関わる問題について一般質問で指摘させて頂きました。それに対し、職員給与の地域手当は高い時は16%でしたが、毎年削減し、現在10%となっており、市の努力も承知しております。

しかし、羽村市では近隣市の級地区分に合わせるように国の基準に4%上乗せして10%支給していることで、30年度は5600万円ほどペナルティとして特別交付税から減額される予定とのことです。市職員の給与については「市が条例で定めるもので、国の基準より高く支給されても、それが市民の皆様に説明がつくものであればいいのではないか」という総務省の見解があります。市の現状において、このことが羽村市民に説明がつくのでしょうか。

 優秀な人材確保のためにも、私は職員給与が低ければ良いと考えている訳ではありません。しかし、納税者である市民の皆様からは、税金の使い方に大変厳しい声を頂いております。今後市民生活におきましても、平成30年度より国民健康保険税や介護保険料、後期高齢者保険税が見直され、次年度の10月には消費税率が8%から10%に上がり、負担感を益々実感してくることになります。29572803_1248233238654750_3171962704713572483_n

 30年度予算の大幅な物件費、補助費等の削減は、市民活動への影響は避けられず、今後31年度予算自体も組めるのかどうか、という現状において、市民の理解を得ることは難しいのではないかと考えます。 

事業費を削る前に我が身を削る姿勢はこれまで以上に問われてまいります。

市民への納得のいく説明と対応していく責任が行政にはあると考えます。

 私たち公明党会派は、国が定める地域手当に近郊市との地域格差がある点などは、国会議員や都議会議員を通じて何度も国や東京都へ見直しの要望活動を行ってまいりました。

.

 市の将来的な見通しは、新しい企業の参入等の予定など明るい兆しもありますが、ここ数年の厳しい財政状況は、同時に新たな時代にふさわしい改革を行うチャンスでもあると考えます。これまで羽村市は企業誘致で栄え、公共施設を始め、地域会館も市費で建設、市民サービスも近隣には無い一定の恵まれた環境のなかで長年運営されてきた反面、市民活動が育たない環境でもありました。

今回の苦境によって、市や市民、議員が一体となって市の財政やサービスを1から見直し、これまでにない人の繋がりや改革を進めていくために、それぞれの具体的取り組みが進みますよう願うところでございます。

 市長におかれましては、これら地域手当の課題に対し、市職員給与を守り、各団体の給与等の財源確保のため、同じ課題を抱えた自治体や地域と一致団結をして、市長を中心とした大きな動きに繋がっていきますよう期待しております。

.

30年度予算の歳出には、妊娠・出産・子育て包括支援センターの充実、富士見小学校の洋式化へのトイレ改修工事費、福祉作業所「スマイル工房」の施設整備の支援、被災者生活再建支援システムの構築等々、どれも住民福祉の増進に直結するもので、評価できる事業が多くあり、早急な予算執行が求められております。

 よって付帯事項として、次年度予算作成までに、先に述べました地域手当の課題に対し、何らかの結論を出し、平成31年度予算に反映させるよう求め、慎重な中にも勇気ある市長の今後のご決断に期待し、議案第一号「平成30年度羽村市一般会計予算」に委員長報告のとおり原案に賛成し、修正案に反対する立場からの討論と致します。