Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for the ‘視察.研修’ Category

姶良市から議会報の視察にようこそ羽村市へ

45041692_1440005959477476_5421062679689166848_n本日は、姶良市の広報広聴特別委員会の皆さま6名で、羽村市の議会広報誌について視察に見えました。

鹿児島県姶良市には以前会派で平和学習の拡大への取り組みを学ばせて頂いた際、同じ会派の竹下議員に大変お世話になりました。

羽村市広報委員会のメンバーで受け入れさせて頂きました。

45318495_1440005982810807_3658319569249894400_n

姶良市議会では、議会報作成の全ての工程を議員で議論されながら、5、6回集まり手作りで作られておられました。因みに羽村市は、全員でのチェックは、ほぼ2回の委員会のチェックで完了としています。

これは、ソフトを利用していること、事務局の力が大きいと思います。

文字数は、羽村市の半分くらいで、写真が大きく掲載。羽村市に対しても議員の質問タイトルの長さ、議会コマーシャルに市内の観光スポットを入れるなどご意見も頂き、貴重な情報交換の場となりました❗️

45122579_1440006009477471_5743190806051684352_n

姶良市には、樹齢1500年の大木があり、中に八畳ほどの空洞が未だに生きているその生命力に圧倒されたことを思い出しました。

羽村市は市バスもあり、交通の便利さを褒めて頂きました。遠い所、ありがとうございました

教育現場へのICT活用について 総務委員会

44157320_1428400630638009_2286082135267737600_n未来の教育に、時間差はあるものの、必ず入って来るであろう「教育現場へのICT活用について」

iPadを活用した学習を、一足先に小学校3年生全員を対象に貸与の形で実施されている、

お隣の福生市を総務委員会で訪問し、学ばせて頂きました。

44193231_1428400667304672_7545433188819009536_n

 

導入されている「やるkey」の費用について、家庭学習への効果について、生徒の取り組み、先生の負担の軽減になるか、今後の方向性についてなど活発な質疑が交わされました。

実際にiPadを触らせて頂き、文章問題を数式にして、答えを出すと「大変良く出来ました!」の花マルが画面全体に。44166598_1428400733971332_2763691350510534656_n

44045163_1428400707304668_1755536601993183232_n何度でも挑戦でき、やる気に繋がることを実感しました!
全体像が見えて、勉強になりました。

お世話になりました皆様、大変ありがとうございました。

石狩市民図書館へ

石狩市民図書館に伺いました。
43684184_1425617214249684_1846088290847948800_n図書館というとシーンとしたイメージがありますが、広場では、野菜を売っているコーナーがあったり、

演奏会、映画の上映、図書館ボランティアの方皆様の温かい息遣いを感じる、

まさに「図書館の中に街を作る」というコンセプトにピッタリの市民の憩いの場となっていました。

43647278_1425617130916359_2464097916822749184_n

三自治体との協定を結び、交流されていたり、学校図書館を地域の図書館として解放され、図書館司書が土日も常駐。

雑誌スポンサー制度、傷んだ本の直しを図書館修理ボランティアさんが高い技術を継承され、学校図書館の本の直しも担っておられました。

43678753_1425617244249681_3564346981893537792_n

43679362_1425617297583009_6641645174931849216_n全国図書コンクールでは、オリジナル布絵本で作られた「やっぱ いしかりなべだべさぁ」で全国1位に。ブックスタートでその場での読み聞かせは大人気との事。

平成32年に、小中学校を統合し、小中一貫校に。そこに、保育所も入れ、学校図書館は地域に開放される計画です。43828882_1425617274249678_1523364959327617024_n

図書館の隅々まで、細やかな気配りを感じ、市民と一体となった図書館に多くのことを学びました。

夕張市に学ぶ

43588794_1424857934325612_8847490268774006784_n夕張市の財政再建と地域再生への取り組みを学ぶため、会派4名で伺いました。

寒いと思って準備万端整えて行きましたが、思った程ではなく、紅葉が始まったところでした)

羽村市の財政状況は、経常収支比率が高く、2年連続経常収支比率が100%を越えている異常事態です。

昔から企業の業績による影響が大きく、潤っていた時代に沢山の公共施設を建設され、その維持管理、福祉施策等に経費が大きくかかっています。

夕張市の財政悪化の要因は、炭鉱閉山後の社会基盤整備、観光施設の過大投資、行政体制の効率化の遅れ、歳入の減少、財務処理手法の問題等々。43592918_1424857960992276_2895354466322612224_n

43626209_1424858007658938_2251389249171488768_n

平成20年から財政再建団体となり、大幅な人件費削減、助成金のカット、市民税、使用料の値上げ、施設の廃止など。

平成28年度から緊縮財政だけでなく、地域再生に向けた新たな取り組みを始めておられました。

しっかり学び、今後の参考にさせて頂きます。

うろこ雲上から見ると

うろこ雲、上から見ると

視察3日目 在宅医療連携事業について

7月5日は、釜石市役所へ。

36768982_1329310367213703_334984397998522368_n在宅医療連携事業を先進的に取り組んでおられ学んできました。「連携コーディネーター」と書かれたお名刺を頂き注目しました。

そういう役職が正式にあるわけではなく、ご自身で考えられ勝手に付けられたとのこと。

連携していないところをいかに連携させるのか。今後の大きな課題です。医療や介護の専門家は、それぞれの分野ではプロですが、それが連携しないとうまくいかない事業です。

大変なことを地域包括支援センターの職員さんが、これまでもずっと取り組んで来られ、今後もそれを担っていかれる思いや決意が、そのお名刺の肩書きに現れていました。

それぞれの専門家が、どこに課題があると思っておられるのか、言いやすい環境づくりや、共有できる場の設定。狭間を的確に捉え様々な課題、問題などを次々に整理されていかれる様子。

それぞれの分野へ繋げ伝えていかれるバイタリティーあふれる行動力、アイディア。1つ1つを着実に結果に結びつけていかれる様子に聞き入りました。36752986_1329310407213699_6328264522561748992_n

市職員の方の役割分担もされていて、記録や準備などの方も活躍され、それぞれの持ち味を最大限活かされているからでしょうか。職員さんが生き生きと取り組んでおられる様子は、とても印象的でした。

先進的な地域包括ケアシステムの構築や医療連携に、どう取り組んでおられるのかとても勉強になりました。

職員の皆様、大変ありがとうございました!!

丹波山村へ視察

31277590_1269207689890638_2257970848465944576_n今日は、丹波山村に視察に伺いました。

羽村市の元議員の船木さんが村長さん、元羽村市の部長の原島さんが副村長さん、

元羽村市の教育委員会委員長の野崎さんが現在丹波山の教育長をされていて、羽村市ととてもご縁があるのです。

31302039_1269207693223971_4398896678405406720_n

 

31277652_1269207699890637_7691548822337486848_n観光視察で、村営のつり場、世界一長いローラー滑り台、ギネスにも少しの間輝いた場所も拝見させて頂きました。

郷土民族資料館には縄文時代の土器や文字にとても興味を持ちました。羽村市と共通する部分も。

滑り台の一番上はお城になっていて、遠くから見ると、山のてっぺんにお城だけが見えて不思議です。

31271213_1269483169863090_4690394794524934144_n

31299999_1269483053196435_1194549281122418688_n山梨県では各自治体で持ち回りで行われている有名なお祭りがあり、そこで今回持ち回りで丹波山村が担当となり村をあげて。

甲胄を付けて、馬に乗ったり大規模な時代劇のよう。そこにも武田信玄役でしょうか。村長の船木さんの姿も。

テレビでも数々紹介され、それぞれの皆様が存分に個性を発揮され、お元気でご活躍をされておられる様子は嬉しかったです。

31357987_1269483159863091_2931211305735946240_n

一般の家の下を通り抜ける橋

一般の家の下を通り抜ける橋

また、先日テレビで見た狩猟ガールであり、地域おこし協力隊の方の、女性で狩猟する姿が「カッコいいな」と思っていたら、それも丹波山村のことだったと知り、驚きました。

村の将来や、羽村市との交流について等、貴重な意見交換をさせて頂きました❗️
大変お世話になり、ありがとうございました

第56回東京都市議会議員研修会 府中の森芸術劇場 

27750362_1217686195042788_5528532965310362353_n朝は小作駅でのご挨拶からスタートです。
10時から市民相談の対応を11時半過ぎまで。

義理の関係の親子さんから。以外と身内でも普段思っていることを何でも話せそうで相手のことを思うが故に案外話せないことがあります。

思っていることを伝えられれば誤解されなくて済むのに。ということもあることを感じました。

12時半に市役所に集合、14時からの府中の森芸術劇場へ。27540284_1217686245042783_4320492274935024217_n

第56回東京都市議会議員研修会が開催されました。講師は藻谷浩介氏「これからの観光振興と商店街の活性化」について。

27654427_1217686305042777_725092925217016082_nそれにしても日本の殺人も自殺も急速に減っていた事、地消地産の大切さ、人が沢山集まるだけでは、お金を落として頂けないと活性化には繋がらない事。

1%でも地産を大切に、など冷静に街の活性化を分析して見る必要がありそうです。27544901_1217720551706019_3521895475779189575_n

帰宅後、用事でゆとろぎへ。西多摩百景、躍動感のある写真に感動しました

夕方の富士山のショットより

帰宅途中の夕方の富士山。
3枚目の写真に、一部分ではありますが「逆さ富士」の写真。新幹線での一瞬の通りすがりで、偶然にもスマホで撮影できた奇跡的な1枚です。26991950_1208304672647607_7361974588809121449_n27072765_1208304719314269_8177119593916856369_n26907896_1208304759314265_2021119093347283338_n

シータクとシーバス 玉野市

26907781_1208216282656446_4154883856669074924_n今日は玉野市役所を訪問。玉野市は瀬戸内海に面する港町で雨が少なく温暖な地域です。

市役所でシータクとシーバスについてお話しを伺いました。

乗合タクシーやコミュニティバスを活用し、バスの停留所で乗り換えるなど、安くて移動できる手段を(公共施設や病院などに)1時間前までに住民が申し込んで利用できます。

26991782_1208214145989993_5712470452089553373_n

26907208_1208558769288864_6818343195633009943_n-1民業圧迫にならないの? 誰もが疑問に思うところですが、(ドアツードアにはしない、中央エリアは避けるなど)その線引きは、市長を会長とした公共交通会議を立ち上げ、

そこに10地区からの代表、タクシー事業者やバス会社、大学の交通関係の教授を含めた様々なメンバーで構成され、話し合いで決定されています。

26991742_1208556845955723_867527528401031358_nタクシー会社が空き車両を活用し、会社内に設置されたコールセンターでタクシー会社で専用に雇われた3、4人のコンシェルジュが、タクシーとバスの接続点の停留所など市民への案内を丁寧に行われています。

その乗り継ぎを進め、高齢社会の中で、元気な高齢者の移動を応援するため の足の確保は、今後益々必要になって来るものと思います。

今後に活かして参ります!

3日間の視察を終了しました。

バイオマスツアー真庭

26991879_1207842722693802_5958773720542206215_n真庭市役所前から出発する、バイオマス産業のツアーの1日コースに参加しました。(2日間もあり)

真庭市役所

真庭市役所

26904785_1207842872693787_7543144855926545449_n真庭市では、バイオマス集積基地を建設し、未利用材や製材所で発生する端材や樹皮など集め、これまで捨てられていたものを活用した製品作り、

それ以外は、チップやペレットなどにしてバイオマス発電の燃料等に利活用。26991684_1207843002693774_3194408902168501142_n

公共施設の床下には空調があり、チップボイラとペレットボイラに活用。生ゴミの回収も3400世帯で受け入れ、メタン発酵プラントを稼働させ、液肥に。これを今後市内全域に広げようと計画されています。

26907722_1207843079360433_5174947287831987471_n

住民参加型の取り組みとなり、地元農業者とも連携し、「地域内循環」を目指されています。松の木と杉の木などを幾重にも貼り合わせて作るCLTという厚みのある建材は、コンクリートよりも強度な建物を可能としています。

19554718_1208517579292983_6662955959019869329_nまた、このツアーの参加者は年間2000〜2500名が参加。昼食も地元のお店がセットで入り、バイオマス事業を観光にも活用されています。

森林の多い地域や多摩地域でも参考になります。地域資源の活用など、エネルギー問題は地域で進めることが大事だと思います。
(奥多摩の宮野議員も同行です。)

日本中が記録的寒さの中での、外での研修は今後の記憶に刻まれていくことでしょう。