Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for the ‘自然災害’ Category

3.11の本日、街路灯LED化事業について

予算の特別委員会2日目。途中、3.11の2時46分黙祷を。

亡くなられた皆様のご冥福と復興を祈念しました。
4年前のあの日も…丁度予算2日目でした。突然これまで経験したことのない揺れを。
私は皆さん(議員)に「すぐに机の下に隠れて!」と言って、行動。

同じ行動をとられた議員は大塚議員のみ。

揺れが収まった時、すぐに階段の近くに移動、逃げられる体制を。
他の皆さんは様子見で…。何とかほどんど被害なく。

でも、市役所ではすぐに動く体制が必要なので、途中で終了。
…あの日を思い出しました。

IMG_2362

.
=====

.
今回の特別委員会の質問で、市内街路灯を3年間で全てLEDに変える予定でしたが、

予算の都合で6年間で変えることになり、計画変更となった市内工事の順番を確認。

26年度は、五ノ神地域(羽村駅東口周辺)。27年度は、小作台
1.2丁目、栄町1丁目(小作駅東口周辺)。28年度は、栄町2丁目緑ヶ丘、29年度は、神明台、双葉町、羽加美等の線路以西、

30年度は川崎地域など H31年度は、全ての大型照明の取り替えなど。
(あくまで予定、途中変更可能性あり)

.
FullSizeRender

5年以上前からの一般質問ですが、やっと昨年から事業がスタート。削減効果は3年間が一番効果があるとのことですが、

6年間の取り替え事業でも、費用対効果は3027万円程、電気代等の節約とのこと。

すでにLEDに取り替えられた五ノ神地域からは、すごく明るくなったとの声。

さらに安全・安心な街、低炭素社会を目指してまいります。

再交付3年に一度の 普通救命講習会

今日も朝から冷たい雨模様ですが、小作駅駅頭での遊説からスタートです。

本日は普通救命講習会を4時間という予定で開催されました。

シッカリ受けて、いざという時お役に立てるよう頑張ろう

と意気込んでの参加です。

応急手当AEDの使い方窒息の場合の対処の仕方

幼児と乳幼児の場合など、学ばせて頂きました。

救急車が到着まで、東京都平均6〜7分。それまでの間意識が無ければ、3分〜4分以内で心肺蘇生に入らないと、深刻な事態に。

そのまま10分放置するとほとんど亡くなるわけですので、

多くの方が勇気を持って動けるようすることが大切ですね。

ある40歳のお父さんが意識を失われている時、

お母さんは119番の電話で聞いた通り小学生の子どもさんに伝え、

心肺蘇生をやり、命が助かったという話しには、感動しました。

終りに簡単な筆記試験が終り、無事再交付となります。

実際に心肺蘇生など、使う必要が無いことを願いますが、

呼吸をしていない→人を呼ぶ→119番通報・AEDを持って来てもらう→

その間に心肺蘇生(胸の真ん中を5㎝沈むくらい押す)を始める→

そこにいる人で1〜3分づつ交代しながら、同時にAEDがあれば

使用。意識が回復しなければ、救急車が来るまで押し続ける。

いざという時のため、大切なことだけ3年間覚えていたいと思います。


11月の気候とのこと、皆さまも、寒さ対策でお元気にお過ごし下さい。

広島、長崎への土砂災害/「産まれる」の上映会のお知らせ

朝から広島での土砂災害の様子、かなり被害が出ているようです。
長崎でもかなり強い雨が…警戒して下さい。

一地域のこととは思えない、ショッキングな災害。

災害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。亡くなられた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。

.

今日も暑い1日でした。ヤングママさんからご意見を伺ったり、

高齢者を抱えるご家族からご相談頂いたり、その後、調査活動など。

夕方も、夜も予定があり外出を。現場の声の大切さを実感した1日でした。

体のケアも忘れずに暑さに負けず、乗りきりたいと思います。

.

.

<映写会のお知らせ>

「うまれる」の映写会 ゆとろぎにて開催されます。

11/26(水)10時、13時半、19時の3回です。

前売り券は9月〜取り扱われます。

是非、ご夫妻でどうぞ。

台風と地震のなかで.. 黒ニンニクの効果は?

今日は台風の影響と青森市の地震など、
皆さま大丈夫でしょうか。全国では、大きな被害が出ており
被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

市内でも強い雨の時もありましたが多摩川の水は以外に少なく、強風の方が多い台風だったようです。

.

昨夜遅くに、4男がアルバイトから帰宅。何かあったらしい。
事情を話してきました。大事な時と判断し、以前の職場での自身の体験等を息子に語りました。

息子云く「確かにお母さんの云っていることが正しいのかも知れない。でも、今の自分には、そう受け止められない」と。

自身が変わることの重要性は、そう簡単に理解できないかも知れません。いつもなら兄に相談するのでしょうが…。

朝主人に状況説明を。早速、主人は息子を誘って、モーニングへ。
作っていた朝食は、そのまま昼食になりましたが、そんな時もあるでしょう。人生の岐路に立たされた時、話しを聞いてくれる人がいるのかどうか…大切ですね。悩んだ時は成長のチャンス。

さて、写真は、通信配りをしていた時お会いした方から、「1かけ、毎日食べるだけで風邪も疲れも感じなくなった」と教えて頂いて、早速作ってみた黒ニンニクの出来上がりです。


2週間、電気釜で保温しておくだけで完了。さあて、効果のほどは?
(いらない電気釜で匂いが出るので外で。黒ニンニクは、出来上がると匂いはほとんどの感じません)

PTA連合会第30回定期総会 と市政報告会

本日午前中は,書類の作成で急ぎの事務作業を

午後から、羽村市立小・中学校PTA連合会の定期総会と終了後の懇親会がゆとろぎで開催。

定期総会と懇親会の間の休憩時間を利用して、約束していた

団体の皆様のお時間を頂き、今後のことでお話合いを少々。

また、ゆとろぎに戻り、懇親会へ。

各小中学校のPTA本部役員の皆様によるPRは、例年のごとく

元気に賑やかに盛り上がっていました。

親の元気は子どもの元気に繋がります!!

.

夕方帰宅して、自分の食事はいりませんが、家族の食事を

大急ぎで作り、そのまま夜の「市長の市政報告会」へ。

人がすっぽり埋まります。

講師に奥多摩町の河村町長から2月の雪害対策を

どのように対応されたのか。

トンネルを真ん中まで塞ぐそのすざまじい雪害の現実と自衛隊への要請とその素早い対応等、

写真を見ながらのご説明。

いざとなった時の対応がいかに大切かを学ばせて頂きました。

北杜市での研修と意見交換会

今日は、姉妹都市である北杜市へ研修と意見交換会の日です。

朝8時半、市役所を出発し、10時40分過ぎに自然休暇村に到着。

予報では、甲府市など30度とのこと。

暑さ対策のみ考えて、軽装で伺いましたが、北杜市は高原で

涼しい気候であることを忘れていました。

(写真 別館より)

11時頃より、自然休暇村の宿泊状況や、

毎月行われているイベント状況などの全体の説明と質疑応答。

お昼は、松花堂弁当

(820円也。これにコーヒー+デザートをプラスすると1000円とのこと)


.

.

.

.

午後から、スパティオ小淵沢コンベンションホールに移動し、.北杜市の本年2月の雪害説明や、羽村市から届けられた11,000食分のお礼や、使途の説明など。

その後、北杜市の農業施策と高齢者施策の研修。

夕方4時から北杜市の議員の皆様と羽村市議員の意見交換会が開催されました。

.そこでは、羽〜杜(ハート)プロジェクト(羽村市と北杜市の連携した新たな商品作り)を更に前に進めようと、

.

新たな商品の相談、スポーツ交流(子ども達)や、

少子化対策として、「羽〜杜お見合いプロジェクト(?)」などの連携など、各議員間で活発な意見交換ができました。=実現できるといいのですが、お見合いはあくまで女性に来て頂きたいとのこと。

.

.

帰宅は夜8時過ぎの帰宅予定でしたが、中央高速が工事渋滞で、ほとんど進まず10時半過ぎの帰宅。

妹が家族の食事の準備をしてくれていました。

遅くなりましたが、有意義な1日となりました。

北杜市の皆様、大変お世話になりありがとうとざいました。

世界から注目される 東北のイノベーション

3.11の本日、東日本大震災から3年目を迎えました。

想像を絶する大きな大きな爪痕を残し、犠牲となられました皆さまに

心よりご冥福を祈らせて頂きます。


,

本日は、羽村市公明党で朝の駅頭から更なる復興への決意で

スタートさせて頂き、午後からも市内で遊説を行わせて頂きました。


途中、午後2時46分、亡くなられた皆さまに追悼の思いを

込めて、黙祷を行わせて頂きました。



私も現地に何度も足を運ばせて頂き、ボランティアでドブ掃除

行わせて頂いたり、応援できることはないか公明党会派で

被災地の水耕栽培のイチゴ団地訪問や、西多摩衛生組合で受け入れ

させて頂いたがれき処理がどのように進んでいるのか確認等に

走らせて頂きました。

,

羽村駅東口には、これまで国体の看板が掲げられていました。終った今、羽村市のPRとして動物公園などの案内版として復活しました。

3年前、地元では計画停電で、電車は青梅線が拝島駅までしか動きませんでした。

市民の方から、「子ども達が学校に通えない。何とかしてほしい」との声を頂き、民間バス会社にその声を届けさせて頂きました。

「今後、青梅線が止まるようなことがあれば、バスを運行させる」と地元の新聞で発表して頂きました。


多くの公明党議員も、問題解決に走らせて頂きました。

,

復興とは、単なる元に戻すということだけではなく、これまでに無かったものをどう作り上げ発展させていけるのか。

今東北に新たなイノベーション、技術開発が起こっています。地元でなければできない仕事が誕生しています。

.

はむりん登場

医療•介護、地元産の新たな連携による新商品作り、様々な分野で日本の今後の高齢者社会のモデルとなる事業なども。


そこに世界が注目し、アメリカのハーバード大学からも学生が日本の東北に学びに来ています。

,

どうやってマイナスから復興させ、新たな時代を開いていくのか。東北をおいて世界で、ここほど学べるところはないと。東北の復興は世界が注目しています。

,

心の復興は簡単ではなく時間がかかると思います。

しかし、被災者に寄り添い、希望の持てる新たな時代を作れるよう全国の3,000名の公明党議員のネットワクで山口代表のもと団結し、全力で応援させて頂きたいと思います。

3年前の3.11救出劇から学ぶ

今日は、1日会派での予算の学習と打ち合せでした。

,

明日は3.11を迎えます。

この3年間を振り返るテレビ「未来遺産」

72時間が救助の生死を分ける限界

生死を分ける合図。

笛の合図。

ピンク色、オレンジ色の服などで手を振る。

姿見のミラー、コンパクトのミラ−が、ヘリコプターの目に止まる。

,

携帯は繋がらなくてもメールが、海外の息子に。

それを見た東京の男性が、副知事へ連絡

そこから、海上自衛隊に連絡

公民館の屋上の人、450人が救助。

,


亡くなる人のほとんどの原因が低体温。

水に浸かった園舎の屋根で避難する、先生と園児。

災害用のお菓子で命を繋ぎ

先生が作った机の壁。床にマット、天井を塞ぐマット

子ども達など頭にはサンタの帽子。低体温を防ぎ翌日全員救助。

.

72時間過ぎても、諦めなかった救出劇。,

80代と16歳の孫。

冷蔵庫のわずかな食糧で172時間過ぎても生き延びて救助。

,

こういった記録が、次の貴重な情報となるのでしょう。

自分の記録のために記載します。

議会初日 雪の被害について

今日の議会は5人が登壇、質問でした。

うち3人から雪の対策についての質問がありました。

市内ビニールハウスでの被害総額4700万円、

24戸62棟の被害とのこと。

市としては、全容を把握している状況だが、

緊急措置をしていきたいとの回答でした。

,

また、市内農家の方は、ビニールハウスを都の補助金で作られた

農家がほとんどではないかとの意見も出ていました。

,

国では、衆院予算委員会で、

公明党 高木美智代衆議院議員の質問に対し、

安倍晋三首相は、関東甲信から東北地方にかけての

記録的大雪による農産物被害に関し

「農業用(ビニール)ハウスなどの再建について、

撤去経費の助成を含めて補助事業を実し、

災害関連資金貸し付けを5年間無利子化する」と述べ、

ハウスの再建などの支援策を講じる方針を表明しています。

また、農林水産省は24日、ビニールハウスの建て直しや

果樹の植え替えの費用を国が助成すると表明。

具体的には、雪の重みで倒壊したビニールハウスの

撤去・再建費用の3割を国が補助する

再建費用は過去にも補助しているが、

今回はハウスの撤去費用を対象に加えた

ーとのこと。

,

今回の雪のことでご近所の方との交流の大切さを

実感された方が、町内会に加入されたというホットなニュースも。


また、市内雪の被害、松林小や2中の屋根、ゆとろぎのエアコンなど。

ケガをした人3名、物損30件とのこと。


被害に遭われました皆さまに、お見舞い申し上げます

と共に、再建が1日も早く進むことを祈ります。

北杜市への食糧搬送に、羽村市の素早い対応!    (つづき)

<羽村市の素早い対応に感謝!>


羽村市では17日、今回の大雪に伴う姉妹都市北杜市での様子を情報収集…

350人以上の避難者を8カ所で受け入れている現状を把握しました。


18日、市内全域で食糧が不足していることから北杜市からの

要請もあり、高速道路開通と同時に18日の夜の10時までに、

11,231食を市内商業者から調達し、食糧の搬送が完了しました。


市に北杜市への支援要請させて頂いた翌日、

北杜市から要請があった日であり、高速道路が開通したその日の夜に

届けるという素早い市の対応に感謝します。


生命を支える食糧の応援は、何をさておいても支援は急務であり、

北杜市でお役に立つ事を願います。