カテゴリー(福祉.健康)

SNSのニュースをシェアさせて頂きます。

https://www.mugendai-web.jp/archives/6080

近赤外線でがん細胞が1日で消滅。

転移したがんも治す、画期的治療です。

2、3年後の実用化と言わず、1日も早くと願っておられる方も多いと思います。

米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した治療

======

safe_image-2.php人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めている。
「近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の小林久隆・主任研究員が開発した。がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指している。
がん治療法には、「外科手術」「放射線療法」「化学療法」の3つがあるが、外科手術は患者の身体への負担が大きく、他の2つは副作用がある。転移・再発防止などにも課題があった。
これに対し、小林氏の開発した新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、ほとんどのがんに適用できる。やっかいな転移がんにも有効だ。副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので、医療費の削減にも大いに貢献しそうだ。
オバマ大統領が2012年の一般教書演説でこの治療法の発見を取り上げ、「米国の偉大な研究成果」として世界に誇ったことを覚えている方も多いだろう。
その後順調に研究開発は進み、NCIで20年越しの研究が大詰めを迎えている小林氏に、この治療法の効果や革新性、将来展望などを伺った。

■関連記事
【続報】「がん光免疫療法」の開発者・小林久隆医師に聞く――転移がんも再発もなくなる究極の治療の実用化を目指して

近赤外線の当たったがん細胞は1,2分でバタバタと破壊される

――近赤外線を使うがん治療は、従来の医学の常識からすると全く予想外の方法だと思います。その仕組みや特徴について、分かりやすく説明していただけますか。

小林 この治療法は、がん細胞だけに特異的に結合する抗体を利用します。その抗体に、近赤外線によって化学反応を起こす物質(IR700)を付け、静脈注射で体内に入れます。抗体はがん細胞に届いて結合するので、そこに近赤外線の光を照射すると、化学反応を起こしてがん細胞を破壊します。

近赤外線は、波長が可視光と赤外線の中間に位置する光です。治療には近赤外線のうち、波長がもっとも短く(700ナノメートル:nm、1nmは10億分の1メートル)エネルギーが高い光を使います。IR700はフタロシアニンという色素で、波長700nmの近赤外線のエネルギーを吸収する性質を持っています。その化学反応で変化したIR700ががん細胞の膜にある抗体の結合したたんぱく質を変性させ、細胞膜の機能を失わせることによって1~2分という極めて短時間でがん細胞を破壊します。その様子を顕微鏡で見ると、近赤外線の当たったがん細胞だけが風船がはじけるようにポンポンと破裂していく感じです。

図1:近赤外線を使った新しいがん治療法のイメージ

これほどがん細胞の選択性が高い治療方法は過去になかった

――これまでのがん治療法は副作用が患者さんの悩みでしたが、この点はいかがでしょうか。

小林 この治療法には、ほぼ副作用はなく、安全性が確認されています。これはとても重要なポイントです。
そもそもがん以外の正常細胞には抗体が結合しないので、近赤外線が当たっても害はありません。また抗体が結合したがん細胞でも、この特殊な近赤外光が当たらなければ破壊されません。つまり抗体が結合して、かつ光が当たったがん細胞だけを破壊するという高い選択性を持つ治療法なのです。これほど選択性が高いがんの治療法は過去にありませんでした。

近赤外線はテレビのリモコンや果物の糖度測定などに使われるおなじみの光です。可視光と違って人体をある程度深くまで透過しますが、全く無害です。
抗体は、米国食品医薬品局(FDA)ががん治療に使うものを20数種類認可しており、毒性が少ないことが証明済みなので、現在は、まずこの中から選んで使っています。IR700は、本来は水に溶けない物質で体内に入りませんが、中にシリカ(ケイ素)を入れて、水に溶ける性質に変えています。1日で尿中に溶けて排出されるので、これも人体には無害です。

全身のがんの8~9割はこの治療方でカバーできる

――この治療法はどのような種類のがんに対して有効なのでしょうか。

小林 皮膚がんのような身体の表面に近いものだけでなく、食道がん、膀胱がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん、腎臓がんなど、全身のがんの8~9割はこの治療法でカバーできると思います。
近赤外線の照射はがんの部位に応じて、体の外から当てることもあれば、内視鏡を使うこともあります。がんの大きさが3cmを超えるような場合は、がんの塊に細い針付きのチューブを刺し、針を抜いて代わりに光ファイバーを入れ、塊の内側から近赤外線を照射します。

話が少しそれますが、この治療法は再生医療にも役立ちます。例えばiPS細胞で臓器や網膜用のシートを作るとき、中に悪い細胞がごく一部混じり込んで発がん性を示す心配があるのですが、そこにこの抗体をかけて光を当てれば、悪い細胞を一瞬ですべて破壊して取り除くことができます。他の正常な細胞にはダメージがなく、安全なiPS細胞シートや人工臓器を作ることが可能になるのです。

現在300人を対象に効果を試験中。2、3年後に実用化できる可能性

――臨床試験はどの段階まで進んでいますか。また実用化の承認が得られるのはいつ頃の見通しでしょうか。

小林 臨床試験の認可はFDAから2015年4月に出ました。治療法の毒性を調べるフェーズ1は、頭頸部の扁平上皮がんの患者さん10人を対象にして行い、全く問題なく終わりました。この10人はがんの手術をした後に放射線治療や化学療法をやっても再発し、どうしようもなくて、私たちの臨床試験に参加した方たちです。
現在は30~40人の患者さんを対象に治療効果を調べるフェーズ2に入ったところです。この治療法には副作用がなく、抗がん剤のような蓄積量の上限がないので、何回でも繰り返し治療することができます。実際にフェーズ2では、既に一度で治りきらなかった患者さんに繰り返しの治療を行っています。

この先、一般的には従来方法との比較検討をするフェーズ3に進むのですが、もしフェーズ2で顕著な効果が出れば、フェーズ2を300人程度まで拡張してフェーズ3を省略し、治療法としての認可を受けられる可能性があります。私としてはこの過程を経て2~3年後に実用化する計画です。

転移がんは活性化した免疫細胞が攻撃に行く

転移がんは活性化した免疫細胞が攻撃に行く

――この治療法は近赤外線を当てたがんだけでなく、別の場所に転移したがんにも有効ということですが、どういうメカニズムが働くのでしょうか。

小林 転移がんについては、2つの方法を使います。1つは今お話した、がん細胞に光を当てる方法です。この方法でがん細胞を壊すと、いろいろながんの抗原(壊れたタンパク質)が一斉に露出します。すると、正常の細胞は全く治療の影響を受けませんので、すぐ近くにいる健康な免疫細胞がこの抗原を食べて情報をリンパ球に伝えます。リンパ球は分裂して、その抗原を持つ他の場所にあるがん(転移がん)を攻撃しに行きます。これが転移がんに対する免疫を活性化する主要な仕組みです。

もう1つは、昨年パテントを申請し、今年8月に論文として発表したばかりですが、がん細胞を直接壊すのではなく、がん細胞の近くにいる免疫細胞ががん細胞を攻撃することを邪魔している免疫抑制細胞の中で主要な細胞である制御性T細胞を叩く方法です。この方法では、IR700を付けた抗体を制御性T細胞に結合させ、近赤外線を当てて壊します。するとがん細胞の近くにいる免疫細胞は邪魔者がいなくなるので直ちに「OFF」から「ON」に切り替わり、数十分のうちに活性化してがん細胞を壊します。さらに血流に乗って全身を巡り、わずか数時間のうちに転移がんを攻撃し始めます。がん腫瘍内にいる免疫細胞はほとんどすべて、がん細胞のみを攻撃するように教育されており、免疫の効きすぎが原因になる自己免疫疾患のような従来の免疫治療で起こる副作用は起きないので安心です。

図2: 近赤外線のがん免疫療法の仕組み

この2つの方法のうち、制御性T細胞を破壊するほうが、転移がんへの効果が大きいことが分かっています。この治療法はすでにマウスでの前臨床試験が終わり、NIHがパテントを取ってベンチャー企業にライセンス供与しています。私たちも常に技術面で支援していますが、今後はその企業が臨床治験の開始へと全力を挙げてくれると思いますし、それが米政府のライセンス供与の条件にもなっています。
最終的には、患者さんの病状や進行状態に応じて、この2つの仕組みの治療法を適善に組み合わせて、それぞれのがん患者さんを治療することになるでしょう。

費用は安く、日帰りの外来治療でOK

――今どの国でも医療費の増大が問題になっています。新しい治療法が近赤外線、IR700、市販の抗体と、いずれも身近にあるものを使って安価に治療できるのは大変な魅力ですね。

小林 その通りです。とても安く治療できます。近赤外線はレーザー光発生装置で発生させますが、機器自体の値段は約300万円ぐらいですから、普通の医療機器に比べれば2桁ぐらい安い。しかも日帰りの外来治療で済み、入院してもせいぜい1泊で済みます。臨床治験で治療を受けた患者さんに聞くと、「この程度の体の負担で済む治療であれば、是非またやってください」というような感じです。患者さんが恐れることなく受けられる治療に仕上げることも、この治療を開発する中で目指してきた大きなポイントの1つです。
この治療法が普及すれば医療費の削減につながり、医療費の増加に悩む社会にとって大きなメリットになるでしょう。

――将来的には、外科手術で取り残したがんも、この治療法を用いて再発を防ぐことを検討されているとのことですが、見通しはいかがですか。

小林 まだ実験中ですが、脳腫瘍についてはドイツのフライブルク大学、ケルン大学と共同研究しています。脳の手術では体の機能を失ったり、人格が変わってしまったりしないように正常な脳神経を残さねばならず、がん細胞と正常細胞が混ざった部分を完全に取り除くことはできません。この治療はこうしたケースで、取り切れなかったがん細胞の除去に最も良く応用できると考えています。

また、すい臓がんについてはオランダのフロニンゲン大学が熱心に取り組んでいます。すい臓がんも手術で取り切れないケースが多いために再発率が30~40%と高いのです。
脳腫瘍もすい臓がんも、手術した個所はがん細胞が露出しているため近赤外線の照射で取り残したがん細胞の処理をしやすく、外科の先生たちが積極的に臨床応用へと研究を進めてくれています。

ホワイトハウスは大統領演説まで情報漏れを防いだ

――お話を伺っていると、がん治療を根本から変える画期的な治療方法に、思わず元気がわいてきます。

小林 手前みそになりますが、これまで開発されてきた多くの治療法の中で一番いい方法ではないでしょうか。正常細胞を傷つけずにがん細胞だけを破壊するのは理にかなっています。また、体にやさしいように局所のがんを治療することによって、全身の転移がんも治す治療法は、これまで存在していませんでした。
患部がとてもきれいに治ることもこの治療の特徴です。私は臨床医時代に放射線治療もしていましたが、がんの治療後に「瘢痕(はんこん)」という収縮した硬い傷跡が残るのが悩みでした。がんが治ってもこの瘢痕のために食道などが詰まってしまったりして、患者さんに大きな負担になっていました。その点、この新しい治療法ではかん細胞だけを壊すため、組織の再生に必要な組織幹細胞が健常なまま残ることで、組織再生がスムーズに進みます。

――オバマ大統領が2012年2月の一般教書演説でこの治療法を称賛したのは、NCIが絶対の自信をもって推薦したからでしょうね。

小林 NCIは政府直轄の研究機関ですから、さまざまな情報を絶えずホワイトハウスに届けています。我々もネイチャーやサイエンスのような専門誌に論文を出した場合は、必ず短文の報告を上部に提出する義務があります。
NCIの研究者ががんの全く新しい治療法でパテントを取るケースは少ないので、ホワイトハウスも注目したのだと思います。2011年にネイチャー・メディシン誌に発表した後、上部に報告しましたが、何の音沙汰もありませんでした。変だなと思っていたら、大統領演説のインパクトを出すために、外部に漏れないようわざと黙っていたのだと、後で知りました。

生物、物理、化学の融合領域には大きな可能性がある

――先生はNCIで約20年間の研究生活を送られていますが、治療法のアイデアを得たのは何がきっかけだったのでしょうか。

小林 私は医学生だった1984年ごろから免疫抗体の研究をしてきたので、もう32年になります。20代のころは、「抗体がこれだけがん細胞にだけぴったり結合するなら、抗体に薬品や放射性同位元素を付けて運べば、がんの治療が簡単にできるはずだ」と単純に考えていました。
しかし、現実はそんなに簡単ではありませんでした。薬品には副作用があるし、放射性同位元素によって人は被曝するので、正常細胞も悪影響を受けます。つまり安全性にまだ多くの課題があり、いまだにがんの患者さんを治すまでに至っていません。

そこで、がん細胞だけに効いて、他の正常細胞には毒性がない治療法はできないだろうかと考え始めたのが2001~2年頃です。まず試みたのは、がん細胞にがん細胞のみでスイッチが「ON」になる蛍光試薬をかけて、がん細胞のみを光らせることでした。東京大学の浦野泰照先生と共同研究し、2007~8年ごろに成功しました。
がん細胞が光るのはエネルギーががん細胞からのみ光として放出していることを意味します。そのエネルギーをうまく転用すれば、がん細胞だけを殺すことができるのではないか。そこで薬品を少し変えて光を当て、そのさまざまな光化学反応によってがん細胞を選択的に殺すという方法を検討した中で、この近赤外光線免疫療法に行きつきました。他の細胞を傷つけることなくがんを治療するためには、体の奥まで透過する近赤外光が必要でしたので、近赤外光を吸収するいろいろな化学物質をさまざまな方法で抗体に結合させた化合物をスクリーニングし、その中で最も効率よく目的の細胞を殺すことができる薬剤を選択すると、最後に現在の方法で抗体とIR700とを結合させるという組み合わせに確定できたわけです。

――こうした画期的な研究成果を上げることができた主な要因は何だったとお考えですか。

小林 NIHでは研究の自由度が高いことだと思います。純粋に好きな研究に没頭することができました。がん細胞が死ぬ現象は生物学ですが、そこへ至る過程はすべて物理学と化学です。こういう融合領域では通常は競争的な研究資金は取ることが難しいし、研究資金を許可された以外の使い方をすると罰則があります。米国でもNIHだからこそ可能な研究だったと思います。
融合領域にはいろいろな新しい可能性のある研究テーマが残されていると思います。私の研究はすでに分かっていることのみを統合しただけとも言えますが、出来上がりはこれまでにないがん治療法になりました。

臨床医だったからこそ理解できた現場の問題点

――先生は臨床医を11年間務めた後で研究者に転身されたという珍しい経歴をお持ちです。若い世代の臨床医や研究者たちに向けて一言メッセージをお願いします。

小林 臨床では放射線診断と治療をしていましたが、同時に「患者に役立つ研究」を志していたので、現場を知ることにはとても大きな意味がありました。もし最初から研究の道に入っていたら、現場で何が問題になっているのか分からなかったでしょう。その点、私は感覚的に問題意識をはっきり持つことができました。

研究者が臨床をやることはちっとも回り道やマイナスなことではなく、問題意識を持っていれば必ず研究に役立ちます。立派な基礎研究をしている研究者でも、臨床の問題を認識している人はとても少ないのです。若い人には頑張ってほしいし、私も、「がんはもう怖い病気ではない」と言える社会がくるよう努力を続けます。

TEXT:木代泰之

 

日本でも色々な医師が、こういった発言をし、本も沢山出されています。

私も以前の市議会でがん対策に取り組ませて頂きました。

がん対策の三大医療(手術、抗がん剤、放射線治療)では、がんは治せない。

この治療を行っても寿命は変わらない。治している人の中には

手術しない人の方が、がんを治している人が多い。

とのアメリカでの国立がんセンターのセンター長の国会で発表した発言や

データーに着目しました。世界のがん治療は、日本で主流の

三大医療は数%しか行われていない。

世界では、がんの死亡率が減っているのに、日本は増え続けている現実など。

ここにも、そのように発言をしている医師がSNSを出されていましたので

シェアさせて頂きます。

自分の命は、自分で情報を収集し、自分で守るしかありません。

=====

https://togetter.com/li/361977?fbclid=IwAR3THRrVDIFt4mIvnDZ-Za4eC1HQBIBU3jY1pnWkGF7w57-nGf5ERP2LoV0

 

内科医「私は37年間医師をやってきて、1000人以上のガン患者を治療してきたが、抗癌剤と放射線照射の併用で治った人は一人のみ…そんなものなのです」 抗がん剤治療の驚くべき現実 ・日本で認可されている抗がん剤の半分以上が、欧米では認可されていない ・医師は抗がん剤の限界を熟知している。知らないのは患者だけ ・医療の構造的問題につき、患者としては「自衛」あるのみ ・従順な患者は長生きできない
68747470733a2f2f692e7974696d672e636f6d2f76692f4f4945326d4e6c505939552f64656661756c742e6a7067

市内火災発生情報❗️
緑ヶ丘5丁目は、市役所の前。直ぐに現場へ。ところが通報者もいない、火災現場も火災の様子無し。ご近所の知人宅では、休んでいたところ「火災は大丈夫ですか?」と消防の方にドンドンとドアを叩かれ、ビックリして飛び起きたとのこと。
燃えている様子もなく、撤収しました。68412962_1675247025953367_5244290913936605184_n

67812988_1671548279656575_52488335762915328_n視察から帰宅すると食事が用意してあるなんて、想像もしなかった今の生活。

デザートは寒天を利用して甘さ控えめで、味も1点1点工夫されています。どこまで続くでしょうか?

68341332_1671555862989150_168733266306662400_n

67728283_1671548319656571_6024757841091362816_n

67492904_1668241243320612_1318482456529076224_n観蓮会の夜、栄町第一町内会の盆踊りでは、毎年フラダンスの皆様も踊りを披露して下さいます。終わった後には、盆踊りも盛り上げて下さいます。67656838_1668241276653942_7527511866545799168_n

67810929_1668241299987273_3465764404274921472_n今回はフラダンスにも皆さん参加を呼び掛けられ、私も着物で、フラダンスに初挑戦させて頂きました。

楽しかったです。汗を流しながらも、気分はハワイアン❗️67654747_1668241383320598_413517080436932608_n
町内会の皆様には、お料理やら、準備、後片付け等、大変お世話になりました。ありがとうございました

67828556_1667085350102868_4936666823413202944_n茹だるような暑さの中、早朝6時半より、観蓮会が行われました。

農業委員会青年部の皆様を中心に賑やかに。

67530728_1667085383436198_8290648845474332672_n
67686104_1667085316769538_3733546690238480384_n同時に朝茶の会も行われ、桔梗のお菓子と野点を頂き、美味しかったです。

渇いた喉を潤してくれました。

蓮の花はまだ当分見られると思います。お散歩かたがたお越し下さいませ。67540886_1667085406769529_2473235081787867136_n 67955441_1667085476769522_983411794112413696_n

この7月、定年退職した夫が色々なことに挑戦しています。

67812341_1665491413595595_6587471292138520576_n-1

我が家は、父というモデルケースがあったお陰でしょうか。

67648123_1668047250006678_3369624700975054848_n

息子は、転職する間我が家に「お世話になります」と入って来ましたが、

67686106_1668047216673348_3790898595427778560_nその間、家族のお洗濯は全部やってくれました。息子が仕事が決まり7月に出て行ってからは、タイミング良く退職した主人がお洗濯や今はお料理にはまっています。

私は大いに助かっています。

全て主人の作品です。

全て主人の作品です。

これまで数日間具合が悪かったのですが、体調が治ったキッカケも主人の一言。私が寝苦しくしていて、身体に背中やお腹など部分的に熱があることに気づき、自律神経の乱れと判断。背中を押したりマッサージしてくれたそうです。するとスーと私が寝入っていたと。

その話にヒントを得て本日整体へ。お医者さんでも分からなかった発熱の原因を整体院で「ご主人、大正解!」と自律神経の乱れを治して頂き、やっと通常の体調に戻りました。もっと早く気づいていたら、その日に治っていたことでしょう。

歩けなくなった父を治してくれたり、どんな症状もすぐに治してくれる整体の方(西東京整体学院さん)には感謝です。

今日で2日目、夕方になると熱が出て具合が悪くなります。

7月30日の本日も午前中はギリギリまで休んで、
午後から福生病院組合議会議員総会臨時会へ出席。

yjimage-2議員総会では正副議長と監査の役職決めがあり、福生市、羽村市、瑞穂町より3名ずつ選出された議員の中から新たな役職も決まり、自己紹介など顔合わせを。

これまで12年間の議員生活で、初めて福生病院組合議会の議員になったことを自己紹介。

ニュースでも全国的に有名になった亡くなった透析患者について、病院側より「病院が断ったのではなく、本人が断ったケースであり、報道ではそのような内容が報道されなかった」等の経緯など説明がありました。

最後は、病院内を見学しました。売店は広く、レストランも広くて、美味しいようです。屋上は庭園のように緑と散策の小道がありました。ガンを治療する重粒子線など億単位の機械が、そろそろ買い替え時期を迎えていることなど。yjimage-1

ちょっと院内を歩いていて、バッタリ3人の知人の方にお会いしました。流石市民病院です。
======

帰宅して夜、また熱が37度代に。病院に行っても、喉は腫れていない、胸の音、異常無し。尿検査、異常無し。風邪でも、熱中症でも無し。
熱の原因分からず。

三ヶ所の介護施設の皆様会派での懇談会でのクローズアップされた課題について

IMG_2728

会場となったお茶の水駅の周辺で

会場となったお茶の水駅の周辺で

様々な課題がありますが、介護人材の確保、スキル向上のための育成の難しさ、地域区分の問題等山積しています。

外国人人材が活躍している施設もある中で、定着への課題なども含め、一施設での問題解決には限界があることを実感しました。

それにしても、当然のことと思いますが、施設の皆様が自分たちで出来ることに必死で考え努力されていることに頭が下がりました。現場は待った無しの現状です。

今後、都議会議員や国会議員との連携の必要性を実感し、連携を図ってまいります。

66405209_1645765625568174_8161260374406987776_n七夕というロマンチックな日にお誕生日の方とお会いしました。
お庭のカサブランカが、まるでお祝いしているよう。大切に育てられたじゃがいもや、トマトなど頂き、その日の夕食に早速戴きました。ご馳走様でした66279307_1645765705568166_3034532430577926144_n

66236393_1645765758901494_4383807212754042880_nさて月曜日は朝一で、会派での呼吸合わせ、次の議会に向けての打ち合わせ。
午後から市の担当部署の方から、今後の新しい制度についてのレクチャーを受けさせて頂きました 。

15時からは介護施設にて、様々な課題についてお話しを伺い、都や国との連携の必要性を実感。

2時間たっぷりと貴重な意見交換に。

その後立ち寄ったスーパーで、次々と知人にお会いし、あちらこちらで井戸端会議に。中々お会い出来ない方にも。
一番知人にお会い出来る場所、時間だったのでしょう。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保